どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

2006年07月

日曜日の回顧〜小倉記念☆

小倉記念、スウィフトカレントが重賞初勝利を飾りました(^-^)/☆
ゆっちー













1着スウィフトカレント
2着ヴィータローザ
3着ゥ縫曠鵐團蹈ース

馬 単→   19990円
3連複キ  205630円
3連単ァ。隠娃隠苅僑械葦漾


配当は、大荒れの結果でしたねぇ〜…(^^;)
では、レースの回顧を・・・。


 30日、小倉競馬場で行われたサマー2000シリーズ第3戦、小倉記念(GIII・芝2000m)は、福永祐一騎手騎乗の4番人気スウィフトカレント(牡5、栗東・森秀行厩舎)が、道中後方追走から直線で内を突き、7番人気ヴィータローザに1.1/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムの1分57秒8(良)は、昨年の同レースでメイショウカイドウが記録した1分58秒0を0.2秒更新するレコードタイム(^-^)/
さらに1.1/4馬身差の3着には9番人気ニホンピロキースが入り、1番人気のメイショウカイドウは6着に敗れてしまいました…(-_-;)



 勝ったスウィフトカレントは、父サンデーサイレンス、母ホワイトウォーターアフェア(その父Machiavellian)という血統。半兄に05年安田記念(GI)を制したアサクサデンエン(牡7、美浦・河野通文厩舎、父シングスピール)がいる。03年12月にデビューし、2戦目で初勝利。その後は中距離の特別戦で安定した走りを続け、格上挑戦となった前走の日経新春杯(GII)はアタマ差の2着に惜敗しており、今回が重賞初勝利となった。通算成績22戦6勝(重賞1勝)。

 鞍上の福永祐一騎手は、ラインクラフトで制した阪神牝馬S(GII)に続くJRA重賞制覇で今年5勝目(通算56勝)。管理する森秀行調教師は、ステキシンスケクンで制したアーリントンC(GIII)に続く今年のJRA重賞2勝目で、通算33勝目となった。

 スウィフトカレントは今年から創設されたサマー2000シリーズの第3戦を制したことで10ポイントを獲得。現在11ポイントのメイショウカイドウに次ぐ2位タイとなった。第4戦の札幌記念(GII)は、8月20日に札幌競馬場で行われます☆




予想の反省とレースの感想ですが・・・・(^^;)

感想ですが、小倉記念は、サマー2000シリーズで初めて荒れましたが、荒れ過ぎでしたね(笑)
スウィフトカレントは、予想の時にも書きましたが、休み明けで評価は難しかったと思われ人気を落としていました。が、前走を見ても今回のこのメンバーよりも一枚上のメンツと戦っていましたから、この結果はある程度納得ですね☆
馬も頑張りましたが、福永騎手は珍しく良い騎乗をしたと思います(笑)

そしてヴィータローザ&上村騎手は惜しかったですね…勝ち馬とはハンデ差と内外の距離差で勝敗を分けた形になってしまいました。
このコンビの継続を望みたいですね(^o^)/

カイドウ&コンゴウは、互いを意識していましたから、この結果は仕方ないです…カイドウに関しては懸念していた事が起きたように思います。
次走、巻き返しは十分可能ですし、人気を落とすようなら美味しいと思われます☆



では、予想の反省を・・・

予想は↓

三連単・1着固定流し
、きキ

三連単・軸2頭流し
き→´キ
´→きキ

三連単・Box
´き×500円


予想の結果はダメでしたが、何と言うか惜しかったような気がするのですが・・・◎ぅ灰鵐乾Ε螢シオーと○サンレイジャスパーの2頭軸は、見事に不発でしたが(笑)▲.瓮ぅ轡腑Εイドウと注スウィフトカレントの2頭軸は・・・一瞬を見させて貰いましたよ(笑)
と、言うか的中した気分だったのですが・・・豊さんよ〜仕方ないけど、あそこまで惜しい結果だったら何とか3着になって欲しかったよ・・・(-_-;)
ちなみに、もしも3着にメイショウカイドウが入っていたら・・・30万〜40万の配当でしたね(^^;)
小倉の鬼であるメイショウカイドウなら最悪でも3着と思っていましたから・・・orz
けど、スウィフトカレントと▲ヴィータローザの美味しい馬単はゲットしたので全滅よりは良いと思うことにします(笑)



