どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

2005年11月

今週のG1の前に…

まだ、早いですが、有馬記念に向けて先週のJCの回顧をもう少ししてみようと思います。

勝負になりそうな馬から

ゼンノロブロイ
3着に入り馬券対象の責任は一応果たしましたがやはり昨年に比べると能力に陰りが見えてきた気がします。おそらく藤澤調教師もJC連覇に向けて万全の仕上げをしたと思うけど…当日の馬体重は+8舛任靴拭帖これを、どう見るか?ですよね?有馬記念で、ディープインパクトに敵わないと見てるなら目一杯の仕上げでマイナス体重のはず…それとも、9分の仕上げでJCを勝てると踏んで居たのか…。私は目一杯仕上げたけど上手く馬体重が減らなかったと見てますが…。た、Raceでは、デザーモ騎手が安全策の外々での騎乗でも3着まで来たのだから、他の騎手(例えば横典騎手)だったら勝ててたかも知れないですね(^^;)

結果論ですが、藤澤調教師の騎手選びは逆目に出てるのかも(笑)
そんな訳でケチのついてる藤澤調教師が勝ちを得るとは思えないのです。今の所の予想ですが、何となく3着まで。下手すると4.5着の可能性が高いと見ています。

つづいて、タップダンスシチー
今年に入り、宝塚記念・秋の天皇賞・JCと惨敗で、誰もが終わったと思われていると感じますが…。果たして、そうでしょうか?
前走の秋の天皇賞は休み明け&スローペースでの瞬発力勝負で、この馬の1番合わない競馬になり惨敗したと考えます。実際、今回のJCで2000辰離薀奪廛織ぅ爐1分57秒7とレコードで通過してるのです。終わった馬には、そんなタイムは出せません。確実に復調して来たな!と見てますので有馬記念では最大の狙い目になると思ってます。ただ、消去法で人気になる気もするので、絶対的な旨味は半減する可能性も…。
お願いだから人気にならないで欲しいと願うばかりです(笑)

競馬予想は難しいね(^^;)

あるサイトで、競馬の掲示板が在るのですが、その中で こんなやり取りがあったんですよ!

そこのスレ主さんが、ここ何週間ずぅーとカスリもしない位、外してるんですよ(^^;)
私も、ほぼ似たような感じですけどね(笑)

で、今回のJCダート&JCでは、スレの中での住民とのやり取りでカネヒキリ&ハーツクライは120%来ないと断言してしまい…(^。^;)

結果は、この前のblogに書いたように馬券に拘わってる事から大変な非難を浴びてるのです。

最初は毎週スレを立てるな!などの批判でしたが…←確かにG1の度にスレを立ち上げてるので、批判したい気持ちもわかる気がするけど…
そのうちに、予想のスタンスなどについても批判をし始めたのです。
しかも、そこで批判してる人は匿名さんばかりで意見を言ってて、当たらない予想はするな!とか確実に的中する人だけスレを立てろ!と言うあんまりな意見ばかり…。

そこで、余りに主が可哀相になり←自分に重ねて見えたのかも(笑)
つい意見をカキコしてしまいました(^。^;)

DATAを重視すると今回のJCでハーツクライは買えないですよ! と 主さんや他の人のスレでの予想に匿名での批判は卑怯ではありませんか? &競馬はギャンブルなので儲けないと意味がないとの意見もありますが、独自の予想で楽しむ一面もあるので、馬券購入は自己責任ですからね(笑)みたいな事をカキコしたのです。

すると10分後…

こんな反論が…

私に対して…

お前も主と一緒でカスだろ! と
俺は、儲けたいから確実に当たる予想を載せろ!とね(^^;)

私は呆れて反論する気持ちがなくなりましたよ。
しかし、ちょっと考えもさせられたのです。
確かに、スレやblogに予想を載せると信じる人も居ると、私は認識してるので最初から外れる予想をしてるつもりはないです。
ただ、基本的に穴狙いなので毎回当たる事は無いと思います。←当たると良いですが…(^。^;)

競馬新聞やTVでのプロの予想家も、スレやblogでの予想も、最終的に信じるにしても、信じないにしても決めるのは自分自身なんです(^o^)

何を言いたいのか?というと…

予想は、あくまでも参考に留めて自分自身で納得するまで熟考して決めないと外れた時は、人のせいにしがちなんです。


人は自分自身な生き物なんで(^。^;)

