どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

2006年08月

ディープインパクトがテレビCMに登場

 JRAは31日、ディープインパクトの凱旋門賞挑戦をテーマにしたテレビCMを9月4日(月)より放映すると発表した。詳細は以下の通り。


【タイトル】
「凱旋門賞−挑戦」篇 30秒・15秒



【放映メディア】
・競馬中継番組内
・提供番組内
・JRA競馬場・ウインズ場内テレビ
・JRAホームページ
※JRAホームページでは、「ビデオインタラクティブ」、「日本馬海外遠征特集」内で、「凱旋門賞−挑戦」篇(30秒)が視聴できる予定。

>【放映期間】
9月4日(月)〜10月1日(日)



ディープインパクトの凱旋門賞挑戦をテーマにしたテレビCMが、放映されるとは・・・・見逃せませんね(^_^)

続いては、その凱旋門賞に向けてのディープインパクトの様子です☆





インパクトもう完調、仏G2馬を圧倒




 10月1日の凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、ロンシャン競馬場)に向け、シャンティー調教場で調整中のディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎)が30日、2000メートルの直線芝コース(レゼルヴォワー)で5ハロン68秒台の時計を出した。渡仏後初めてとなる強めの追い切り。併せた地元のG2優勝馬を8馬身後方から差し切り、順調な仕上がりを印象付けた。
 ディープインパクトは欧州G2馬さえ相手にしなかった。直線芝コースで行われた追い切りは、パートナーを7、8馬身後方から追いかける形で始まった。
 スタートから100メートル置きに書かれた数字を目印に、池江助手は400メートル地点からキャンターへ移行。最初の1ハロンは14秒台でゆったり入った。なだらかな傾斜に合わせるようにして気分良く歩を進める。徐々にスピードを上げたラスト800メートル地点。「最後はパスして」というフランス馬の乗り役の言葉に、池江助手はパートナーの右後方へインパクトを導く。それだけで十分だった。自ら行く気を見せるとスーッと前へ。頭ひとつ前へ出てフィニッシュした。「こっちも最後まで手綱は引っ張ったまま。もう、ゴール前は自分でハミを取るようになっているよ」。満足そうな言葉に、順調な仕上がりがうかがえる。
 池江助手が手首につけた時計型のストップウオッチで、5ハロン68秒は渡仏後で最速のタイム。ラスト1ハロンは13秒を切る脚を使った。「ちょっと速いかと思ったけど、先生に電話したら『そろそろ、それぐらいの時計を出してやらなアカンからな』って言われて、ホッとしたよ」と同助手。4日にはトレーナーが再渡仏して愛馬の様子を確認する。「水曜日はあと4回あるから、4本は時計を出す。本当にあっという間。でも、ここまで順調にきたから」。池江助手の声の明るさがインパクトの状態の良さを物語る。決戦の日まで1カ月。「平成の天馬」が動き出した。


調整は順調のようですね(^_^)/☆
決戦まで、あと一月なんですよね・・・・時が経つのは、早いですね(^^;)

今週の重賞は…新潟2歳S他☆

今週の重賞は…新潟・小倉での両2歳Sです。

新潟2歳Sは、芝1600胆錣任后
2歳戦といえば…まずは『マイネル・マイネ軍団』のラフィアンです。
今年の2歳戦の勝ち鞍は早くも『11』。
もちろん、2歳馬主リーディングではトップの成績で、先週のクローバー賞を圧勝したイクスキューズもラフィアンの代表・岡田総帥の持ち馬です。
この新潟2歳Sにも大挙6頭が登録してきた。

中でも注目は、前哨戦のダリア賞を勝ったマイネルレーニアです。
京都のデビュー戦こそ不良馬場で着になりましたが、新潟に遠征して未勝利・ダリア賞はそれぞれ着馬に4馬身差・5馬身差をつけて圧勝しました。
勝ちっぷりは文句なしである。

さらにダリア賞の勝ち馬は本番でも好成績を収めています。
過去10年間で↓不I塢圻´´C紂
出走してくれば必ず馬券対象になっています。

一昨年、ダリア賞→新潟2歳Sを連勝したマイネルレコルトに続く可能性は十分あります。

打倒マイネルの1番手は小倉のフェニックス賞で着したシャルマンレーヌか?1200胆錣靴使っていませんが、父ダンスインザダークで、母がジョージビューティがG轡侫薀錙治叩Γ猫競ークスTR各着という血統。距離延びてこそのタイプでマイルの距離延長はプラスになるはずです。
また典さんが、『この馬が現時点の2歳で1番』とベタ褒めしたゴールドアグリ・1800胆錣埜緤一気と勝ち方が良かったニシノコンドコソもチャンスは十分。

さらに個人的に期待しているのは、スペシャルウィーク産駒のPO馬マルカハンニバル。
ダリア賞2着からの巻き返しを狙います。デビューから全て3着以内を確保している堅実な戦績を挙げていますし何より2歳戦のこの時期はキャリアがモノを言う時もあります。
前走では、後方から追い込んで2着に入りました。距離延長される今回は、マイネルレーニアを逆転する可能性もありそう。


1200胆錣両倉2歳Sは、フェニックス賞馬シルバーストーンを巡る争いか。
シルバーストーンは2勝とも千二を差して勝ったのが強調できます。
それも初戦では道悪も克服、良馬場の2戦目は1分8秒3と速い時計にも対応しました。
紛れが多い2歳戦で、どんな状況でも力を出し切る安定感があるのは心強い。
テンが速い馬が揃ったメンバーだけに、この馬がVの最短距離にいると言って良さそう。

