どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

2005年12月

blogの休止について…。1

昨日のblogで、私なりに現3歳世代の強さや、その事について議論があったことを紹介して見解を書いた訳ですが…。

その事で、コメントを寄せて下さった方が居たのですが…。
読んだら削除してくれ!と、書いてあったので削除しましたが、内容は「率直に言って、馬の好き嫌いで書いてるのでは…」と(-_-;)
まあ、匿名の表記でしたしアドレスがなかったので、ここで特定な人に対して反論意見を書くのは…とは思いますが、意見を述べる事をご了承下さいm(__)m

まずは、馬の好き嫌いについてですが→私は、ディープインパクトの熱狂的なFanではないので、特別に肩入れして書いている訳ではないです(^^;)
ただ、久しぶりに現れた3冠馬なので応援したい気持ちはもってますが。また、ハーツクライやゼンノロブロイについても特別な悪感情ももってないですし…(^^;)

冷静な目で判断して(個人的な意見もありますけど)、現・古馬のレベルについての意見を書いたつもりです。

短距離はともかく、ディープが今後出走する中距離〜長距離の今年のG1を思い出して下さい。高配当だった事が多かったと思いませんか?

特に、春と秋の天皇賞なんて3連単は100万円台だったのですよ!

ホントにレベルの高い世代だったなら、世代のトップホースが集まるG1で、しかも格の高いとされる天皇賞で、あそこまでの高配当(←人気薄の激走)はないと私は思います。

以上が昨日のblogで書けなかった見解です。

人それぞれ、競馬のついての考えは違うのは、私も理解してるので反論されたから書いたのではありません。

ただ、匿名で一方的に私に対して意見を述べて、このblogには用がないみたいな事を書くのは、人として卑怯な行為と思いませんか?
※ホントに自信のある意見なら、アドレスと名前を書くのが筋では?と、私は思いますが…(-_-#)

私は、かなり凹みました…(>_<)
こんな事を言われる為に、毎日書いてるのはないので…(-_-;)

今日から、しばらくの間今後のblogの継続や方針について考えたいと思いますので、更新が途絶えると思います。

前回の続き…。1

現・3歳のディープ世代の強さについて議論したスレの話しの続きなんですが…(^^;)

現・4歳のハーツクライ世代や現・5歳のゼンノロブロイ世代も、けしてレベルの高い世代ではないと思います。
4歳世代のクラシックで菊花賞馬のデルタブルースはペリエ騎手の騎乗ミスもありましたが、前年の5着よりも悪い結果に終わりましたよね。まあ、流れが向かなかった等色々な理由はあるとは思いますが掲示板にも乗れないようでは…φ(.. )メモメモ。しかも、この世代のトップホースのキングカメハメハは昨年に屈鍵炎で既に引退。ハーツクライも今年は見事1着になったものの3歳の昨年は惨敗。余談ですが、有馬記念がG1初勝利の馬は翌年は厳しい事が多いので気をつけて馬券を買いましょう。

ゼンノロブロイ世代のトップクラスは2冠馬ネオユニヴァースだったのですが…φ(.. )メモメモ この馬も特別強かった訳ではありません。デムーロ騎手の好騎乗が大きな要因と思います。ダービーで2冠達成後、真夏の宝塚挑戦して4着とリズムを狂わし菊花賞で3着に終わって結局3冠馬にはなれなかったのですが…。そのクラシックで善戦馬だったゼンノロブロイが翌年の秋のG1シリーズ3連勝ですっかりトップホース扱いに、なった訳ですが今年の成績は善戦馬に終わってしまいました。結果的に…色々な事情があったとは思いますが、ペリエ騎手でないと超一流馬になれないことを証明してしまいましたφ(.. )メモメモ

以上の事から現時点の見解ではディープ世代から見た上の世代も、けして強い世代ではないと思います。まあ、並のレベルとは思いますが…(^^;)

ちょっと例えは変かもしれませんが、野球のジャイアンツを批判するアンチの人達と感覚は近いかもしれませんね。強い者に素直に共感するタイプと否定して自分は深く知っていることを見せ付けたいタイプみたいなどの感じが…(^^;)

一部において私が好き勝手に思ってる事は事実ですが(^^;)
別に馬の好き嫌いで書いてはいないのでご了承して下さいm(__)m

私が考える最強世代は、グラスワンダーやエルコンドルパサー・スペシャルウィークの世代だと思っております(^o^)