かつて、私も競馬新聞での予想を丸々信じて買ったのですが、全然当たらず予想家のせいにした事もあったんですm(__)m

もちろん、2週連続外れた責任逃れをするつもりはないです(^。^;)

的中率を上げてサクセスする努力もします。
自分自身の為にも(^^)v

これはお願いなんですが最終的には、外れつづけても荒らしは辞めて下さいね(^。^;)

今日は脱線したので、次回はまともな競馬の話をしたいと思います(^o^)

ジャパンカップ回顧

なぜだぁ〜(+_+)

こんな出だしで申し訳ありませんm(__)m

昨日のDATAを紹介の中に5枠より外は来ないと言った事について…
別に嘘をついた訳では無いんですけど、結果は…
まずは、着順から

1着アルカセット
2着哀蓮璽張ライ
3着┘璽鵐離蹈屮蹈

配当ですが、

単勝1060円

馬連→3310円
馬単→6330円
三連複┃1850円
三連単悪15450円
でした。

結局、3人気→2人気→1番人気の決着でした。

Raceは、タップダンスシチーのHラップの逃げで驚異的なRecordに…

2分22秒1

16年振りに塗り替えられました。

それにしても、最後のGoal前の叩き合いは見応えありましたね。
のデットーリ騎手の手綱な裁きは改めて凄さを感じました。
一旦、┘蹈屮蹈い妨鬚錣気譴燭韻鼻交わし哀蓮璽張ライの追撃にも耐えさせたのは、もちろん馬の力もありますが…。道中、ずっと内にこだわり経済コースを取った事が最後に余力を与えたと思います。

予想の方は、完敗でした(;_;)

△篭椋嫖な逃げで潰れ10着。
い浪燭鬚靴討襪里?わからない位…中団から伸びず11着。
┐蓮直線一旦は先頭に立つ勢いでしたが、2頭に交わされ3着。
は、頑張っていたももの7着。
と、落ち込むような着順でしたね。

友人のギャンブラーが推奨してたは8着
中団を追走し直線に賭けてたものの馬場が合わないのか、まったく伸びませんでした。

昨日と違い、まったくの見当違いで反省m(__)m
来週の阪神JFに巻き返したいと思います。

JC予想

JCの予想ですが、昨日のショックから立ち直れません(>_<)

しかし、いつまでも引きずっても仕方ないので、頑張って予想します。

まずは、本来なら日本の大将┘璽鵐離蹈屮蹈い絶対の軸にすべきなんですが、去年の強さが無いみたい?な気がして絶対の信頼性がありません。1着付けにして、手広く賭けたいとこなんですけどね(^^;)

そこで、今回は4頭のBoxで行きます。

まずは、
▲織奪廛瀬鵐好轡繊
ご存知のように一昨年のJCを勝った時と同じ1枠。前走も大敗して本来なら消しなんですが、前走は叩き台と思う事にして期待を込めて(笑)冗談は、さておいて厳しいラップが予想されるのでスタミナ豊富な観点から買いと思います。

次は、
ぅ▲疋泪ぅ筌献礇僖
菊花賞で、あわやの2着普通の年なら勝っていたと思いほどの走りでしたあれ程の走りが、出来たので今回は、この馬から軸に行こうかな?と思った位です。先程の△汎韻戸佑縫魯ぅ據璽垢硫翹比べにも対応出来るスタミナの持ち主。それと、前から競馬が出来るの2点。

それと、
ヘヴンリーロマンス
前走の天皇賞で見事な走りでしたが、フロック視されてるのか低人気。
しかし、札幌記念勝ち→天皇賞勝ち→JCのローテーションは、あのエアグルーヴと同じなんですよ。私は本格化したと見てます。

以上の4頭のBox
↓き┃の24点

Oddsですが、12時30分現在は…

最低は、149.5倍
最高が、5512.8倍

と、なっております。

さて、本来なら予想は、これで終わりなんですけど…。
私の友人もギャンブラーなんです(^^;)

彼がバゴを推奨して居たので彼に敬意を称して組み合わせた予想も。

ロブロイ軸で外国馬に

流しマルチ→ΝЛ
計18点

Oddsは

最低は、101.5
最高は、1168.5倍
と、なってます。

彼の推奨馬は、不思議と馬券に拘わるので、こっちの方が当たるかも知れないですね。

では、Raceを楽しみに

JCダート&京阪杯の予想の反省3

う〜ん(;_;)