実績では先週のひまわり賞を勝ったコウセイカズコも2戦2勝ですが、こちらはともに九州産限定戦で時計も平凡。今回は連闘でもあるし、厳しいと思います。

これなら今年の小倉2歳戦で千二最速時計1分8秒2を持つアストンマーチャン・千辰悩蚤56秒8のデンタルスピリットが上でしょう。
アストンマーチャンのこの時計は着時とはいえ勝ち馬とはクビ差。
2戦目には1分8秒台で勝っておりスピード勝負なら怖い存在です。

ニシノマオは函館2歳Sを勝った同馬主ニシノチャーミーと同じサクラバクシンオー産駒。
初戦の1600胆錣任發泙譴新亳海發△襪世韻縫沺璽は必要と思います。

ちょっとした小話

皆さん、こんにちは(^_^)/



私は昨日残業でしたが、皆様より労いのお言葉を頂きまして、やる気が出ました☆
ホントにありがとうございましたm(__)m



ここから、本題の小話なのですが…(^^;)



昨日、残業していた時に同僚と話しをした時にblogのネタになりそうな事を提供してくれたのですよ(笑)



『コンビニのおにぎり』なんですが…



皆様は、温める派? 温めない派?どちらでしょうか??



同僚は、絶対温める派なんですよね(^^;)
※海苔が、しんなりしている方が好きとか?はたまたパリッとしている方がとかの理由までは追求しませんでしたがw



家で作った場合は温めないでしょ!と、私が言っても彼は温めた方が上手いと譲りませんでしたよ(笑)





確かに、考えてみればその昔、私が某コンビニでバイトをしてた時は、おにぎりを買ったお客さんには



『おにぎり温めますか?』





と、必ず聞きましたね ・・・(^^;)





でも、関東から来た同僚の話では温めないとの事で、どうやらおにぎりを温めるのは北海道だけらしいけど…(^^;)




真実は…皆さん良かったら教えて下さいm(__)m





以上、つまらない質問を書きましてすみません(^^;)

先週の新馬勝ちをCheck☆

新潟1800辰蓮関西馬【エーシンマーメイド】が、評判の外国産馬ダイワエンパイアとラスト2Fから壮絶な叩き合いを演じ、クビ差競り勝ちました。
沖調教師が『秋の中京まで待つことも考えていた』と話したように、486舛稜和里詫祥技弔掘
それで、こんなしぶとい競馬が出来るのですから将来有望です。
『今後は1800〜2000辰鮖箸辰討いたい』。
父がダンスインザダークで、母エイシンモンテレーは、伯母に米G毅仮’魯ーヴァーオールを持つ血統。
オークスを目指せる可能性のある馬です。

芝1200辰蓮悒肇Εイシグナル』が、好スタートからハタノワイズとの先行争いを制しての逃げ切り勝ち。勝ち時計1分10秒4は強調出来る材料ではありませんが、田中勝騎手は『ブラックホーク産駒でいいスピードがあるね。今日は逃げたけど、気性が素直だし、どんな競馬もできそう』と。
血統は母トウカイラブコールが米国種牡馬ブロードブラッシュの姪で、質は悪くはありません。


札幌は1200辰痢撻▲疋泪ぅ筌廛襦璽函曚1500辰痢撻▲疋泪ぅ筌悒奪鼻曚箸發縫▲疋泪ぅ筌灰検璽鷸唆陝
ともに時計面では、強調出来る要素はありませんが、アドマイヤヘッドは母スイートミナトゥーナがG轡イーンCの勝ち馬でこちらの方が奥深い印象です。

1500辰暴仭したPO馬グレインアートは8着でした。
リポートでも取り上げましたが、4コーナーからすでに手応えが妖しい感じでしたので、もう少し距離が合った方が良さそうな印象です。
次走に、期待したいですね。

Live リポートのその後…

本日は、どうやら残業が確定的でblogの更新が微妙なので、つまらない日記を書かせて頂きますね(笑)



リポートの最後にも書きましたが、その後は恒例の接待のためw急ぎで帰宅しようと駐車場へDashします…しかし、当たり前ですが皆さまも帰る時間の方々が多いわけで…駐車場→道路に出るだけで一苦労…(+_+)



ようやく駐車場から出て幹線道路に…。
※札幌市内では割と有名な幹線道路なのですが、やはり日曜日の夕方…渋滞に巻き込まれましたよ(-_-;)



しかも、この日は北海道マラソンの交通規制の影響も少しあったようです…(>_<)





当然、約束の時間には間に合わず…帰宅早々いきなり文句を言われる始末…(-_-;)





『精一杯急いだつーの!!』(-_-#)





↑得意の?逆ギレで切り返しますw






その後何とか機嫌も直りこれを食べに行く事に…ホントは先週行く予定だったのですが、私が予定を潰しました(爆)

一灯庵と言うお店にスープカレーを食べに行ったのです(^^;)
※このお店には、北海道の大スター大泉洋も来店したことがあるとか・・(^_^)


ちなみにスープカレーの美味しい店と言うと・・マジックスパイスと言う名のこのお店も有名ですけどね・・・・(^^;)



スープカレーですが、ウチのは喜んで食べておりましたが、私個人的には、もの凄く中華が食べたい気分でしたので、絶賛するほどではありませんでした(^^;)
※フォローするわけではありませんがwこの店のスープカレーは上手いです(^_^)





皆さんは中華では何が好きですか?