現・3歳世代のレベル1

ある掲示板のスレがあるのですが、そこでこんな議論が…
ディープインパクトが3冠になれたのは、3歳世代が弱いからだ!と…。
ディープ世代が弱いとの認識してる人は競馬を解ってる人

普通レベル←大多数の人はこれに当てはまる&強い世代←これは、ディープのファン又は初心者と思われる

との強引な意見をしてる人々が居たのです

それで、弱い世代意見VS普通・強い連合の意見対立が続いたのです。

確かに、現・3歳世代で古馬との混合重賞で勝ったのは、こないだのCBC賞のシンボリグランだけ。(ダートを除く)
しかも、3歳世代のトップクラスと思われてたアドマイヤジャパンのJCで惨敗。

で、色々な人が意見して強いだの!弱いだの!を議論した結果…有馬記念で結論を出すとの意見で纏まった訳です。

有馬記念が終わり、再び議論が再開されたのですが前よりも白熱…

結果は…ディープが着に終わったので、弱い世代意見の人達が俺らの意見は正しかっただろう!と吠えた事で更に大論争に発展(^^;)

私は普通レベルの方なので、吠えた人達にこんな意見を言ったのです。

今回の有馬記念で結論は出すのは無理だろうと…。

理由は、私なりの見解ですがJCでのAジャパンの惨敗はダービーでの着順と同じような結果から東京コース又は右周りが苦手な可能性が大なのでこの件を理由に世代弱い説は、あまりに早急でしょう。

第二の理由は、シックスセンスの香港での活躍。ホントに弱い世代ならクラシックで善戦馬が世界の強豪と五分に渡り合える訳ないのですから。
まして、今年の香港ヴァーズはRace史上最強メンバーと言われた中での着ですからね。

最後に理由ですが、これが1番重要。Raceの週に雪の影響等で、ただでさえ重圧がかかってる中で難しい状況に追い込まれたので本調子で無かったのは事実でしょう。
そんな中で、ハーツクライに乗ったルメール騎手の最高な騎乗の前に着まで追い上げたのは、ある意味頑張ったと思います。
しかも、3歳世代はディープ以外は出走してないので比較出来ません。

以上の事から、結論を出すのは、もう少し時間が必要なのでは!

とカキコしました(^^;)

とりあえずは、年明けの東西金杯に出走する、マイネルレコルトやダンスインザモア・コンラッドの走りに注目してみたいと思います。

そこで、改めて見解を書こうと思います(^o^)

JRA・今年のReading確定5

25日で今年の中央競馬は全日程を終了し、JRAの成績によるReadingジョッキーとトレーナーが確定しました。

全国のReadingジョッキーは、JRA年間最多となる212勝を挙げた武豊騎手が4年連続15度目。昨年、自身が記録した211勝を更新しました。
また、年間最多G1競争勝利(6勝)、年間最多重賞競争勝利(23勝)、騎乗機会最多連勝(7連勝)の新記録を樹立するなど素晴らしい活躍でした。

関東Readingジョッキーは134勝を挙げた横山典弘騎手。

全国Readingトレーナーは、54勝を挙げた瀬戸口調教師が初めてトップの座に輝きました。

48勝を挙げて関東のReadingトレーナーとなった藤沢調教師は平成7年以降10年間連続トップだったJRA最多勝利の座を瀬戸口調教師に明け渡しました。

有馬記念の回顧

ディープインパクトが…負けてしまいましたね…(;_;)

着順は
1着ハーツクライ
2着Ε妊ープインパクト
3着リンカーン

配当は…
馬単→3320円
馬連Β750円
三連複Ν2970円
三連単Ν30500円

無敗の4冠の快挙を期待してたのですが、ハーツクライの前に夢に終わりました。
4コーナーでまくり気味に進出して、これから脅威の末脚爆発を…と思ってましたが、坂の下で2馬身あった差を、半馬身まで詰めたのが精一杯。メンバー中最速の上がり3ハロン34.6秒の末脚を出しましたが、最後は脚が上がって左にモタれ、交わせませんでした。結果論ですが、これが古馬との壁かも知れません。また、雪の影響を受け、追い切りや輸送の日程が二転三転した事も影響あったとも考えられます。この後は、来年の春に春の天皇賞に出ると思いますので、その時のトライアルRaceで、早熟説、世代の壁等の結論を出すことにしましょう。