昨日のJCDの結果ですが、→БΔ任靴拭
1着付けにしたゥ織ぅ爛僖薀疋奪スは4着。

コイツさえ、1着になれば大的中の万馬券だったのに…(;_;)

人気薄のЛΔ来てて、アツイと思いきや、イ魯ぅ泪ぅ楚びず…結局、勝ったのはカネヒキリでしたm(__)m

配当は、三連単だけ書きますが、
→БΔ371790円

タラレバですが、が飛んで代わりにイ入ってればサクセスでしたね。

京阪杯の方は…

1着予想したカンパニーが来ましたが…
紐が狂い的中せずm(__)m

→□ でした。

配当は三連単だけ書きますが、

36560円でした。

イマイチ、チグハグな流れで…(>_<)

今日のJCに期待しましょう(^o^)
予想は後ほど。

京阪杯の予想3

1Rで的中したので、京都のメインも予想します
書いてない時に限って当たってしまうなんて…とみなさん思ってませんか?

予想を平仮名に直すと
よそうになります。
逆さまに読むと…

うそよになります(笑)なので勝率100%はありませんので、気長に頑張ってサクセスしましょうね(^o^)

では、予想に

カンパニーは、昨年の2着。京都の外回りなら末脚を生かせると思います。
ただし、ここは万が一の事を考えマルチで。

→Ν

Oddsですが、11時現在

最低が、774.0倍
最高が、5116.1倍
と、なってます。

かなり美味しいと思いませんか?
神様に的中を祈りましょう(^^;)続きを読む

JCダートの予想3

JCDの予想を書きたいと思います。

考察の所でも書いたようにゥ織ぅ爛僖薀疋奪スを軸で行きます(^^)v

ただ、マルチにしようかなぁ…と悩みましたが、私あまりお金を賭けられないのです
よ(泣)
マルチにすると90点になってしまうので1着付けで行きます。
不安な人は、三連複で…それなら10点です。


三連単1着固定流し

アΝЛ
30点です。

Oddsは…8時55分現在は
最低で、52.1倍
最高は、6518.3倍

と荒れれば、明日のJCに向けて明るい展望が開けます(^^;)

では、3時20分のRaceを楽しみに待ちましょう♪

JCダートの考察

土曜日に行われるJCダートの考察をしたいと思います。

昨年までは、と、言うかつい先日まで、ダートの王者…アドマイヤドンが居たので、この馬から分析すればOKだったのですが引退したので繰り上がりの王者(失礼)の、この馬から分析します。

タイムパラドックス
ご存知のように、去年のJCDの勝ち馬です。
昨年までは伏兵の域でしたが、昨年のJCD勝ちから、川崎記念・帝王賞・JBCクラシックと4つのBIGタイトルを手にしました。まさに、王者の風格が出てきたと言っても良いでしょう。7歳と言う年齢が気になりますが、昨年の春以降掲示板を外したことのない安定感から充実期と言っても良いと思います。以前は、脚質に注文が出るTypeでしたが最近は自在性も出て来たので、今回の馬券を検討する上で日本のダート馬では、この馬を押さえておこないと痛い目に遭う事は間違いないでしょう。騎乗するのも、ペリエ騎手なので3着以下に沈む事は、考えづらいです。人気は確実ですが、今の所は軸はこの馬で(^^)v

続いては、この馬。

カネヒキリ
ご存知、砂のディープインパクトと呼ばれてました。先日までは…(^^;)
ダート戦、6戦6勝とパーフェクトだったので。しかし、前走の武蔵野Sで2着に敗れたので(それでも連対したのにね)今回から、呼ばれなくなったみたいです(^^;)
前走の敗因は、スタートので後方からの競馬になった事が、すべて。なので、能力的なものでは無いと思います。実際、後方から良く伸びたので東京のD2100辰砲覆觝2鵑禄淑チャンスと思います。ただ、フジキセキ産駒と言うのが、多少、私は引っかるんですよね…。はっきり言って中距離は微妙…と思うので。
今の所は、あまり買う気はしないです(+_+)

