どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

京阪杯の予想3

1Rで的中したので、京都のメインも予想します
書いてない時に限って当たってしまうなんて…とみなさん思ってませんか?

予想を平仮名に直すと
よそうになります。
逆さまに読むと…

うそよになります(笑)なので勝率100%はありませんので、気長に頑張ってサクセスしましょうね(^o^)

では、予想に

カンパニーは、昨年の2着。京都の外回りなら末脚を生かせると思います。
ただし、ここは万が一の事を考えマルチで。

→Ν

Oddsですが、11時現在

最低が、774.0倍
最高が、5116.1倍
と、なってます。

かなり美味しいと思いませんか?
神様に的中を祈りましょう(^^;)続きを読む

JCダートの予想3

JCDの予想を書きたいと思います。

考察の所でも書いたようにゥ織ぅ爛僖薀疋奪スを軸で行きます(^^)v

ただ、マルチにしようかなぁ…と悩みましたが、私あまりお金を賭けられないのです
よ(泣)
マルチにすると90点になってしまうので1着付けで行きます。
不安な人は、三連複で…それなら10点です。


三連単1着固定流し

アΝЛ
30点です。

Oddsは…8時55分現在は
最低で、52.1倍
最高は、6518.3倍

と荒れれば、明日のJCに向けて明るい展望が開けます(^^;)

では、3時20分のRaceを楽しみに待ちましょう♪

JCダートの考察

土曜日に行われるJCダートの考察をしたいと思います。

昨年までは、と、言うかつい先日まで、ダートの王者…アドマイヤドンが居たので、この馬から分析すればOKだったのですが引退したので繰り上がりの王者(失礼)の、この馬から分析します。

タイムパラドックス
ご存知のように、去年のJCDの勝ち馬です。
昨年までは伏兵の域でしたが、昨年のJCD勝ちから、川崎記念・帝王賞・JBCクラシックと4つのBIGタイトルを手にしました。まさに、王者の風格が出てきたと言っても良いでしょう。7歳と言う年齢が気になりますが、昨年の春以降掲示板を外したことのない安定感から充実期と言っても良いと思います。以前は、脚質に注文が出るTypeでしたが最近は自在性も出て来たので、今回の馬券を検討する上で日本のダート馬では、この馬を押さえておこないと痛い目に遭う事は間違いないでしょう。騎乗するのも、ペリエ騎手なので3着以下に沈む事は、考えづらいです。人気は確実ですが、今の所は軸はこの馬で(^^)v

続いては、この馬。

カネヒキリ
ご存知、砂のディープインパクトと呼ばれてました。先日までは…(^^;)
ダート戦、6戦6勝とパーフェクトだったので。しかし、前走の武蔵野Sで2着に敗れたので(それでも連対したのにね)今回から、呼ばれなくなったみたいです(^^;)
前走の敗因は、スタートので後方からの競馬になった事が、すべて。なので、能力的なものでは無いと思います。実際、後方から良く伸びたので東京のD2100辰砲覆觝2鵑禄淑チャンスと思います。ただ、フジキセキ産駒と言うのが、多少、私は引っかるんですよね…。はっきり言って中距離は微妙…と思うので。
今の所は、あまり買う気はしないです(+_+)

では、他の有力候補を…

まずは、前走でカネヒキリを敗ったこの馬から

サンライズバッカス
ダートに転身してから、4連勝と波に乗って挑んだ前々走の盛岡のダービーグランプリ。そこで、カネヒキリの2着に敗れましたが、前走の武蔵野Sでは同じ相手に見事リベンジを果たして勝ちました(^^)v
が…3舛龍堽椋垢發△辰燭里盪実。
そこで、今回のJCDでは、どうか?余りにも、人気なら思い切って消しもあり!と、考えます。現状では、前走のスムーズ走りからマイルが適距離と思うので。
人気が無い場合は、2着又は3着付けで(^o^)/

つづいて…

サラカート
重賞実績は3勝と、十分ですが、まだG1では勝っていません。
しかし、その3勝の中身が凄いんです(^^)v
逃げ・マクリ・差しと色々なパターンで制したので、どんな競馬にも対応出来るのが魅力。また、今回はデットーリ騎手が乗るのも魅力です。何せ、世界一の騎手が乗るのですから♪人気・実績からのバランスん考えると最大の狙い目と考えてます。

ユートピア
G1は4勝なんですが、いずれも地方でのもの。今回こそ、JRA・G1初制覇と行きたい所ですが…。前走のJBCクラシックで2着に来てますが、JCDでは過去12着→6着と掲示板にも載れてません。アンカツ人気で過剰に人気なら消しで良いと思います。無い場合は、遊びで3着付けが無難と思います。