もう一つのBlog予想は↓


函館9R・UHB杯

◎.屮襦璽轡腑奪肇ン
○▲┘▲縫奪ス

相手は
ダイワパッション
ぅ瀬鵐好ブサロメ
メジロモーガン
トールハンマー
ツルガオカハヤテ



結果は・・・

1着ツルガオカハヤテ
2着トールハンマー
3着▲┘▲縫奪ス

馬 単 →  5320円
3連複 ↓  6100円
3連単 ◆。苅隠牽苅葦


見ての通り2頭軸で勝負したのが間違いでした(笑)
1頭ずつの軸で勝負するつもりだったのですが、予想のUP直前にこのレースに投資するお金をケチりまして・・・このザマですよ(^^;)
まあ、タラレバですから仕方ないですね・・・でも悔しいです(笑)軸の1頭とヒモでの決着で4万馬券ですからねorz

そんな訳で日曜日は完全に守りに入ったお陰で大怪我はしなくて済みました☆
7月の月間トータルも5月以来、2ヶ月ぶりにプラスで終わらせる事が出来ましたし、昨年の事を思えば大満足の7月でした☆
いよいよ夏競馬も中盤→終盤になる8月を迎えますが、何とかこのままの調子で頑張りたいと思います(^-^)/☆





昨日のキングジョージの関係者コメントを追記しておきます☆

【橋口弘次郎調教師】
 とても残念だ。先頭に立って、あと100mをきっていたのに惜しかった。ホームとアウェーの違いが出た。ジャパンCに今回先着を許した2頭が来たら、今度は逆転できる。是非、ジャパンCに来てほしい。凱旋門賞ではディープインパクトに頑張ってもらいたい。

【C.ルメール騎手】
 よく頑張った。最後の100mでバテてしまった。アスコットはタフなコースだから、4か月ぶりのレースというのも影響したかもしれない。悔いのないレースはできた。

本日の勝負Race♪小倉記念他☆

ハーツクライの頑張りに負けないように、本日の予想も頑張りたいと思います☆


小倉10R・小倉記念


◎ぅ灰鵐乾Ε螢シオー
サマーシリーズのBonusを狙うこの馬に取って、大事なこのレース。
ここで落とせば、メイショウカイドウに逆転は出来なくなります。
持ち味のスピードを生かせる舞台ですし、対メイショウカイドウのハンデ差は前走よりも広がりチャンスです。

○サンレイジャスパー
この小倉はデビュー直後に2連勝したベストのコース。
メイショウカイドウと8.5舛離魯鵐悩垢發△衞毒呂蕕靴だ擇賁を期待出来ます。

▲.瓮ぅ轡腑Εイドウ
説明不要の小倉の"鬼"
気になる不安材料は、ハンデが59.5繊榮鸛ボケが心配な点。


注スウィフトカレント
6ヶ月半の休み明けですが、前走の日経新春杯は2着。アドマイヤフジやインティライミとの接戦を演じ、今回の出走メンバーよりも戦ってきたレベルは一枚上。
テッポウ実績〈2・0・0・0〉もあり55舛侶撻魯鵐如一発は十分にあります☆

相手は
ヴィータローザ
サイレントディール
ツルマルヨカニセ

は休み明けは走るので、この馬からの勝負も面白いかも☆
上村騎手の久しぶりの重賞Vもある!続きを読む

F-1・ドイツGP予選〜琢磨新車で好感触☆




F1第12戦ドイツGPは、29日ホッケンハイム・サーキット(1周4.574繊砲埜式予選が行われました。

今回ドイツGPからSA06を投入したスーパーアグリは、佐藤琢磨が1分17秒185で19番手。
「SA06は動きがいい」と切れのいい走りを見せて、ライバルのMF1・トヨタのモンティエロを上回りました。エンジン交換でグリッド降格するマシンが2台あるため、決勝は今季自己最高タイの17番グリッドから上位を狙います(^-^)/☆