予想ですが、ディープがこんな結果に終わった事もあり残念な結果でしたm(__)m

タップダンスシチーは着に終わりました。しかし、この馬らしく4角まで逃げはしたので納得の敗戦ですね。やはり去年でピークは過ぎてたと思います。
種牡馬として第二のスタートを応援したいです。

ディフェンディング王者で古馬最強馬と言われた(笑)ゼンノロブロイは、まったく見せ場がありませんでしたね(^^;)
根本的に最後まで追えるペリエ騎手でないとG1を勝てるレベルではないと言う事でしょう。デザーモ騎手は、やはり中山では大幅な割り引きですね。来年以降しっかり覚えておきましょう。この騎手は日本に小遣い稼ぎに来てるみたいなので勝負に対して淡泊な傾向が多い。なので、この秋の騎乗からの考察ですが基本的に人気でも消し。ど〜しても買わざるを得ない時は3着付けだけにしましょう。デザーモ=世界の名手との認識は本日から忘れましょう(^^;)
私も宝塚、JC、朝日杯など痛い目に合い考えを改める事にします。
藤沢先生よ! やっぱり横典を乗せるべきだったんじゃないの!と意見を言いたいですね(^^;)

ハーツクライは勝ちましたが、ルメール騎手の好騎乗による所が大きいです(^。^;)
本来は追い込み馬なのに中団から、やや前でRaceをするとは想像出来ませんでした(?_?)秋の天皇賞での敗戦で、見限ったつけを見事にやられましたm(__)m
ただ、馬の成長はあると思いますが、他の騎手が乗った場合は様子を見る必要がありますね。

リンカーンは3着。やはりG1での横典騎手は怖いと再認識しました。
正直、馬券対象まで来るとは思わず、気にはなってたものの他に買いたい馬が多く手が回らなかったので結果が出た時は、やはりと思いました(^^;)
ロブロイやタップを気にしすぎて盲点でした。デザーモとは逆にG1では横典騎手は例え人気が無くても買うべきですね!
来年のG1Weekでは覚えておきましょう(^o^)

の遊び馬券は、ともかくヒモにを入れてないなど反省です。


実は有馬を外したの凹みですが、もっと激凹みな事があったのですよ(;_;)
昨日の中山8Rで25万馬券が出たのですが、A-PATの操作ミスで的中してたのにも係わらず外したと言うサムイ結果(-_-;)

急ぎで購入したばっかりに大金Getならず…(>_<)
と、昨日はツイてない日でした。ちゃんと確認して操作しないとダメですね(^^;)
さてと、今年の競馬は終わり来年の競馬の始まりは5日の木曜です。金杯をGetして最高のスタートを切れるように頑張ります(^^)

有馬記念の勝負馬券3

朝から検討の末よ〜やく買い目を決めました(^^;
まあ、ほぼ勝つと思うΕ妊ープインパクトと4角までは確実に楽しめるタップダンスシチーを軸にします。

ヒモは…
内枠で期待出来そう
8吐郎廼馬
Ыの天皇賞馬
JC2着で末脚は◎

まとめると

3連単 1着固定流し
Β↓Л
→↓ΝЛ

どちらも20点です

Oddsは
Δ諒は18.1〜980.7倍の方は162.2〜21141.8倍となってます。

タップダンスシチー!
頑張ってサクセスさせてくれ〜と願ってRaceを待ちます(^o^)/

今日の勝負Race回顧1

まずは、ラジオたんぱ杯2歳Sの回顧をします。

1着Д汽ラメガワンダー
2着┘▲疋泪ぅ筌燹璽
3着ヴィクトリーラン

配当ですが

馬連Б─400円
馬単Б 930円
三連複Л┃1230円
三連単Л┃13110円

Raceは、サクラメガワンダーがアドマイヤムーンとの追い比べを制し、3連勝で重賞初制覇となりました。道中はアドマイヤムーンの後ろ。直線で内にヨレたライバルの外に馬体を合わせきっちり差し切りました。
三月の弥生賞から始動となりそうです。

予想回顧ですが、軸のГ牢萎な予想。ヒモも┐眛ってましたがは無かったので残念な結果でした(;_;)

CBC賞

1着シンボリグラン
2着カネツテンビー
3着.掘璽ぅ坤肇Ε轡腑

馬単→14670円
馬連→9380円
三連複´11870円
三連単83270円

余りの凹みなので、回顧はなしで…(;_;)