では、他の有力候補を…

まずは、前走でカネヒキリを敗ったこの馬から

サンライズバッカス
ダートに転身してから、4連勝と波に乗って挑んだ前々走の盛岡のダービーグランプリ。そこで、カネヒキリの2着に敗れましたが、前走の武蔵野Sでは同じ相手に見事リベンジを果たして勝ちました(^^)v
が…3舛龍堽椋垢發△辰燭里盪実。
そこで、今回のJCDでは、どうか?余りにも、人気なら思い切って消しもあり!と、考えます。現状では、前走のスムーズ走りからマイルが適距離と思うので。
人気が無い場合は、2着又は3着付けで(^o^)/

つづいて…

サラカート
重賞実績は3勝と、十分ですが、まだG1では勝っていません。
しかし、その3勝の中身が凄いんです(^^)v
逃げ・マクリ・差しと色々なパターンで制したので、どんな競馬にも対応出来るのが魅力。また、今回はデットーリ騎手が乗るのも魅力です。何せ、世界一の騎手が乗るのですから♪人気・実績からのバランスん考えると最大の狙い目と考えてます。

ユートピア
G1は4勝なんですが、いずれも地方でのもの。今回こそ、JRA・G1初制覇と行きたい所ですが…。前走のJBCクラシックで2着に来てますが、JCDでは過去12着→6着と掲示板にも載れてません。アンカツ人気で過剰に人気なら消しで良いと思います。無い場合は、遊びで3着付けが無難と思います。

パーソナルラッシュ
一発の魅力なら、この馬でしょう。成績にムラがありますが秘めた能力はそうとうな物がある!と考えられます。実際、ダイオライト記念では、今回の1番人気が予想されるタイムパラドックスに勝ちなど証明されてます(^^)v
人気無い、今回の場合は十分美味しい存在と思うので買いと思います。

アジュディミツオー
今年のドバイWCで6着だったように能力は十分です。前走の武蔵野Sは4着でしたが、59舛龍堽未判薀泪ぅ襪琉戮塙佑┐蕕譴泙后今回は走りなれた中距離なので巻き返しは可能ですが…。ただ、勝つまでのイメージが正直湧きません。
頑張って、2・3着候補と思います。

日本の有力候補は、こんな感じですが海外馬の分析をしたいと思います。


外国馬の目玉

ラヴァマン
実績ですが、米G1のハリウッドゴールドC勝ち。そのレースは、カルフォニア最大の古馬レースなので、そこで勝つのだから強い馬と思います。しかも、調教師が2年前のJCD…フリートストリートダンサーで勝ったオニール調教師なんです。前回のノウハウを活かして、再度、挑んで来てる訳ですから消しと考えちゃうと痛い目に遭うかもしれません(^^;)ただ、問題点は鼻出血があった事…(+_+)
過去5年このレースは外国馬が掲示板に載ったのは、たった2頭…(?_?)
以上の事から、進んで買うつもりは無いです。
最後に検討して予想しますが…(^^;)

では、次回は

いよいよJCダートの予想を書きたいと思います。

JCの歴史

次の年は、シンボリルドルフが見事リベンジを果たしましたが、その年以降は再び外国馬に負けるケースが続きました。

中には、大変惜しいRaceもあったのです(^^;)
89年も、海外馬ホーリックスが勝ったのですが、Raceは、大変素晴らしい見応えのあるものでした。と、言うのも、超アイドルHoseオグリキャップが、僅かハナ差で敗れてしまったのですが、そのRaceの勝ち時計は…

2分22秒2

す・すげぇー

世界Recordだったのです

もちろん、現在まで破れてないので大変な記録だった事が伺えます。

これだけ、血統&技術…それに馬場状態が上がっても、ですから…♪

記録をみて改めてびっくりした私です。(^^;)

では、面白い事件があった93年のJCの話しを…

93年の面白い事件の話しなんですが…

この年は、レガシーワールドが勝ったのです。


しかし、本当なら2着だったのです(^^;)

そ・それは何故でしょうか?(?_?)

別に1着の馬が降着した訳では、無いですよ!

では、他の理由は?

思いつきますか?