漠然に中華料理と言ってもいろいろございますが…(^^;)
私は「エビチリ」に弱いです(笑)
後は・・・「油淋鶏」も・・・(爆)


ゆーりん


えびちゃん










今週末は、中華が食べたいなぁ〜と思ってきましたよ(^^)

日曜日の回顧〜キーンランドC他☆

2eee6eb4.jpg日曜日はこちらの記事で、ライブリポートをしたように札幌競馬場に入っておりました
(^^)/

前日は最悪な予想をしてしまい、嫌な気分でありましたが・・・やはり現地で観戦するとお馬さんからパワーを貰えるのかな?(^^*)

ホントに良い一日になりました☆

では、回顧を・・・・。



キーンランドC、チアフルスマイルが重賞初制覇



1着哀船▲侫襯好泪ぅ
2着シーイズトウショウ
3着▲咫璽淵好薀ぅ


馬 単唖 3560円
3連複↓ 2860円
3連単悪 20110円



27日、札幌競馬場で行われたサマースプリントシリーズ第4戦・キーンランドC(GIII・芝1200m)は、岩田康誠騎手騎乗の4番人気チアフルスマイル(牝6、栗東・池江泰郎厩舎)が道中は中団からやや後方を追走、直線大外から追い込むと、一旦抜け出した圧倒的1番人気(単勝180円)シーイズトウショウをゴール手前で1/2馬身捕らえて優勝した。勝ちタイムは1分08秒4(良)。さらにクビ差の3着には2番人気ビーナスラインが入った。

 勝ったチアフルスマイルは、父サンデーサイレンス、母は96年クイーンC(GIII)2着のゴールデンカラーズ(その父Mr. Prospector)という血統。祖母に88年ケンタッキーダービーなど米G1・3勝のウイニングカラーズ Winning Colorsがいる。03年8月の3歳未勝利戦でデビュー勝ちを収めた。順調に勝ち星を積み重ね、重賞初挑戦となった05年中山牝馬S(GIII)も3着に健闘した。その後も愛知杯(GIII)、06年京都牝馬S(GIII)共に2着など重賞路線で好走を続け、今回の勝利で重賞初制覇を達成した。通算成績30戦8勝(重賞1勝)。

 鞍上の岩田康誠騎手はコンゴウリキシオーで制した金鯱賞(GII)に続いてのJRA重賞制覇で今年3勝目(通算5勝目)。管理する池江泰郎調教師はディープインパクトで制した宝塚記念(GI)に続き今年5勝目(通算57勝目)となった



 大好きな北の地で、スプリント界の新星が誕生した。その名はチアフルスマイル。6F戦への挑戦は04年8月の八雲特別(1着)以来、2年ぶり。3コーナーで11番手の後方を進む姿は、久々の速い流れに戸惑っている印象すら受けた。しかし、4コーナー手前で豪快に進出。ゴール前では、懸命に粘るシーイズトウショウまで一気に抜き去った。上がり3F33秒9!!フランスに旅立った同じ池江郎厩舎の2歳後輩ディープインパクトも真っ青!?の鬼脚で重賞初Vだ。

 「びっくりしました」

 岩田も開口一番、驚きの表情。続けて「中1週でも雰囲気は良かったし、疲れも感じなかった。うまいこと展開もハマった感じ。前半、馬を怒らせながら行ったけど…。もう少し距離が長いと気を抜く面があるけど、最後まで集中して走っていたね」と、スプリント戦への確かな適性を悟っていた。

 管理する池江郎師は出張先の小倉競馬場で「切れたね。下級条件の時に1200メートルでもいい競馬をしており、期待していました」と笑顔。一方、札幌では大久保助手が「出来も良かったけど、札幌も合うのでしょう」と、コース適性の高さをアピールしていた。これで札幌芝は8戦4勝。思えば3年前の8月30日、2着に7馬身差のぶっちぎりでデビュー戦Vを飾ったのが、この札幌芝1200メートルだった。まさに“原点回帰”の思い出の舞台で重賞初タイトルだ。

 次走について、池江郎師は「体調さえ問題なければ、中1週でセントウルS(9月10日、中京)に行きます」と話した。目指すはサマースプリント初代王者。その先にはG1スプリンターズS(10月1日、中山)も視界に見えてくる。実は、インパクトが出走する凱旋門賞と同じ日。池江郎厩舎の“日仏G1同日制覇”まで、夢は膨らむ一方だ。

 


個人的な感想と予想の反省ですが・・・勝ち馬チアフルスマイルの末脚には驚きましたね(^^:)
予想の時に△にしたように、末脚の威力はこのメンバーでも上位とは思っておりましたが、ここまでの脚が仕えるとは想定外でした(笑)
中一週でしたが、パドックから雰囲気が良い感じで落ち着きもありましたからね☆
昨日も好調でした岩田騎手の騎乗もお見事でした(^^)/
念願の重賞制覇になりましたチアフルスマイルの次走は・・・セントウルS又はスプリンターズSのようです。
どちらに出走するのかは解りませんが、注目したいと思います。


シーイズトウショウは、またしても前走同様に差し切られましたね・・(><;)
馬自身は、頑張ったと思いますが・・・・若干池添騎手の仕掛けに問題があつたかな?とも思いますけど、人気を背負っていただけに仕方ないかも知れませんね。
次走は・・ちょっと不安が残る内容でしたので違う意味でw注目したいと思います。


ビーナスラインは、前走同様に強烈な末脚を披露してくれましたね(^^)/
フロック視された函館SSの勝利を改めて立証する素晴らしい走りでした。
ただ内枠がアダになりスムーズなレース運びが出来なかったのが少し残念ですね。
スムーズでしたら勝ちまではなくても2着はあったかも・・・・。
次走スプリンターズSに出走した場合、人気になるようでしたら今度は疑った方が良いかも知れませんね(^^;)
この馬は、北海道専用のような気もしますので〔爆〕


予想は、blog予想した◎シーイズトウショウと○ビーナスラインの軸2頭流しで何とか3連単と個人的に追加した◎○▲△のBOXも的中出来ましたので満足でした。
△に挙げたチアフルスマイルも勝ってくれましたし良かったのですが、▲にした5着ツルガオカハヤテには、もう少し頑張って欲しかったですね(笑)
でも、的中したのですから贅沢な発言はイケマセンよねw