予想の反省をします。

こちらも軸のシンボリグランは完璧で2着のもヒモに入ってました。そして4着・5着もヒモに入ってましたが3着の.掘璽ぅ坤肇Ε轡腑Δ錬曳嶌能蕕望辰靴討靴泙い泙靴(>_<) 理由は昨日のblogにも書いたので書きませんが…正直いって激凹みです。

あぁ〜気を取り直して有馬記念の予想を後ほどUpします(´ー`)

CBC賞の予想3

先週の仕切り直しの一戦中京のCBC賞の予想を発表します(^o^)

軸は来年の短距離王と見込んでるシンボリグランを押します。

.掘璽ぅ坤肇Ε轡腑Δ鉢▲泪襯キセキはOdds面から、あまり買いたくないのと延期により不利な材料が増えたので軸にはしないです。得に,詫∩が苦手なのに2度もするはめに…(>_<)
あっさり勝つ能力はありますがリスク面から消します。

ヒモは、↓き
い榔箚により調教量が増えて状態がUpしたので軸にしようかな?と思ったくらい。

三連単 1着固定流し
→↓き

三連複Box
↓き

鬼の勝負なら
の三連単Boxなら確実に100万円の大台が見込まれます。

では、明日の有馬記念に向けて資金を増やしたいと思いながらRaceを待ちましょう(^o^)/

ラジオたんぱ杯2歳Sの予想5

ラジオたんぱ杯2歳Sの予想を発表します(^o^)

軸は、Д汽ラメガワンダーと.泪船ネゲンジの2頭で。

分析の所で書いたので簡単に理由を述べますと2歳戦は、まずキャリアと私は思います。新馬を勝ったばかりの馬にはレベルの高くなったこのRaceはキツイと思うので。

では、買い目を…

軸の2頭
.泪船ネゲンジ
Д汽ラメガワンダー

ヒモは
まさかの大駆け
┌穫⊂,領呂里△詛
ひょっとして大物?
武豊騎乗の素質馬

3連単 1着固定流し

、Л┃
Б´┃

両方とも20点です。

Oddsは…
46.9〜6139.0倍
43.7〜7417.9倍

となってます。

的中して、メリークリスマスにJRAから、プレゼントをもらいたいですね(^o^)/

ラジオたんぱ杯2歳S分析3

ちょっと多忙で分析が今日になってしまいましたm(__)m

サクラメガワンダーは休養を挟んでトモの甘さが解消。走りがしっかりして阪神の坂も難無くこなせるまでになったようです。距離を延ばしてから良さが出て、前々走が直線で前が壁になり、一度立て直してから追い出して鋭い伸び。時計は平凡ですが前走も仕掛けられてからの反応が抜群でした。中間の乗り込みも順調だし、阪神2000辰脳,辰討訶世盥睇床曾侏茲泙后使われてきた強みも勢いもあり重賞初挑戦のここでも中心ですね。

アドマイヤムーンは新馬・クローバー賞、札幌2歳Sと3連勝。ゲートが上手ではないため常に後方からのRace。ですが、3戦ともかなり外を回って進出し直線半ばまで追い出しを待つ余裕がありました。直線で内にモタれたり、手前を替えなかったりと内容は大味ですが能力は相当高いですね。懸念は、3ヶ月ぶりの実戦でRace勘が心配…当初はここではなくて朝日杯を目指してたが調整が遅れたという話しも…。しかし、あっさり4連勝も十分可能性はあります。

マチカネゲンジは使われつつ上昇してきました。3戦目でコスモバルクが持っていた東京芝1800辰離譽魁璽匹0.3秒更新しての未勝利勝ち。前走の葉牡丹賞では後方から大外を回って追い込むが着。それでもRecord決着で勝ち馬との差は4角の内外の差。自身の時計も優秀ですし、直線の伸び脚も目立ってたので負けて強しの内容。

ニルヴァーナは、まだキャリア1戦ですが初戦は勝ちっぷりが圧巻。
自身でSペースを作ったとはいえ、ラスト3ハロンが11.7ー11.4ー11.8。坂を上がってからは余裕十分の手応えで初戦としては上々の内容。その初戦は押し出される形でハナを切っただけ。折り合いに課題がなさそうなので控えても問題はないと思います。中間の気配も良く一度使った上積みはありそうです。全兄がダートG1で4勝ゴールドアリュール。血統的な魅力も大きいです。

チェリーストームもキャリア1戦。しかし、デビュー前に古馬並みの坂路50.0秒をマークしたほどで初戦が中団からの豪快な差し切り。直線は内にモタれながらで、着差も1馬身差だったが見た目以上に余裕がある勝ちっぷりでした。馬体の充実ぶりには目を見張るものがあり、重賞でも期待出来そうです。