一方、このレースからレギュラードライバーに昇格した謙虚さのない(笑)山本左近は予選前のフリー走行でクラッシュ…(-_-;)
まだ、2台しか完成していない大事な新車を壊してしまいました(-_-#)
結局、予選には修理が間に合わず、旧型のSA05のTカーで自身初の予選に臨み21番手に終わりました(^-^)
まあ、ヤツの談話によりますと…攻め過ぎたらしい。旧型になったのは自業自得ですね…(-_-;)続きを読む

ハーツクライは3着…キングジョージ裟&クイーンエリザベスDS




◆キングジョージ6世&クイーンエリザベスDS結果◆

1着ハリケーンラン
2着エレクトロキューショニスト 1/2
3着ハーツクライ 1/2
4着エンフォーサー 1.3/4
5着マラーヘル 1.1/2
6着チェリーミックス 1/2

レースは、C・スミヨン騎手騎乗の1番人気ハリケーンランが、道中2番手追走し最終コーナーで一旦は順位を下げましたが、直線で内からしぶとく伸びて、3番人気エレクトロキューショニストを抑えて優勝しました。

勝ちタイムは、2分30秒29

日本から参戦した注目のハーツクライは、2番人気に支持され直線で一旦は先頭に立つなど見せ場を作りましたが…Goal手前で失速して3着に終わりました(>_<")続きを読む

土曜日の回顧〜HTB杯他☆

ハーツクライのキングジョージ発走まで、あと僅かの時間になりましたね☆
何だか緊張してきたような…(^^;)

本日の競馬はお蔭さまでblog予想も個人的な馬券も良い結果に終わり、気分良く観戦出来ます(^-^)/
明日、二桁万円負けしない限り今月はプラスになりそうです☆
明日もこの調子でいきたいですが…(^^;)

では、レースの回顧をします。

函館9RHTB杯は、アンカツ騎乗のスズカフェニックスが、道中中団追走から4角で先頭に並びかけると直線で抜け出し勝ちました。
2着には.團汽離僖好謄ーユ・3着には▲轡礇疋Ε殴ぅ匹入りました。

また、人気を集めたネヴァプションは5着、ピサノパティックは7着に終わりました。

馬 単→ 9320円
三連複´↓ 7770円
三連単´ 49590円

予想ですが、男・藤田騎手が騎乗した▲轡礇疋Ε殴ぅ匹鮗瓦ら勝負しましたので、3着になりましたがマルチのお陰で的中となりました(^^)/☆

もう一つのblog予想、新潟の尖閣湾特別は…◎にしたアフリカンビートは勝ちましたが…(^^;)

2着に来たΕ妊アプルーデンスは、どう検討しても買えません(笑)
流石は穴の江田騎手でした…三連単は68万馬券と大荒れでしたね(^^;)続きを読む

北海道の景色シリーズ






labrador6さんやNEOさんが、興味を抱いた『日本海オロロンライン』を紹介したいと思います☆

日本海オロロンラインとは南は小樽から最北は稚内までの道のりを言います。
最初の画像から解ると思いますが日本海の海沿いを走る全長は約330舛任

次は『黄金岬』場所はオロロンラインの中間点の留萌市にあります。
日本海の岬は何処も綺麗な夕日が見られますが、ここの夕日は最高です。太陽が、海も黄金色に染め上げる絶景を楽しめる事からこの名か付いたとか…。
以前紹介した『黄金道路』とは全く関係はありません(笑)続きを読む