続いては、新潟記念を・・・・。


新潟記念







新潟記念、トップガンジョーが重賞2連勝


1着ゥ肇奪廛ンジョー
2着┘汽鵐譽ぅ献礇好僉
3着哀凜ータローザ



馬 単ア─  。沓隠隠葦
3連複キ┃亜 。横横僑僑葦
3連単キ┃亜。隠械隠苅横葦






 27日、新潟競馬場で行われたサマー2000シリーズ最終戦、新潟記念(GIII・芝2000m)は、後藤浩輝騎手騎乗の6番人気トップガンジョー(牡4、美浦・和田正道厩舎)が道中後方追走から徐々に進出、直線で大外に持ち出すと、4番人気サンレイジャスパーをクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分57秒2(良)。さらにクビ差の3着には9番人気ヴィータローザが入り、1番人気のスウィフトカレントは4着に敗れた。

 勝ったトップガンジョーは、父マヤノトップガン、母ゴールデンノヴァ(その父ゴールデンフェザント)という血統。伯父に92年中日スポーツ賞4歳S(GIII)2着のメイキングテシオがいる。02年北海道市場にて650万円で落札されていた。04年6月にデビューし、6戦目で初勝利。重賞初挑戦となった05年スプリングS(GII)では3着に好走した。その後はラジオたんぱ賞、中日新聞杯、年明け初戦となる小倉大賞典(いずれもGIII)で5着と、重賞ではあと一歩のレースが続いていたが、前走のエプソムC(GIII)を7番人気ながら制して重賞初制覇。今回の勝利で重賞2連勝となった。通算成績21戦6勝(重賞2勝)。

 鞍上の後藤浩輝騎手は、同馬で制したエプソムCに続く今年のJRA重賞2勝目で、通算33勝目。管理する和田正道調教師も同じく今年のJRA重賞2勝目で、通算では9勝目となった



 競走馬が充実期を迎えるといわれる4歳秋。まさにその言葉通り、トップガンジョーが本格化といえる内容の競馬で古馬中距離路線に躍り出た。

 先行して押し切った前走のエプソムCとは全く違うレースぶり。やや出遅れたスタートを切ると、慌てず後方5番手に控える。新潟特有の長いバックストレッチで、折り合いをつけながら脚をタメて行く。以前のように行きたがるそぶりも見せなかったのが、この馬の成長ぶりの1つだった。

 馬場の内側が荒れ始めた3、4コーナー。後藤はいいところを選び、あえて外側を回る。そして直線は思い切って大外に持ち出す。手応えは絶好。馬なりのまま次々と手応えのなくなった馬をかわしていく。残り300メートル。離れた外から先頭に立つと、あとは左ステッキ連打。外ラチに向かって伸びても、まだ手を緩めない。そして残り50メートル。内から伸びてきたサンレイジャスパーを絶妙な手綱さばきで首差抑え込み、重賞連覇を達成した。

 後藤も、してやったりの表情。「調教でまたがった時も気性の激しさを見せていただけに、折り合いには気を使った。そこがうまくいったし、流れに乗れた。外に出すタイミングもぎりぎりまで待ち、予想以上にいい脚を長く使ってくれた」とレースを振り返った。

 前走は先行押し切り。今回が長い直線を生かしての追い込み。新たな面を引き出しての勝利に後藤は「一戦ごとにこの馬の成長を感じるし、違った勝ち方ができるのは能力のある証拠。この馬とはこれで3戦3勝と相性がいいし、G1に挑戦するのが楽しみになった」と満足げな表情を見せた。今後は毎日王冠(10月8日、東京)から天皇賞・秋(同29日)という王道路線を進むが、秋に旋風を巻き起こす可能性は十分ある。

 ▼トップガンジョー 父マヤノトップガン 母ゴールデンノヴァ(母の父ゴールデンフェザント)牡4歳 美浦・和田厩舎所属 馬主・河内孝夫氏 北海道新冠町ハシモトファーム 戦績21戦6勝 総収得賞金1億8041万9000円 主な勝ち鞍はエプソムC、新潟記念。1分57秒2はサンプレイスが持つレースレコードにあと0秒2と迫る史上2位の勝ちタイム



個人的な感想と予想の反省ですが・・・勝ち馬トップガンジョーの激走には驚きましたね(^^:)



一応、ヒモにはしてたものの、あんな末脚を使える馬だったとは驚きました。
休み明けでどうかな?と思っておりましたが、短期間でパワーアップをされていたようですねw
後藤騎手とはこれで3戦3勝と相性がいいみたいですし、今後も楽しみです。



サンレイジャスパーは、牡馬相手によく頑張りましたよね。
中団追走から直線で外に持ち出すと鋭い末脚を披露しました。また、佐藤哲も良い騎乗を見せてくれました。
この内容なら秋のエリザベス女王杯も楽しみな存在と言えると思います。


ヴィータローザは、前走同様に見せ場たっぷりの走りをしてくれましたよね☆
トップハンデの影響が心配されましたが、最後までしぶとく走り0.1秒差でしたからね。
上村騎手も素晴らしい騎乗でした(^^)/
このコンビの継続を期待したいですね。