マイネルスケルツィは初戦が大物のジャリスコライトから0.2差着。外傷明けだった2戦目が自分でペースを作ってマチカネゲンジからハナ差着のRecord決着。未勝利卒業は時間は要したが、デビュー2戦の比較からはここでも遜色ない能力の持ち主と思います。

簡単に分析をしましたので残りの馬は勘弁をm(__)m

後ほど予想をUpします(^o^)/

有馬記念 追い切り5

ディープインパクトが有馬記念に向け、昨日追い切りをしました。
まず坂路で4F75.5秒のウォーミングUPした後でDウッドに向かい、向正面に姿を見せました。スタートは6F標。菊花賞時に併せたフェイトトリックスを3馬身追い掛ける形でスタート。テンは多少行きたがる面を見せましたが、鞍上の武豊がなだめるとすぐに折り合い道中は14−14。大きなフットワークでスムーズな走り。そして、注目の直線で先行するフェイトトリックスは前半で楽した分、手応えに余裕がありましたが、残り300辰妊妊ープが並び掛けラスト1Fから武豊のゴーサインが出ると、即座に反応し、ディープ特有の重心を下げたフォームでグイグイ末脚を伸ばし半馬身先着でフィニッシュ。全体の時計は6F83.1秒ー39.4秒。終いは超抜の1F11.6秒。菊花賞の時も良かったですが、さらに威力を増した感じがします(^^)v
この動きなら文句なしで完璧な状態で有馬記念に挑めると思います。

デルタブルース
ディープインパクト一色ムードの今年の有馬記念。ただし、他の陣営も手をこまねいているわけではない。中でも勢いがあり、状態も最高潮なのが角居厩舎のデルタブルースです。 一発大駆けならこの馬かも知れません。なぜなら今年の角居厩舎は大ブレーク。今年のG1成績は〈7・1・1・2〉と驚異の数字。その先陣を切ったのが去年の菊花賞、デルタブルースですよね! 1千万クラスを勝ち上がったばかりで挑戦。8番人気と評価は低かったけど、4角先頭の積極策で見事な押し切り勝ち。厩舎に初G1のタイトルをもたらせました。「当時はまだまだ甘さが目立ち、来年、成長する」と述べてましたが、この陣営の見立ては大正解。前年の疲れが抜けず春は全休となったものの、この秋の充実ぶりは一際目を引きます(^^)v今月3日にG2ステイヤーズSを快勝。驚いた事にRace11日後の14日には早くも併せ馬で5F68.6秒−38.7秒と疲れしらずです。ハーツクライ・ゼンノロブロイらディープに待ったをかけたい古馬有力勢は、究極の消耗戦となってしまったJCからの上積みとなると疑問が残る。その点、デルタブルースはJCを除外になったおかげで(^^;)で前走は楽なRace。余力を残してます。

春の天皇賞着ビックゴールドは意欲的な攻め。坂路で軽く足慣らしの後、Dウッドで6Fから15.1秒で入り、5Fからは13秒台にペースUP。
直線も一杯に追われて6F80.8秒ー38.8秒。 ラスト1Fは12.5秒を叩きだした。このひと追いでさらに気合いが乗って、変わり身が見込めそう。

秋の天皇賞馬ヘヴンリーロマンスはCウッドで単走。6Fからは15.5とこの馬にしては緩めのスタート。5FからはペースUPし直線はしっかり追われて6F82.2秒ー39.1秒、1Fは12.3秒と切れました。先週も水曜と土曜にビッシリ2本追われているし高いレベルで安定していると思います

有馬記念分析・血論5

紛れのあるコースですが、ディープインパクトには関係ないと思います。スピード・スタミナ・底力は十分で不安は何もないです(^^)v
古馬と初対戦となりますが、あっさりクリアするはず。古馬と斥量がの2舛睛利ですし、この馬自体がデビュー以来の55舛覗れることは大きいです。したがって今回も鉄板の存在ですね。