本日の勝負Race♪HTB杯他☆

今日の深夜は、いよいよハーツクライが出走するキングジョージが行われますね(^-^)/☆
正直、本日は日本の競馬よりも英国の方に神経がいっていますけど(笑)気分良く見られるように頑張りたいと思います☆

函館9R・HTB杯

◎▲轡礇疋Ε殴ぅ
前走は折り合いスムーズな競馬。昇級になりますが、形だけですし函館の馬場に適性があるので連勝に期待。

○ピサノパティック
前走の競馬も良かったですし、今週の調教も良い動きでした。
相手なりに走る馬なので典さんの騎乗に期待。

相手は
.團汽離僖好謄ーユ
スズカフェニックス
ぅ灰好皀離ぅ
Д優凜.屮轡腑
┘疋蝓璽漾璽ペラ

三連単・軸1頭流し
□´きЛ┃
三連単・Box
↓А500円


新潟10R・尖閣湾特別

◎アフリカンビート
前走は出遅れが全ての敗因。スタートを決めて流れに乗れれば巻き返しは可能と思います。

○Д轡襯ーステラ
前走は展開に泣かされ追い込みましたが、4着に終わりました。
ただ、力負けではないはずなので期待したいと思います。

▲ぅ侫襯凜クトリー
私と相性は最悪な蛯名騎手なので、信頼性は?ですが前走の大外を回るロスの走りから力はあるはず。続きを読む

北海道の景色シリーズ

先日予告していたように同僚の写メから提供された?(笑)道北の景色を紹介したいと思います☆
まずは、以前にも紹介した最北端『宗谷岬』を以前『景色シリーズ1』の時は夜でしたが、今回は昼です。



続いては『ノシャップ岬』ここは、宗谷岬に次いで最北にある岬です。
遠くに見える山は利尻島です。また、夕日の鑑賞ポイントとしても有名な場所です☆
宗谷岬とはまた違った最果てを感じさせてくれる岬と思います(^-^)/


続きを読む

小倉記念・考察2〜コース巧者に注目☆

「サマー2000シリーズ」は、先週の函館から一気に南下して今週は小倉に舞台は移ります。
先週の函館記念は、函館巧者のエリモハリアーが勝ちましたので、小倉記念もコース巧者に注目したいと思います。

"小倉の鬼"メイショウカイドウは当然として、『サンレイジャスパー』・『ツルマルヨカニセ』も魅力いっぱいです。

サンレイジャスパーは、3走前に1000万条件を快勝すると、準オープン初戦のむらさき賞でもC紊塙チしました。前走は勇敢にG轡沺璽瓮ぅ稗咾膨戦。勝ち馬の末脚に屈したものの、直線ではいったん抜け出して着と見せ場を作りました。
「やったと思ったけど、あれで差されたのは仕方ない。でも馬は確実に力をつけているよ。以前は勝負どころで、ついていけなかったけど最近はそんなことがない。自分から動けるようになった」と、三浦厩務員は語っていました。

確かに振り返ると、小倉では〈2・0・1・0〉と相性は良いですが、3角では置かれ気味。それでいての好走でした。
本格化した今なら、もっと楽にレース運びが出来るはずです。前走後はこのレースを目標に仕上がりも万全です。51舛侶撻魯鵐任鮴犬せれば、アッと言わせても不思議ではありません。続きを読む

先週の新馬勝ちをCheck☆

直線1000辰鮠,辰拭撻瓮献蹈▲澄璽蕁曚浪速馬メジロダーリングの初産駒。3番手からあっさり抜け出し快勝。
時計は並でしたが、楽な内容だったので能力はありそう。ただ、返し馬の動きを見ますと脚さばきが硬い?印象がありましたので、先々はダート馬になる可能性もありますね。

芝1600辰痢撻泪ぅ優襯蓮璽弌璽鼻曚蓮8番手追走で、直線は外から豪快な差し切り勝ち。
手綱を取った藤岡騎手は「気性は素直だし、折り合いに心配はないので距離が延びても大丈夫。追い切り本数が1本だけでこの内容だから先々楽しみです」と評価。
ちなみに、父ニューイングランドはSS産駒で、種牡馬ウッドマンの甥にあたる良血。