1番人気のスウィフトカレントは4着に敗れましたが・・・・

 「サマー2000シリーズ」は4着に入ったスウィフトカレント(牡5、栗東・森)が初代王者となった。
 スウィフトカレントが“接戦”を制し、5000万円のボーナスを手にした。小倉記念を勝って臨んだ新潟記念。後方から直線勝負にかけたが、いまひとつ伸びきれず4着に終わった。「最後はポイントを計算しながら見ていた」と森師が苦笑したように、函館記念の覇者エリモハリアーと13ポイントで並ぶ(上位着順の差で優勝)際どい判定勝ち。
 「勝って決めたかったけど、そうはいかなかった」と森師。コース取りが勝敗を分けた。道中はトップガンジョーのすぐ後ろ。先行集団を見ながら、直線はコースの内目へ。馬群をこじあけて脚を伸ばしたが、やはり荒れた馬場に脚を取られ、ジリジリ伸びるのが精いっぱい。勝ち馬をとらえるどころか2、3着馬にも先着を許した。福永は「勝ったトップガンジョーとは同じ位置にいたのに、差し切られた。もっと外に行った方が良かったのかな。でも、チャンピオンを取れたのが救いです」と話した。
 重賞連勝はできなかったが、休養前の日経新春杯2着を含めて、力を付けているのは間違いない。森師も「(初代王者は)何とか取りたいと思っていた。体が弱かった馬が、このようになってくれてうれしい。この後は天皇賞(秋)を目標にしたい」と語った。サマーチャンプの称号を手に、これからG1戦線での主役を目指す。





>福永は「勝ったトップガンジョーとは同じ位置にいたのに、差し切られた。もっと外に行った方が良かったのかな。でも、チャンピオンを取れたのが救いです」



個人的には『はぁ〜(--;)』ですね(苦笑)


予想の反省ですが、↑の福永騎手の扱いからも推定できるとは思いますが、◎スウィフトカレントと○ヴィータローザの2頭軸と◎スウィフトカレントと▲サンレイジャスパーの2頭軸で勝負しました

1着だったトップガンジョーもヒモには押さえていましたが・・・


○と▲の2頭軸も買っておけば的中でしたが・・・orz




ここからは、個人的な回顧ですが、札幌2Rの馬単と3連複をゲットして幸先の良いスタートになります。
札幌は、その後は観戦モードに入りほとんど買わず(笑)7Rでちょっと買いましたが不発で、再び観戦モードに(笑)後は、先ほども書きましたが、キーンランドCを的中出来ましたので日曜日は、プラスの一日になりました☆
しかも、最終Rも『男』藤田騎手のおかげで的中していたことが、夜になって解り藤田騎手様さまの一日でしたよ(笑)

お蔭様で8月もプラスで終わることが出来て嬉しい限りです☆
苦手な夏競馬を二ヶ月連続で乗り切れるなんて・・・夢みたいですw
9月もこの調子で頑張りたいと思います(^^)





感謝の気持ちからもう一度取り上げます☆

藤田騎手








藤田伸二騎手、JRA通算1万回騎乗達成



 27日、札幌2Rでノボキッス(1着)に騎乗した藤田伸二騎手(34、栗東・フリー)は、同レースで史上16人目となるJRA通算10000回騎乗を達成した。91年3月2日に初騎乗してから15年5か月と26日での到達は、武豊騎手(14年11か月と23日)に次ぐ史上2番目の速さとなった。

 同騎手はタケノベルベットで92年エリザベス女王杯(GI)、フサイチコンコルドで96年日本ダービー(GI)を制すなど、JRA重賞通算69勝(GI・9勝)を挙げている。今年はマッキーマックスでダイヤモンドS(GIII)、トーホウアランで京都新聞杯(GII)、デアリングハートでクイーンS(GIII)を制している。


今後の益々のご活躍を期待したいと思います☆






さらに競馬ニュースを・・・・




武9・3ロンシャンで仏G1に急きょ参戦


 ディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎)で凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月1日)に参戦する武豊騎手(37)が、夢舞台と同じロンシャン競馬場のG1に急きょ騎乗することが27日、分かった。レースは9月3日のムーラン・ド・ロンシャン賞(仏G1、芝1600メートル)。同レースには94年にスキーパラダイスで挑戦し、日本人初の海外G1制覇を達成しています。
 手綱を取るサトリ(牡4)は6日のモーリス・ド・ギース賞(仏G1、芝直線1300メートル)で1番人気に支持され2着に入った強豪。同レースには武騎手もリンガリで挑戦して6着だった。今夏のドーヴィル遠征では2勝を挙げているが「ロンシャンで乗るのは久しぶり。チャンスがあると思うし楽しみ」と語った。今週は小倉2歳Sの騎乗予定もあったが、急きょ海外G1・7勝目も視野に入るビッグチャンスへ挑むことになりました。
 ディープでの挑戦を前にロンシャンのG1で乗れる意義は非常に大きく、芝コースの感触を実戦で確かめることができる。勝てば凱旋門賞へ向けて大きな弾みがつくことは間違いないですね


本日の札幌競馬場の様子

今日の札幌競馬場の様子を追記しながら可能な限り紹介したいと思います(^o^)/


いや〜それにしても本日も暑いですね(+_+)

私は暑さに弱いので、メインまで居られるのでしょうか(笑)
※ちなみに今回はウチのにはメインまで居ると宣言してきましたが(笑)

これより先は追記していきます(^_^)88fe8ac6.jpg若干私の指が入っていてお見苦しい点は申し訳ありません(^^;)

2e513428.jpg
まだあまり人は居ませんねw
0dd0f97b.jpg
8a605af7.jpg


札幌1R

1着┘Εズディクタット
2着ぅ廛譟璽競辧璽

3着Ε瓮ぅ轡腑Ε魯團優

一着と二着はクビ差の接戦でした。
私の座っている席の後ろのオヤジが
「武ぇ〜差せぇ〜」と絶叫していましたが…幸四郎くんは残念ながら3着でした(核爆)

しかも配当は馬連で650円の堅い決着でしたので、何故叫んだのか意味が解らないw



ちなみに三連複でも900円でしたねw

勝利した岩田騎手おめでとうございます\(^O^)/

私は、このレースは観戦しただけです(笑)

8月の月間トータルをプラスにするために完全に守りに入っているので、余程買いたいレースじゃないと…(^^;)