う〜ん…(+_+)

難しいでしょう(笑)

では、2着の馬を言います。
外国馬のコタシャーンです。
聞き覚えありますか?
あれば解るはずです。

答えの前に、3着はダービー馬・ウイニングチケットでした。


散々引っ張りましたが(笑)では、答えを…

コタシャーンに騎乗していたのは、デザーモ騎手で、今週のJCにゼンノロブロイに乗る予定です。彼が残り1Fの所でハロン棒をGOAL板と勘違いしてしまい、追うのも止めてしまったのです。

その隙を、レガシーワールド&河内騎手に突かれて敗れてしまいました。

当時の新聞等にも書かれてたので、私も何となく覚えてました。

こんな事件は、後にも先にも無いですから(笑)
その後のJCは日本馬も勝てなくても2着には入るなど、以前とは違い
Homeのアドバンテージを活かして上位を独占した年もありました。
詳しい事は、機会があったら書く事にして(^^;)

次回は、土曜日のJCダートの分析をしたいと思います(^o^)

デュランダル引退…(>_<)

先日のマイルCSで圧倒的1番人気のなか8着に敗れてしまったデュランダルが引退することになりました(;_;)

先日の回顧にも書きましたが、着順ほどの負けでは無いので年齢的な衰えでは、ないと私は思ったのですが…。

少なくても、自身の最高時計で走り、上がりもRace最速だったんですけどね…。(?_?)

ただ、追い込み馬の宿命で展開に泣いただけなんだけど…陣営が決めた事だから仕方ないのかも知れませんね…(>_<)


でも、個人的には、マラソンの高橋尚子さんのように復活を目指して欲しかったと思ってたので残念です。

3年後、素晴らしい後継者が出る事を期待しましょう(^o^)/

JCの歴史4

JCの歴史について今回は書きます。

昭和50年代に「世界に通用する強い馬づくり」をテーマに、日本でも国際競争を施行して、海外からの強豪を招待して日本の競馬を盛り上げために昭和56年に創設されたのです。初年度から、しばらくは海外の一流半の馬でも、日本の競争馬は太刀打ち出来なかったのです。

初めて日本の馬が勝ったのは、第4回の昭和59年のカツラギエース。
この年は、あの超・名馬シンボリルドルフが無敗の三冠馬になって、当然JCでも勝つと思われてましたが、体調不良・Raceペースなどの不運もあり3着に破れたのです。なので、伏兵の馬が勝ってしまったのでイマイチ盛り上がりは欠けたのかもしれませんね(^^;)

当然、私は生で見た訳では無いので詳細は資料からでしか、わからないので…。
次回は、その後について書こうと思います。

マイルCS回顧3

が〜ん…(;_;)

昨日のマイルCSの結果ですが、1着は…
ハットトリックでした
読み通りペリエMagic炸裂ってとこでしょう♪

2着は、ダイワメジャー
3着は、ラインクラフト
4着は、ダンスインザムード

5着は、バランスオブゲーム

注目の大本命馬、デュランダルは、8着

当blogで推奨した2頭は
サイドワインダーは11着、テレグノシスは12着でした(+_+)

配当は、
単勝1180円
馬連ァ櫚3580円
馬単ア8040円
三連複´キ7960円
三連単´キ63020円
でした。

Raceペースは、46.4ー35.0のHペース

最後の直線、抜け出したダイワメジャーを、残り30辰らハットトリックが差し切り、勝ち時計1分32秒6のRaceレコードの決着でした。

では予想の反省を…

勝った馬は、今回一押しハットトリックと読み通りでしたが…2着のダイワメジャーは、今回blogでも、さほど触れないなど、消してしまいました(+_+)
ノドの手術以降、完全に馬が立ち直ってるのでしょう…マイルまでなら押さえは必要でしょうねm(__)m

3着のラインクラフトはもう少し前からの競馬と私は予想してましたが、思いのほか中段からでしたね。だからこそ、3着に残れたのもあるでしょう。

また、この馬のマイル適正が改めて立証されたと思います。
で、V3を狙ってたデュランダルですが大外から豪快に33.2秒の上がりで追い込みましたが、駄目でしたね。0.4差なので着順ほどの負けではないと思います。次走、人気が下がってるなら狙い目と思います。