函館芝1200辰痢撻咫璽咫璽ルダン】は3F33.9秒のHペースでの逃げ切り勝ち。
勝ち時計は標準でしたが、ダッシュ力は非凡なものがありました。
父がチーフベアハートで、母オールザチャットはニュージーランドの良牝。良いマイラーになりそうな予感がします。続きを読む

交流G鞠蓮Ε侫譽鵐疋轡奪廚屈腱炎?



7月12日に大井で行われた交流G機悒献礇僖鵐澄璽肇澄璽咫次戮能転渊蘋覇を飾ったフレンドシップ(牡3・栗東・角居)が、左前脚に屈腱炎を発症していることが27日明らかになりました(>_<")

同馬はレース後、宮城県の山元トレセンに放牧に出され、20日に札幌競馬場に入厩していました。同競馬場で違和感のある左前脚についてエコー検査を受けたところ…屈腱炎と判明Σ( ̄□ ̄;)
27日に北海道千歳市の社台ファームに放牧に出され、当面は治療に専念して戦列復帰を目指すとの事です。

角居調教師は「屈腱炎との診断が出ました。非常に残念ですが、復帰を目指して社台ファームで治療にあまります」と話しました。

フレンドシップは新馬戦・未勝利と芝で大敗後、4ヶ月の休養を挟みダートに転身。
2戦2着が続いた後、3連勝し、JDDでは厩舎の先輩カネヒキリ(牡4)に続いて優勝しました☆続きを読む

好きなブライアンズタイム産駒は…続編☆



先日の上記タイトルにコメントを下さった『つぅさん』・『トップロードさん』・『キンカメさん』・『テッツさん』・『NEOさん』・『naoさん』ご意見ありがとうございましたm(__)m
皆さんの貴重な意見を聞けて嬉しく思います☆

集計結果として…(私も含め7名です。)

◆ナリタブライアン◆
(4名)

◆マヤノトップガン◆
(1名)

◆ノーリーズン◆
(1名)

◆タイムパラドックス◆
(1名)

以上の結果になったのですが、上記の馬以外では今年の新種牡馬である『タニノギムレット』の評価は皆さん高かったのが印象的ですね(^^)
やはり、あの末脚には惹かれるものがありましたからね☆

サプライズ的な答えは…ありませんでしたね(^^;)
例えば一応G鞠呂覆里納採蕕覆里任垢、マイネルマックスとか…(笑)後はダンツフレームとかですが…(^^;)

G鞠楼奮阿任蓮△海里茲Δ頁呂癲帖続きを読む

涼しさを求めて…北海道・冬の風景☆





暑い日々が続いていますね…これくらいの気温でバテているようでは本州に住んでいる皆さんには怒られますかね?(^^;)
今日は札幌は29℃らしいので…イヤだなぁ〜と思っております(笑)
そんな訳で涼しい写真を見て少しでも…と思いまして写真をUpしてみました☆
場所は、道北の田舎の風景です。
冬に走りに行った時に写真に収めたものですが…この日は確かラリーみたく攻めた走りをした記憶が…σ(^_^;続きを読む

小倉記念・考察1〜血統からの分析☆Part 2

【サンレイジャスパー】の父ミスズシャルダンはトニービンの直子で小倉大賞典を勝っています。現役時代は脚部不安に悩まされましたが、15戦して全て5着以内だったように秘めた素質は高かった。
近親に重賞4勝で、皐月賞・ダービーともに2着のサンエイソロンなどがいる良血を買われ種牡馬入りし、少ない産駒から本馬を出した。
3代母レイクチャンプレインは愛1000ギニー2着と母系の質は悪くありません。
母の父コジーンからは軽い芝に向いている軽快なスピードを受け継いでおり、平坦コースの適正は高いです。