ちなみに叫んだオヤジはビールを飲み始めましたねw


2Rの入場が始まりましたが、このレースで「男」藤田騎手は、一万回の騎乗と記念すべきレースらしいので注目してみたいと思います(^_^)



6a895be2.jpg




「男」藤田騎手やりました〜\(^O^)/
JRA一万回の騎乗を見事に勝利で飾りましたよ☆


、あの結果です。

嬉しいです。先程も書きましたが、このレースは藤田騎手から買いましたので本日初の的中になりましたよo(^o^)o

ちなみに先程のオヤジですが、どうやら仲間とブツブツ文句を言っておりますw


配当が出ました☆

馬単が、い15800円もつきましたよ(^-^)

三連複は´きで8530円でした。

Oddsを見ないで買ったので素直に嬉しい限りですね(^^)

ターフビジョンには藤田騎手の一万回の騎乗の表彰が写されています\(^O^)/

さすが「男」ですよ☆

インタビューでは
「怪我だけは気をつけてきたと…勝利で飾った事についてはツキでもついているのかな」と。

豊さんに次いで2番目。素晴らしい記録です。

今年は個人的にもお世話になりっぱなしですね(^^;)

この後の爆発を誓っていましたので、グレインアートも勝利を祈りたいですねo(^o^)o



b4e5a682.jpg

3Rスタート前の様子です(^o^)/
073c67da.jpgスタート直後
c50fdb6b.jpg

最後の直線



結果は…│Бでした。


このレースは買いそびれてしまいましたσ(^_^;


次はいよいよ本日のお目当てグレインアートが出走しますので、じっくり見たいと思います☆
5f18b2f9.jpg

スタンドの特設ステージで、ただいま「テキシーランド?」間違ってたらすみませんm(__)m

とにかくJazzの演奏をされております☆

たまにJazzを聞くのも良いものですね☆
となりに美女でもいれば最高ですけど、周りには先程のオヤジ軍団だし…せっかくの演奏が台なしだ(核爆)


な〜んかホントに良い気分ですねo(^o^)o
素晴らしい演奏ありがとうございますm(__)m



いよいよ4Rの新馬戦の発走時刻が迫ってきましたね(^_^)

グレインアートに精一杯応援をしたいと思います(^^)/~~


藤沢さんの馬が強敵と思いますが、幸四郎くんが騎乗するマンハッタンカフェの産駒もちょっと気になる存在です(^^;)
1cd3305c.jpg


グレインアートは着順は不明ですが下位に沈みました(+_+)
先行しましたが、ちょっと4コーナーから手応えが微妙でしたので、距離不足かも知れませんね…次走に期待です(^^;)


勝ったのはアドマイヤヘッドか幸四郎くんのメイショウレガーロか、ただいま審議中です。



Vが流れましたが、6着?7着?後ほど確認したいと思います。


ちなみに審議の結果はぅ▲疋泪ぅ筌悒奪匹勝ちました☆
2着がメイショウレガーロで3着が人気薄Д▲奪廛襯汽ぅ澄爾任靴燭里濃囲∧は2万馬券でしたよ…グレインアートの単勝にぶっこんだので撃沈でしたよorz


この後もリポート出来たらしたいと思います(^^;)
7fd27cf7.jpg

.轡殴襯瀬ぅ離Εイがギリギリまで粘りましたが、ぅ魯奪團燹璽匹凄い末脚で差し切りました(^_^)

ただ、このレースは審議中です。

また3着以下も大混戦でして、皆さん絶叫していましたよ〜w

「いわたぁ〜ねばれぇ〜」とか「させぇ〜」とか「きゃ〜」ですからね(笑)


見応えのあるレースでしたよ☆


写真判定になっていた3着争いですが、ゥ好坤ローズマリーとプラナグリーンは何と同着Σ( ̄□ ̄;)

しかし、配当は堅い決着でしたねw
買っていないから別にいいですが、後ろのオヤジはついに静かになりましたよ(爆)

その代わり前の席にいる子供に注目されていますよ…珍しい顔してるのか(-_-;)?…失礼なw



6Rは…正直あまり見応えは…ただダートの1000辰脳,船織ぅ爐58.8は良馬場にしては速い時計でしたね。

到達順位は、│→でした。

本日好調な岩田騎手が騎乗したゥ屮襦璽潺鵐哀好痢爾錬潅紊任靴拭

配当は、枠連・馬連は2000円台・馬単・三連複は6000円台でした(^_^)


さて、7Rは…ちょっと遊んでみますかねw

メジロハスラーとぅ瓮献蹈泪轡紂璽困鮹羶瓦豊カムイヌプリ・Ε泪ぅ優襯札丱垢鯀世辰討澆茲Δ隼廚い泙后
典さんと岩田騎手を合わせてのBoxで勝負します(^^;)
d122e477.jpg


審議中ですが、ワイアットアープが勝った模様です。
2着はД團┘淵ンリーワン・3着には┘好Εープアロングみたいです。


不発でしたね…orz

私が挙げた馬は4〜5着には入りましたけど…すみません、先程の子供が泣き出して集中が出来ませんよ…私の方が泣きたいです…(-_-;)


先程の配当が出ましたが、荒れましたね〜(^^;)

馬連が10960円・馬単が23740円・三連複が62090円でしたよ。

取りたいけど、無理でしたねw

メインまで、あと2Rですから次は観戦のみにしますよw


いよいよキーンランドCの時間ですが、ゥ皀┘譽┘好櫂錙璽襪落鉄で発走時刻が遅れるみたいです(+_+)
798a8a1f.jpg

キーンランドCは、哀船▲侫襯好泪ぅ襪勝ったようです。
2着もシーイズトウショウで間違いないようですが審議中です。

3着は…ビーナスラインか
4着にブルーショットガンかな?