予想的には、今週は完敗でしたm(__)m
せめてムードが2着ならまだ、惜しいなどと言えますけど、2着が抜けなら、ただの言い訳ですからねm(__)m

競馬は難しい…(?_?)
気を取り直してJCWeek頑張りましょう(^^)v
サクセス出来るように…では、次回はJCの懐かしい回顧でも(^o^)続きを読む

マイルCSの予想3

では、マイルCSの予想を発表します。

これまでに、分析した馬から組み合わせて三連単のフォーメーションで行きます(^^)v

1着候補…

デュランダル
ハットトリック
そして、今回の目玉
サイドワインダー

2着&3着候補

テレグノシス
ラインクラフト
ダンスインザムード

以上から馬番で表すと

キ→キ│キ┃となります。
計27点です。

10時50分現在、この組み合わせのOddsは…

最低が50.7倍
最高が6889.5倍
なので、良い方向で的中すれば…

かなり、アツイ(^^)v

ではRaceを楽しみに待ちましょう(^o^)/

東京スポーツ杯2歳S回顧

昨日の東京メインの予想ですが、三連単は外れてしまいました…(;_;)

予想は前回に書いてたので解ると思いますが…
3着に来たオンファイアを消しと断言したのは反省ですね…m(__)m
流石、三冠馬の弟&藤澤厩舎って感じです。

1着から順に馬番を挙げると次の結果となりました

□Β、アです
言い訳する訳では無いですが、3着以外は当たってるんですよ…(^^;)

大穴に取り上げたはシンガリ負けだったけど

勝ったフサイチリシャールが鮮やかに逃げ切り1分46秒9のRecord勝ちでした。
今年の新種牡馬クロフネ産駒で、初の重賞ウイナーとなりました。
次走は、まだ未定ですが朝日杯に出て来たら有力候補でしょう。

予想は若干外れましたが流れは悪くないと信じて後ほどマイルCSの予想をUPします♪

東京スポーツ杯2歳S

今日の東京メインの予想を載せておこうと思います。
あくまでも、私の買い目なので馬券の購入は自己責任ですよ(笑)

不安定な2歳の重賞ですのでキャリアとマイル適正を、重視して馬を選ぼうと思います。このRaceの勝ち馬が、G1馬になってるケースが多いんですよね。
当初に狙ってたクラシックに繋がる訳では無くて何故かマイルからスプリンターなんですけどね。最近では、アドマイヤマックス、アドマイヤコジーン、キングヘイロー
古いですがマイネルラヴなど…懐かしい(笑)

では、予想に…。

軸はΔメイショウサムソン
前走4着に敗れてますが他馬より1繕堽冥鼎ったのが影響と考えます。

紐は
フサイチリシャール 血統&先行力が魅力。
ニシノイチマデモ キャリアは2戦ですが、前走で33秒7の素晴らしい末脚を披露。素質&血統◎

これで、終わったら普通の予想ですよね(笑)

とっておきの穴馬を用意しましたよ(^^)
マツリダアーティス 地方馬ですが、キャリアが今回で5戦目と豊富。しかも、連対率は…100%と狙うしかないと思いませんか? どの競馬新聞にも無印ですけど…(^。^;) この馬が、来たらサクセス出来ますよね(笑)

では、最終のまとめを

東京11R
東京スポーツ杯2歳S

三連単
ξしマルチ
Β↓キ

,魯妊ープインパクトの全弟ですが、話題先行の気がするので見送りが無難でしょう。

では、当たって明日のG1資金に繋がる事を期待したいと思います♪

マイルCS・考察3

では、今回の狙い目の3頭を分析します☆

サイドワインダーから
この馬は順調ならG1を勝っていても、おかしくない素質の馬です。 なにせ、一昨年のマイルCSで1番人気に支持されたのですから…。 デビュー以来、度重なる故障や体質の弱さで出世を妨げてましたが、秘めた素質は充分です(^^)v
前々走の関屋記念で上がり32.6の鬼脚を繰り出して快勝。しかし、骨折…(>_<) 幸い軽度で済み、前走スワンSでは少し早めに押し上げながら中段に…。直線、抜け出し勝ち切る勢いでしたが、最後に脚色が鈍り勝ち馬に外から差されてしまい2着となりました。ただ、骨折明けで1番人気でマークされた事を考えると悲観される内容では、ないと思います♪7歳なので本来は厳しいと思われますが、Race数は使ってないので馬体はまだまだFRESH。陣営も北橋調教師が来年、定年を向かえるので、このチャンスを生かしたいと気合いが入ってます。様々な状況から今回は非常に狙い目の馬と思います。 最後にマイナス情報を…今回乗る松永Jは牡馬でG1は勝ってないのが引っかるのですが…秋の天皇賞を買った運を期待しましょう(^o^)/