JCのような消耗戦になればデルタブルースもチャンスはありそう。底力もあり、もっかの勢いも怖い。

リンカーンは距離適性に魅力を感じる。あと一押しは利かないですが母系の底力に期待したい。

スズカマンボは超一流の配合なだけに、今回大駆けがあっても不思議ではないので軽視は出来ないので注意を…。

有馬記念の考察5

今日から今年最後の大Race有馬記念に向けて分析をします(^o^)/

まずは、今年の主役

ディープインパクト
ご存知のように無敗の3冠馬。4冠にむけて最大の焦点は古馬に通用するLevelか?でしょう。JCのTimeは2.22.1のRecord決着だった訳ですがディープのダービー勝ちTimeは2.23.3。これは、昨年のキングカメハメハと同タイムで東京2400辰離織Record(当時)ですが、最後の600辰33.4秒の末脚を使い、2着のインティライミに5馬身差をつけた楽勝の内容から時計は1秒位は楽に詰められると思います。と、なるとJCの勝ち馬アルカセットとの差はわずかに0.2秒。本命にするひとつの理由に、ダービーから5ヶ月たった菊花賞のパフォーマンス。3.04.6は菊花賞過去5年で1番早い勝ちTime。最後の600辰33.3秒の末脚を使ってる。それも、前半で折り合いを欠いていた事を考えると驚異的な末脚と思います。なので、まだ限界を見せてない能力と肉体面での成長をはっきり示したと思います。ダービーの時点では、まだ古馬との力勝負に疑問符がついていたとしても現在は差はほとんどないか!あるいは古馬のLevelを上回る馬になっている可能性は大きいです。いずれにしろ、今年の有馬の主役はこの馬以外に考えられません(^^)v

血統面…
SS産駒は今年の2歳世代で最後ですが、間違いなく最高傑作の本馬。
母系からも完成度の高いSpeed・スタミナ・底力と優れた血統。ただ、リファール産駒だけに本質的な良さはSpeedや切れ味ですね。菊花賞で折り合いを欠くシーンがあっただけに、距離短縮は好材料。軽さが目立つが重厚さを備えているので心配はないと思います。

昨年の覇者ゼンノロブロイ
天皇賞・秋2着、ジャパンC3着と不完全燃焼。昨年は、秋の古馬王道のG13連勝の偉業を達成しましたが、今年は未勝利。物足りなさを感じます(-_-#)
母の父は短距離向きのミスプロ系のマイニング。母系をみても米国の短距離指向。本質的に2000辰魃曚┐覽離は向いてないかもしれません。
年齢的な衰えは、まだないと思いますが昨年とは勢いが違うだけに厳しいと戦いを強いられそうです。

ステイヤーズSで復活した、昨年の菊花賞馬のデルタブルース。
父はダンスインザダーク母父はディキシーランドバンド。菊花賞は早めのスパートで押し切るRaceでしたが、その後を見ますと溜めて切れ味を生かす事も出来るようです。母系は完成度が高く距離の融通性もある我慢強さが持ち味です。
また、スタミナ豊富で大1番での強さもあり荒れ馬場も問題ないので勢いからも怖い1頭です。

JCで猛烈に追い込んだハーツクライ。
SS×トニービン×リファールで決め手が強調された配合です。
母はアイリッシュダンス新潟記念や新潟大賞典などを買った活躍馬。
どちらかと言うと軽い馬場で切れ味を生かすタイプ。成長力があるものの器用さがないだけに中山コースは大幅に割引きと考えられます。
また、JCのRecord決着の疲労も気にかかりますので現時点では厳しいと言えます。

タップダンスシチー
JCでも自分の競馬はしていましたが、さすがに厳しい流れでした。
父はプレザントタップ。米国でG1・2勝。近親には牝馬でケンタッキーダービーを勝ったウイニングカラーズがおり、母系のLevelは高い。切れる脚はないですが、長く良い脚を使えるタイプ。また、使われて良くなるタイプでもあるが、年齢的にさすがに上積みは厳しいと思います。個人的には、狙ってみたいと思いますが…(^^;)

春の天皇賞馬、スズカマンボ
秋の2戦は結果が出てません。しかし、条件的にも厳しかったのもあります。父はSS。母父がキングマンボで母系はスタミナ豊富で勝負強さも備えています。母父がミスプロ系で2000辰任盻転泙鮠,辰討い泙垢、母系の重厚さからも2400丹幣紊離織ぅ廚隼廚い泙后スローの瞬発力勝負になれば怖い1頭。使われて調子が良くなるタイプなので叩き3走目の今回は上積みも望めます。