5着はツルガオカハヤテです




3301b934.jpg


本日のLive 形式の記事を最後までお付き合いして頂きましてありがとうございましたm(__)m


何とか本日は良い一日になりました☆


この後は、いつもの接待がありますのでこの辺でw

本日の勝負Race♪キーンランドC他☆

すみませんm(__)m
実は、まだ予想が固まっておりません(^^;)
そろそろ競馬場に行く時間なのですが…w

一応、現時点では


◎シーイズトウショウ


○▲咫璽淵好薀ぅ


▲ぅ張襯オカハヤテ


△哀船▲侫襯好泪ぅ


の予定です。


新潟記念の予想を含めてあとで、追記したいと思います(^^;)


では、皆さん本日も頑張りましょうね(^o^)/先程と同じですが、買い目のまとめを…(^^;)



◎シーイズトウショウ

前走の函館SSは、抜け出したところビーナスラインの強襲にあいましたが、負けて強しの競馬でした。
それだけに、能力の高さを再確認したレースでもあり今度こそVを期待しての自信の本命。


○▲咫璽淵好薀ぅ

その前走の函館SSでの勝利をフロック視されていますが、実力は十分。札幌の馬場も合うので連勝もあります。


▲ぅ張襯オカハヤテ

福島から連勝。ここに来て馬自身がパワーアップした印象があります。
重賞では微妙な感じもありますが、勢いでカバーしたい。


△哀船▲侫襯好泪ぅ

久々の1200胆錣任垢、末脚の威力はこのメンバーでも上位。
むしろ距離短縮により更に鋭い脚が引き出されるかも。


相手は
Ε函璽襯魯鵐沺
┘灰僖離侫Ε献
ブルーショットガン
モアザンベスト
ギャラントアロー
ダイワメンフィス


三連単・軸2頭流し

↓→きΝ┃
き→↓Ν┃
↓あΝ┃


新潟記念は後ほど


新潟記念の予想ですが、すみません簡単に表記したいと思います。


◎殴好Εフトカレント

○哀凜ータローザ

▲┘汽鵐譽ぅ献礇好僉

△ニシノナースコール

相手は
ゥ肇奪廛ンジョー
エイシンニーザン
ヤマニンアラバスタ
オースミグラスワン
ヤマニンメルベイユ


三連単・軸2頭流し
悪旺キ┃
┃旺┃


何とか今日こそ頑張りたいと思います。
良い日曜日をお過し下さい
日曜日の回顧は後日にでも書きますのでお待ち下さいm(__)m

土曜日の回顧〜大雪H他☆

う〜ん…(-_-;) やはり土曜日はどうもダメらしいです…本日もblog予想は見事に不発でしたm(__)m 個人的にもイマイチな流れでマイナスに終わってしまいました。 明日は現地に行ってお馬さんからパワーをもらった方が良さそうですね(^^;) では、やる気があまりないのでw簡単に回顧をしたいと思います。

札幌9R・大雪Hは、四位騎手騎乗のΕ泪鵐ブパーサーが好位追走から直線抜け出し優勝しました。
2着には▲瓮ぅ轡腑Ε肇Ε灰鵝■鈎紊砲廊┘團汽離丱鵐ッシュが入りました。


馬 単Β 1360円
三連複↓Ν 3480円
三連単Ν↓ 13970円


予想の反省ですが…◎ピサノバンキッシュは3着になったものの○アポロキングダムが9着・イズムデヒアが7着に揃って沈む最悪な予想…(-_-;)

しかも、ヒモで決着するなど散々な結果となりました…orz


佐世保Sは、武豊騎手騎乗のモンローブロンドが、道中中団追走から徐々にに進出して直線半ばから抜け出して優勝しました。
2着には、フサイチホクトセイ・3着にはスピニングノアールが入りました。


馬 単│ 4420円
三連複き┃ 28620円
三連単┃┃ 99290円


予想の反省は…ありません(笑)
って言うか、予想した時に懸念していた福永騎手の騎乗が炸裂してくれましたから(爆)
◎に挙げたマルカジークは6着となりましたが…馬自身の出来も?でしたが、騎乗については、それ以上疑問が残りましたよ(笑)

やはり○にした豊さんの安定感が光りましたね…モンローブロンドも頑張りましたが…(^^;)

それと、上村騎手は頑張りましたよ☆

ただ、個人的には総流しして見事に不発で大惨敗のレースになってしまいました(+_+)



札幌10R・クローバー賞は1番人気イクスキューズが4番手でレースを進め直線半ばから鋭い抜け出しで快勝しました。
2着には、2馬身差のビービーガルダン、さらにクビ差の3着にはスイングロウが入りました。

なお、勝ちタイム1分29秒3は'04年にストーミーカフェが記録したものを0.1秒更新するレコードでした。


馬 単あ 1780円
三連複´↓ 2890円
三連単き´ 12180円


予想の反省ですが、▲に挙げたイクスキューズは勝ちましたが…◎ブレイブボーイは8着…(-_-;)○マイニングゴールドも4着と散々な予想でしたね(>_<)

しかも、勝ち馬イクスキューズには予想の時点で距離短縮が微妙とケチはつけるは(笑)観る眼のなさを改めて痛感させられましたよ(爆)
ホントに、ごめんなさいm(__)m

このレースもヒモで決着との結果でした…orz


全敗こそ逃れましたが、完全に嫌な流れになってしまった土曜日になってしまいましたので、日曜日は現地からパワーを貰って頑張りたいと思います(^^;)

【F1】トルコGP開幕・SUPER AGURI F1チーム、3戦ぶりの3台体制で初日に臨む

74a67552.jpg



 SUPER AGURI F1チームは、現地時間(以下、現地時間)25日、イスタンブールパーク・サーキット(1周5.338km)で開幕したF1第14戦トルコGP初日フリー走行に臨んだ。午後のフリー走行2では、サードドライバーのフランク・モンタニーが29台中16番手タイムを記録。チーム代表の鈴木亜久里氏は、プレスリリースを通じ、「3台目の『SA06』をデビューさせることができて、とてもハッピーだ。今日もフランクはとてもいい仕事をしてくれた」と語った。