【サザンツイスター】は菊花賞馬2頭を出した父ダンスインザダークからスタミナ・底力を受け継ぎ、母系が中距離適性と成長力をサポートしています。
祖母ルイジアナピットは牝馬G靴2勝。マイルCSでも4着に入った実力馬。
その半弟ダイカツリュウセイは新潟3歳Sを制覇。
ミスプロ系の母の父ヘクタープロテクターが軽快なスピードを伝え、小回りコースにも対応出来ますが、2000辰麓禊鈎擦ぐ象を受けます。続きを読む

小倉記念・考察1〜血統からの分析☆

七夕賞で重賞5勝目を挙げた【メイショウカイドウ】の父スキャン産駒にはテイエムメガトン(ダービーGP)・マチカネワラウカドなどダートの活躍馬が目立ちますが、舞台を芝に替えても小倉で重賞4勝を挙げている本馬の他にマイネルジャパン(函館3歳S)が重賞を勝っています。
本馬の場合、祖父のミスプロから受け継いだスピードが、芝にも対応できる源になっていると思います。
近親にはスイフトセイダイが目立つ程度で、母系の底力はあまり期待はできないため、起用さで立ち回れる小回りコースはやはりBestな舞台。

【コンゴウリキシオー】の父ストラヴィンスキーは、その父ヌレイエフ譲りの快速で6FのジュライC・5FのナンソープSと英G気2勝。
6Fの英G汽潺疋襯僉璽Sを勝ったバルモントを出しましたが、母の父サドラーズウェルズのセレナードローズは豪G気裡孱劭奪ークス(芝2500叩砲鮴しており、母系次第で距離の克服は可能です、
本馬の母の半妹ナディア(父ナシュワン)は10Fの仏G汽汽鵐織薀蠑泙鮠,繊近親のフローレスリーは芝9Fの米G汽瓮ぅ肇螢◆璽Sを3連覇しており、中距離を克服する下地はあります。
また小回り適性も高いです。続きを読む

コスモバルクに豪州G議戦プラン?



ホッカイドウ競馬のコスモバルク(牡5・田部)は、秋競馬の結果次第で、豪州の国際G汽灰奪スプレート(10月28日、ムーニーヴァレー競馬場・芝2040叩1着賞金182豪法疚1億6034万円)に挑戦プランのあることが25日に判明しました。
岡田繁幸オーナー代行が明らかにしたもので、既に予備登録(8月1日締め切り)を済ませている。
「天皇賞・秋(10月29日・東京・G擬2000叩砲暴仭できなければ、コックスプレートに向かいます。ムーニーヴァレーのコースはバルクのスピードを生かせそうです。」と説明しました。

5月に国際G汽轡鵐ポール航空国際Cを制したバルクは宝塚記念で8着に敗れた後、北海道・新冠のビッグレッドファーム明和へ放牧に出されて調整中。
秋は別定重量で62舛鯒愽蕕札幌日経オープン(9月3日・札幌・OP・芝2600叩砲濃脇依縦蠅任后続きを読む

2006年・新種牡馬の紹介〜タニノギムレット☆Part 2



父ブライアンズタイムは、3冠馬ナリタブライアン・ダービー馬サニーブライアンをはじめ、シルクジャスティス・ファレノプシス・タイムパラドックスなど、大レースに強い大物を輩出。
祖父ロベルトの底力も後押ししているようで、軌道に乗るとグングンと力を付けるタイプが多いのが特徴。
母タニノクルスタルは、アネモネS勝ち馬で桜花賞(7着)、オークス(6着)にも出走。古馬になってからも、阪神牝馬特別4着など息の長い活躍をみせました。

祖母のシーバードが底力を伝え、さらにグロースターク3×4のインプリードが爆発力を高めています。
本馬は種牡馬としても、ノーザンダンサーの血を有しておらず、サンデーサイレンス×ノーザンダンサー系といった良質の繁殖への配合も可能です。
クラシックを狙える大物はもちろん、様々なタイプの産駒が活躍しそうだと思います。