リンカーンはJCで少差の4着でした。SS×トニービンはハーツクライと同じ配合。母グレースアドマイヤはダービー馬フサイチコンコルドの半妹で府中牝馬S2着など活躍した馬。こちらは母系がサドラーズウェルズだけに軽い決め手ではなくて力でねじ伏せる競馬が合う。3代母サンプリンセスは英国オークス馬で、その娘バレークイーンから日本でも広がりをみせており活気のある系統です。中山2500辰茲蠹豕の2400辰諒が合う決がしますが2年前に着に入っているので気にするほどでもないかも。ただ、時計が掛かる方が良いタイプは間違いないと思います。

秋の天皇賞馬ヘヴンリーロマンスは父SSに母父がサドラーズウェルズ。万能の父から軽さを受け継いでいますが、母系はスタミナ豊富なステイヤー血統。祖母は英国オークス3着のアーカディナで、孫にサージウェルズなどがいる。
近親にも重賞ウイナーは多数おり、血統背景は申し分ない。ただ、HペースのJCでも行きたがってただけに折り合い面が鍵を握っていると思います。今年は「愛」が象徴の年なので可能性はあると思います(^o^)/

サンライズペガサスは、JCでじわじわと伸びて6着。SS×ブライアンズタイム×アリダーの血統から2000蛋宛紊もっとも適性があると思います。また、ヘイルトゥリーズンの3×4のクロスを持っている事からも2000辰魃曚┐襪抜待は出来ないと思います。

オペラシチーは京阪杯で11着。久々に加え、1800胆錣世韻傍離も合わなかった面もあると思います。父はオペラハウスはテイエムオペラオーを出しており、サドラーズウェルズ系種牡馬では唯一日本で活躍しています。母系のブレイヴェストローマン×フォルティノからもスタミナは豊富。近親には平安S2着のオースミパレードがいる程度なので底力は疑問がありますが、消耗戦は強いタイプです。厩舎の先輩はタップダンスシチーなので、人気薄のこちらの方が激走するかも知れませんね(^^)vこのRaceではないのですが、過去にも同じ厩舎の馬が出た場合、人気がある方がダメで無い方が激走するパターンがあったので(^^;)

コスモバルク
愛ダービー馬ザグレブ産駒。シアトリカルはヒシアマゾンなど芝の中距離馬を多く出していますが、その父がヌレイエフだけにコスモサンビームのような短距離タイプを出してもおかしくないです。本馬は母系にテスコボーイの3×5のクロスがあるので2000丹焚爾良いと思います。
したがって有馬記念は相当厳しいと言えます。

グラスボンバーはマキアヴェリアン産駒。短距離系の父ですが、産駒は意外と中距離で活躍してます。アルムタワケル、ストリートクライと2頭のドバイワールドC勝ち馬を出しており、他にもカドラン賞を勝った馬もおりスタミナ豊富と言えます。ただ、本馬は母父がヌレイエフで母系も短距離指向が強いので2000丹幣紊竜離では厳しいと言えます。

中京CBC賞3

昨日行われる予定でしたメーンのG2・CBC賞は降雪のため中止になりました。

この日の中京競馬は東海地区の積雪の影響により馬運車の到着が遅れ、1Rが1時間遅れの午前11時に発走。また、芝の4・8Rがダートに変更されるなど悪天候に振り回されました。
8R終了後の激しい降雪で一気に銀世界となり、9Rの返し馬はすでに行われるてましたが、公正な競馬が出来ないと判断されて中止が決まりました。

中央競馬の中止は、01年1月20日に京都競馬で6R以降が降雪で中止になった以来4年ぶりの出来事でした。

また、中止されたメーンのCBC賞は、24日の土曜日中京メインで代替開催されます。

土曜日にCBC賞を取って、日曜日も有馬記念で取れたら素晴らしい年の瀬を向かえられるので頑張って分析します。

阪神牝馬Sの予想回顧3

う・う〜ん(-_-;)

牝馬の引退Raceは走らないはずなんですが…

まずは結果から…

1着
ゥ▲疋泪ぅ筌哀襦璽
2着
マイネサマンサ
3着
レクレドール

馬単ア 3860円
馬連→ァ2430円
三連複キ 5740円
三連単キ 29150円
Raceは、アドマイヤグルーヴが4コーナーで逃げたラインクラフトを早々と競り落とし、迫るレクレドールとマイネサマンサを寄せ付けない引退Raceとは思えない強い内容でした。
尚、このRaceの勝ちにより武豊騎手は年間210勝となり自身の記録の年間最多勝まで1勝となりました。来週には、新記録は確実でしょう。