続いてはテレグノシス
この馬も、前回取り上げたサイドワインダーと同じトニービン産駒。
トニービン産駒らしく、この馬も東京巧者…。と、言うよりも府中以外では厳しい…のも事実。NHKマイルC勝ちを含め、全5勝が東京コースなのだから、本来は消し(>_<)
しかし、実は3歳時にコンマ1秒差の4着、昨年も3着と高い能力とコース適正を示してるのです淀に変わっても底力は無視出来ないし、人気になりにくい今回は狙い目でしょう(^^)v

最後に、今回のイチ押しハットトリック
この馬は、今年1番マイル王に近い位置に居ると思われてました。去年の秋から、重賞・京都金杯、東京新聞杯を含む4連勝と波に乗ってたので。ところが、マイラーズから馬が変わったような連敗街道…。しかし、前走、天皇賞で明るい兆しが見えましたテン乗りのペリエJとあって、あの位置取りは仕方ないでしょう。
そこで、メンバー最速の上がり32秒6と、先週エリザベス女王杯を勝ったスイープトウショウよりも…(^^)v
今回、ペリエJも二度目だし京都コースでは3戦3勝と相性も良いです。この馬から、買って的中すれば、かなりの高配当も見込まれます♪

各馬の分析を終えたのでいよいよ予想に入る訳ですが、最終的な予想&見解は明日にUPします。もちろん、Race前にちゃんとしますよ(笑)

何で、そんな話しをするのか??と言うと、私がこのblogを始まるまで、ある競馬の掲示板に投稿してたのですよ。そこで、Race後に予想を載せて当たってると毎回書いてた後だし名人さんが居たので…(笑)

マイルCS・考察2

私が狙う馬の前に、その他の馬達の分析を…。

まずは、ダンスインザムード・この馬も実に掴み所のない馬ですね(笑)前走の天皇賞で、あわやの3着に入り復活を印象づけました。
正直、もう終わった馬と、みなさん思いませんでしたか?
はっきり言って私は思いました…早熟の馬だと…
ところが、前々走の府中牝馬Sで32秒台の末脚で走った事が復活を裏づけるヒントだったのです。結果論ですが(^^;)

ただ、それまでは途中でRaceを投げ出すような走りだったのだから…。 今回は末脚に自信を持つ有力馬が多い…従って前で競馬が出来る、この馬はチャンスだと思います
ただ、ラインクラフトの所でも書きましたが、この10年は牝馬は勝っていません。
なので、1着付けは危険でしょう。ど〜しても狙うならマルチが無難だと思います。

アドマイヤマックス
実績から言って、この馬も人気になる確率が高いですが…武豊人気もあるので(^^;) 昨年も6着だったように右回りでは?がつきます。それとデュランダルには一度も先着してないのです。 今年で引退が決まってるので無理はしてこないと予想して思い切って消しと宣言します(^^;)
豊Jの京都マイルの連対率から考えると無謀ですけどね。

キネティス・タニノマティーニ・ビックプラネット・リキアイタイカン・アルビレオといった馬達は、正直ここでは力不足でしょう。

この馬達以外に3頭ほど名前があがって無いのに、みなさんは気付いてるでしょう(笑)

いよいよ、次回は今週このblogで狙ってみる3頭の分析をしたいと思います(^^)v

マイルCS・考察

今週のG1はマイルCSですが、基本的に堅い決着が多いG1ですね♪

過去10年間で大荒れだったのは、10年前のトロットサンダー・メイショウテゾロの時の馬連で104390円(4番人気と16番人気)5年前のアグネスデジタル・ダイタクリーヴァで馬連18050円(13番人気と1番人気) 3年前のトウカイポイント・エイシンプレストンで馬連15530円(11番人気と3番人気)の3回なんですよね(^^;)
なので、余りにも極端な穴狙いは危険と言う事になります。

ただし、それは馬連の場合…。

私&このblogでは三連単を買うので、3着に人気薄とか組み合わせの盲点で高配当の可能性が多いにあります(^^)v

まずは、おそらく2番人気だろうのラインクラフトの分析から。前走は秋華賞でした。 比較的落ち着いた流れの中で好位につけ4コーナーから粘り込みを試みたもののAメサイアに差し切られクビ差の2着になってしまいました。 若干距離が長い+掛かり気味になった事で末脚に影響したのも事実でしょう。 でも春からの成長度に疑問もあるんですよね。 ただ、今回は最大のパフォーマンスを見せられる1600辰覆里如△△辰気蠅盻縞考えられます。 しかし、桜花賞勝ち→秋華賞敗退→マイルCSのローテーションで来た馬はキョウエイマーチなんですが、結果は?と言うと2着だったんですねぇ。