パーソナルラッシュ
一発の魅力なら、この馬でしょう。成績にムラがありますが秘めた能力はそうとうな物がある!と考えられます。実際、ダイオライト記念では、今回の1番人気が予想されるタイムパラドックスに勝ちなど証明されてます(^^)v
人気無い、今回の場合は十分美味しい存在と思うので買いと思います。

アジュディミツオー
今年のドバイWCで6着だったように能力は十分です。前走の武蔵野Sは4着でしたが、59舛龍堽未判薀泪ぅ襪琉戮塙佑┐蕕譴泙后今回は走りなれた中距離なので巻き返しは可能ですが…。ただ、勝つまでのイメージが正直湧きません。
頑張って、2・3着候補と思います。

日本の有力候補は、こんな感じですが海外馬の分析をしたいと思います。


外国馬の目玉

ラヴァマン
実績ですが、米G1のハリウッドゴールドC勝ち。そのレースは、カルフォニア最大の古馬レースなので、そこで勝つのだから強い馬と思います。しかも、調教師が2年前のJCD…フリートストリートダンサーで勝ったオニール調教師なんです。前回のノウハウを活かして、再度、挑んで来てる訳ですから消しと考えちゃうと痛い目に遭うかもしれません(^^;)ただ、問題点は鼻出血があった事…(+_+)
過去5年このレースは外国馬が掲示板に載ったのは、たった2頭…(?_?)
以上の事から、進んで買うつもりは無いです。
最後に検討して予想しますが…(^^;)

では、次回は

いよいよJCダートの予想を書きたいと思います。

JCの歴史

次の年は、シンボリルドルフが見事リベンジを果たしましたが、その年以降は再び外国馬に負けるケースが続きました。

中には、大変惜しいRaceもあったのです(^^;)
89年も、海外馬ホーリックスが勝ったのですが、Raceは、大変素晴らしい見応えのあるものでした。と、言うのも、超アイドルHoseオグリキャップが、僅かハナ差で敗れてしまったのですが、そのRaceの勝ち時計は…

2分22秒2

す・すげぇー

世界Recordだったのです

もちろん、現在まで破れてないので大変な記録だった事が伺えます。

これだけ、血統&技術…それに馬場状態が上がっても、ですから…♪

記録をみて改めてびっくりした私です。(^^;)

では、面白い事件があった93年のJCの話しを…

93年の面白い事件の話しなんですが…

この年は、レガシーワールドが勝ったのです。


しかし、本当なら2着だったのです(^^;)

そ・それは何故でしょうか?(?_?)

別に1着の馬が降着した訳では、無いですよ!

では、他の理由は?

思いつきますか?


う〜ん…(+_+)

難しいでしょう(笑)

では、2着の馬を言います。
外国馬のコタシャーンです。
聞き覚えありますか?
あれば解るはずです。

答えの前に、3着はダービー馬・ウイニングチケットでした。


散々引っ張りましたが(笑)では、答えを…

コタシャーンに騎乗していたのは、デザーモ騎手で、今週のJCにゼンノロブロイに乗る予定です。彼が残り1Fの所でハロン棒をGOAL板と勘違いしてしまい、追うのも止めてしまったのです。

その隙を、レガシーワールド&河内騎手に突かれて敗れてしまいました。

当時の新聞等にも書かれてたので、私も何となく覚えてました。

こんな事件は、後にも先にも無いですから(笑)
その後のJCは日本馬も勝てなくても2着には入るなど、以前とは違い
Homeのアドバンテージを活かして上位を独占した年もありました。
詳しい事は、機会があったら書く事にして(^^;)

次回は、土曜日のJCダートの分析をしたいと思います(^o^)

デュランダル引退…(>_<)

先日のマイルCSで圧倒的1番人気のなか8着に敗れてしまったデュランダルが引退することになりました(;_;)

先日の回顧にも書きましたが、着順ほどの負けでは無いので年齢的な衰えでは、ないと私は思ったのですが…。

少なくても、自身の最高時計で走り、上がりもRace最速だったんですけどね…。(?_?)

ただ、追い込み馬の宿命で展開に泣いただけなんだけど…陣営が決めた事だから仕方ないのかも知れませんね…(>_<)


でも、個人的には、マラソンの高橋尚子さんのように復活を目指して欲しかったと思ってたので残念です。

3年後、素晴らしい後継者が出る事を期待しましょう(^o^)/
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