単勝1.6倍の圧倒的な1番人気のラインクラフトは4着に終わりました。平均ペースで逃げたもののアドマイヤグルーヴに早めに交わされ失速。
G1Race連戦による見えない疲れがあった為か?3角で一気にペースが上がったのが初で経験した事のないRace展開を敗因に挙げてました(-_-;)

私、個人的には、この3歳世代の強さに疑問が残ったRaceでもありました。
と、いうのも軸に狙ったもう1頭の3歳馬ライラプスが8着に終わり予想していたよりも厳しいと認識したのです(-_-;)
世代トップクラスのラインクラフトでもっ紂続きを読む

フェアリーS予想回顧3

くやしい〜(;_;)
取れそうだったのに…

まずは結果

1着ダイワパッショッン
2着ぅΕ┘好織鵐咫璽淵
3着.汽競鵐咼紂璽謄ー

馬 単→13810円
馬 連→6640円
三連複´29990円
三連単き167960円

6番人気のダイワパッショッンが大外からしぶとく伸びて首差で差し切りました。
着には7番人気のウエスタンビーナスC紊砲10番人気サザンビューティーと低人気の馬達が上位を独占しました。

1番人気のエイシンアモーレは着に終わりました。 柴田騎手によると伸びを欠いたのは疲れからとの事。(-_-;)

予想ですが、軸に押した2頭のうちエイシンアモーレはダメでした。
が、ダイワパッショッンは狙い通り2着に入ったぅΕ┘好織鵐咫璽淵垢皀劵發貌ってたのですが3着のサザンビューティーは買ってなかったので外れでした(;_;)
4着の馬はヒモに入ってたのでタラレバですが惜しかったので凹みも大きいです(+_+)

今週は有馬Weekですが凹みで気分が…(;_;)

なかなか連勝は難しいですね(^^;)

今日の勝負Race・阪神牝馬S4

最後は阪神牝馬Sの予想

本来は▲薀ぅ鵐ラフトでいきたいのですが、単勝Oddsは…1倍台なので配当的に厳しいので期待を込めて他の有力馬から

軸は
.薀ぅ薀廛垢
マイネサマンサの2頭でいきたいと思います。

ヒモは
▲薀ぅ鵐ラフト
ゥ▲疋泪ぅ筌哀襦璽

そして大穴で
Д灰好皀凜.譽鵐

纏めると
3連単 1着固定流し

→´↓キ
、↓キ

両方とも12点です。

Oddsは

76.7〜5221.6倍
76.2〜5576.1倍
です。

これから、何かと物入りの時期になるので高配当を的中させて良い年の瀬を向かえたいと願う次第です(^^;)

Raceを楽しみに待ちましょう(^o^)/

今日の勝負Race・中京のCBC賞4

続いては、中京のCBC賞の予想

軸は▲轡鵐椒螢哀薀鵑鉢┘泪襯キセキで

∩袷は少々掛かり気味ながら、押し切った強い内容。中京にも実績
┐海該廼瓩料りから力はつけている。うまく立ち回れば
ヒモは´きキ

纏めますと

□´きキ┃
│´↓きキ

Oddsは…
上の方は
142.8〜4225.1倍
下の方は
99.2〜2680.1倍

今日の勝負Race・フェアリーS5

今日も的中する事を祈り予想を(^o^)

まずは、中山から

11R フェアリーS

軸はエイシンアモーレで良いと思います。
勝負を賭けてる瀬戸口厩舎ですし、父がスプリンター血統なので(^^)v

ヒモは、きキЛ

纏めますと…
3連単 1着固定流し
→きキЛ
穴なら
→きキЛ

両方とも、20点です。

Oddsは…

上の方は
134.4〜6137.9倍
下の方は
264.8〜19762.7倍

とアツイ方はサクセス出来る配当ですね!

今日の勝負Race 予想回顧3

昨日の勝負Raceは中山11Rのディセンバーステークスでした。

結果は…

1着グレイトジャーニー
2着.灰好皀沺璽戰薀
3着マイネルレコルト

配当は、三連単だけですが21180円でした。

予想ですが、ばっちり本線で的中となり喜ばしい状況です\(^O^)/
軸に押した2頭+今週のblogでも触れた地方騎手の,絡む予想通りの展開でした。

断然人気のキングストレイルは4着に終わりました(^^;)
やはり、中山ではデザーモ騎手は割引と考えで良いと思います。少なくてプラスアルファは無いと考えで大丈夫でしょう。
勢いに乗り、今日の3重賞も的中させてサクセスしたいと思います。

予想は、後ほどUpします
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