2006年・新種牡馬の紹介〜タニノギムレット

激闘の勝者を祝福するかのように、レース後には雨が上がり、東京競馬場のターフビジョンの背景には美しい虹がかかっていました。
H14年の日本ダービー。

王道を歩みながらも、野武士のような雰囲気を醸し出すタニノギムレットが、3度目のG議戦で、ついに頂点に上りつめました。
1番人気に推された主役は、最後の直線で豪快なフットワークを披露。
シンボリクリスエス・ゴールドアリュール・アドマイヤドンといった強豪ライバルを力でねじふせました。
皐月賞・NHKマイルCでは不利もあり3着に敗れましたが、破壊力抜群の豪脚で悲願のG汽織ぅ肇襪魍容澄この爆発力のある末脚が最大の武器ですが、強靭な肉体・堅実な走り・守備範囲の広い距離適性といったセールスポイントも見逃せません。

皐月賞→NHKマイルC→日本ダービーと春G3戦を消化。3歳馬には過酷とも思われるローテーションを、全て1番人気で駆け抜けました。
心身のタフさに加えて、生涯成績も8戦5勝、2着1回、3着2回でワイド率は100%という堅実派。
重賞もシンザン記念・アーリントンC・スプリングS・そしてダービーの4勝をマークし、1600叩2400辰泙派広い距離適性も示しました。

好きなブライアンズタイム産駒は…



以前から書きたかったこのテーマを書かさせてもらいます(^^)

一時はSSと肩を並べるくらい活躍した種牡馬だったのですが、近年の落ち込みは…悲しくなるばかりです(>_<")

代表産駒を挙げたいと思います。
※G鞠呂鮹羶瓦覆里任垢…(^^;)

☆ナリタブライアン☆
(3冠・有馬記念・朝日杯3歳S)

☆マヤノトップガン☆
(菊花賞・有馬記念・宝塚記念・天皇賞(春))

☆サニーブライアン☆
(皐月賞・ダービー)

☆シルクジャスティス☆
(有馬記念)

☆タニノギムレット☆
(ダービー)

☆ダンツフレーム☆
(宝塚記念)

☆ノーリーズン☆
(皐月賞)

☆マイネルマックス☆
(朝日杯3歳S)

☆タイムパラドックス☆
(JCダート・川崎記念・帝王賞・JBCクラシック)続きを読む

今週の重賞は・・・・小倉記念☆

656a77c6.jpg七夕賞・函館記念に続くサマー2000シリーズの第3弾の小倉記念。

注目は、七夕賞を快勝したメイショウカイドウでしょう。
前走は初の福島コースと59舛離魯鵐任不安視されましたが、地力の違いを見せ付け重賞5勝目をマークしました。今回は、過去重賞4勝を挙げている得意の小倉が舞台です。今年から施行時期が2週間早くなりましたが、条件などは変更無く、小倉記念3連覇のチャンスは十分と言っても良いと思います。

坂口正大調教師は「この中間も順調に調整できている。今回もハンデは重くなるだろうから、自分との闘い」と言うように、前走以上のハンデは間違いなく、酷量を克服できるかが最大の焦点になりそうです。

金鯱賞Vに七夕賞も2着と安定しているコンゴウリキシオーが逆転候補の1番手になるでしょう。
「前走は馬場が荒れていた分、妙に折り合いがついてしまった。馬場が良くて時計の速い決着になれば・・・」と、芦谷助手は巻き返しに意欲を燃やしていたとの事。
少々の速いペースで逃げてもバテないのが強み。馬場が良ければ後続がつかまえるのが難しくなりそう。

他には、G競札鵐肇薀覽念勝ちなど実績上位のヴィータローザ・小倉巧者のツルマルヨカニセの橋口厩舎の2頭もチャンスはありそう。
マーメイドS2着のサンレイジャスパーも小倉に実績があり侮れない。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