従って勝ちまでは?がつきます(^^;)

あくまでも、2着、3着候補と考えるのが無難と思います。

その他の上位人気が予想される馬ですが…。

ダイワメジャー
中山以外での信頼感× ですが、ルメール騎乗&マイル適正・右回りでの成績を信頼するなら1着付けもありでしょう♪

ウインラディウス
7歳馬&富士Sの勝ち馬は…×
ただし藤沢Magicで、まさかの…一発とか(笑)

今回の1番人気が予想されるデュランダル。
前走はG1スプリンターズSでした。結果的に香港の英雄・サイレントウィットネスに抜け出しを許したものの、上がり32秒7の鬼脚で届かなかったのだから仕方ないでしょう。今回は2走目だし3連覇がかかってるので陣営の気合も感じられます。

ただし不安な点もあります。
今年のG1における連覇が、ことごとく失敗してるんですよね。
最近では、エリザベス女王杯のAグルーヴ、天皇賞でのゼンノロブロイなど…あと、そのエリザベス女王杯での池添Jの騎乗が余りにも良すぎた為に運を使い過ぎた可能性も…(^。^;)

重箱の隅を突くような話しですが、過度の絶対視は少々危険な感じがします。
もちろん馬券対象から外れるとは私も思ってませんが…前走同様2着又は3着のような気がします。

ちょっとした話

前回の最後に書いたギャンブラーの道に入ってしまったRace&勝ち馬の前に、馬券の話の続きを…別に勿体ぶってる訳ではありません(笑)

馬券の種類は前にも書きましたが、100円を賭けたとして 単勝 複勝 枠連 馬連 ワイド は せいぜい荒れて配当は10万円の範囲内で収まりますよね♪ ←あくまでも今まで私が見て来た競馬人生の中での目安なので違うって言う人が居ましたらコメントを寄せて下さいね(^o^)

その他の馬券、馬単 三連複 三連単は何10万円…の配当が出る時があります。
中でも三連単は100万円も度々出てますよね…確か最高は1000万円超でした☆

したがって今、私がやってる馬券は三連単が中心です♪

このblogで、みなさんと一緒に幸福になるには三連単の的中が必要になる訳なんですよね〜(^^;)

1番高配当を的中してサクセスを望んでるのは、私なんですけどね(笑)
何が言いたいの?と言うと週末の予想の時には、みなさんの自信の予想又は穴馬があったら是非にコメントを寄せてくださいね(^o^)

よろしくお願いしますm(__)m

で、冒頭のギャンブラーのきっかけに結果としてなってしまったRace&勝ち馬はスペシャルウイークのダービーでした(^^;)

別に勿体ぶる程の事でも無かったですか? でも、私には大きな出来事だったのです。 と 言うのもその頃は、毎週競馬を見てても馬券を買うのはG1の中でも大Raceと言われてるダービーとか天皇賞、有馬記念など年に数回しか買わなかったのですよ。しかも賭け金が2000〜3000円の間で4点〜6点とかだったなぁ…今では信じられませんが…(^^;)

その時は確か2着のボールドエンペラーとの馬連を1000円賭けてたので10万ちょっと儲けた訳です(^^)v

ただ、その的中が後の失敗に繋がった訳だから、今となっては当たらない方か良かったかも…失敗談はいずれ書きますが、次回は今週のマイルCSについて触れようと思います(^o^)/

ちょっとした話

馬券についての話をしたいと思います。

私が興味をもった今から10年ちょっと前は…単勝・複勝枠連と馬連しかなくて…と、言うか!ごく最近ですよね!

ワイド・馬単・三連複・三連単が出て来たのは…。

そんな訳で、最初に買える年齢になった時は、馬連しかやらなかったのです(^。^;)

当然ある程度お金を賭けないと大金Getとは、ならないし、その頃はそんな事も考えなかったので大儲けもしなかったけど大損もしませんでした…。

しかし、ある日馬連の万馬券を当たってから、競馬=純粋に楽しむ ⇒ 競馬=ギャンブルになってしまったのです(笑)

そのRace&その時の勝ち馬については次回にでも(^o^)/
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