 トルコGP開幕までの夏休み期間、イギリス・リーフィールドのファクトリーでは、『SA06』のフロント部分の開発が続けられ、『SA06』のサードカーも完成。SUPER AGURI F1チームは、フランスGP以来3戦ぶりの3台体制でグランプリ初日を迎えた。F.モンタニーのドライブしたサードカーには新開発のフロントサスペンションが搭載され、午前中にシェイクダウンを行なうと、午後にはマシンセットアップおよびタイヤテストを中心に周回を重ね、トップから2.4秒差の16番手タイムを記録。チームはこの新しいサスペンションの効果を検証し、その結果によっては2日目から佐藤琢磨のマシンに装着する予定となっている。

 一方、この日は従来型の『SA06』をドライブした佐藤、山本左近のレギュラードライバーは順調にプログラムを消化し、佐藤が24番手、山本が25番手で初日を終了。佐藤は「『SA06』のシェイクダウンという意味でも、今日は僕たちにとっては重要な1日だった。2回目のセッションでは予定していたプログラムを一通り行なった。マシンの調子はいいようなので、『SA06』のデータを今夜確認して異常がなかったら、明日、さらにマシンのアップデートを続けていく」と語ると、山本は「初めて走るサーキットだったが、午前中のセッションでコースレイアウトを素早く覚えることができた。午後のセッションでセットアップの改善に取り組んだが、その結果にも満足しているので、明日が楽しみだ」と、それぞれ2日目以降に期待を寄せた。

 鈴木代表は、「3台目の『SA06』をデビューさせることができて、とてもハッピーだ。今日もフランクはとてもいい仕事をしてくれた。午後のセッションではコンペティティブなタイムを記録し、新しいマシンに関するかなりの量のデータを集めてくれた。琢磨も左近もミッドランドに勝るタイムを記録したし、全体的にはチームにとっていい1日だった」と、満足感を示した。




SUPER AGURI F1チームを除いて、全般的な流れの記事はこちらです。


【F1】トルコGP開幕! BMWザウバーの新人がフリー走行2を制す



新人




 今季第14戦のF1トルコGPは、現地時間(以下、現地時間)25日、イスタンブールパーク・サーキット(1周5.338km)で開幕。午後2時から行なわれたフリー走行2では、BMWザウバーのサードドライバー、セバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録した。

 サーキットは、気温32℃、路面温度50℃のドライコンディション。

 レギュラードライバーとサードドライバーがタイムを競い合ったフリー走行2で、BMWザウバーのサードドライバーを務めるS.ベッテルが、1'28.091のトップタイムをマークした。S.ベッテルは、グランプリの公式セッションを走るのはこの日が初めてとなるが、見事にその役割を果たした。フェラーリのフェリペ・マッサが2番手、前戦ハンガリーGPで初優勝を遂げたHondaのジェンソン・バトンが3番手に続いている。4番手は同じくHondaのアンソニー・デビッドソン(サードドライバー)、5番手がトヨタのラルフ・シューマッハ、6番手フェラーリのミハエル・シューマッハとなった。続く7番手のロバート・ドーンボス(レッドブル・レーシングのサードドライバー)、8番手マクラーレン・メルセデスのキミ・ライッコネンまでが、トップから1秒以内に入っている。

 Hondaのルーベンス・バリチェッロは10番手、トヨタのヤルノ・トゥルーリが15番手につけた。

 全29台のマシンがタイム計測を行なった。SUPER AGURI F1チームは、3台のマシンで周回を重ねた。サードドライバーのフランク・モンタニーは、セッション終了間際に16番手に飛び込んだ。佐藤琢磨が24番手、続く25番手にチームメイトの山本左近がつけている。両者とも、ライバルチームのミッドランド勢を上回った。

 トルコGP決勝のスターティンググリッドを決める公式予選は、26日午後2時(日本時間:午後8時)より行なわれ、決勝レースが27日午後3時(日本時間:午後9時)にスタートする。



いよいよF1も終盤戦でチャンピオン争いも大詰めになってきました☆

大事なこのトルコGPまずは、本日の予選が楽しみです(^^)/



記事とは全く関係ない話ですが、そろそろお出かけの時間なのでここまでのまとめを…(^^;)

本日の札幌競馬は全般的に堅い決着で配当が安いです…(+_+)

4Rこそ三連複は万馬券でしたが、私は取れていません(>_<)


本日の私の成果は今のところマイナス1万でございます(~ヘ~;)

この後での巻き返しを祈りながら結果を待ちたいと思います(´ー`)

本日の勝負Race ♪大雪H他☆

8月の開催も本日と明日の2日になりました☆
昨年は、悪夢の大惨敗を食らった夏競馬…(金額で言いますと皆さんがかなり引くくらいの金額ですw) それが、今年は何故か運に恵まれこの分だと2ヶ月連続のプラスになりそうです(^_^)/☆

さらにプラスになるように今週も頑張りたいと思います♪



札幌9R・大雪H

◎┘團汽離丱鵐ッシュ
前走は6着と惨敗…本来ならとても狙いませんが、鞍上は函館リーディングの男・藤田騎手。
4走前にフレンドシップの5着と素質はこのメンバーなら通用するはず。斤量も1膳擇なりますので期待の本命。


○アポロキングダム
3ヶ月の休み明けですが、仕上がりは悪くはありません。
今回は久々に加えて昇級戦と条件は厳しいですが、ダートでは底を見せていません。
鞍上の典さんにも期待したいです。

▲イズミデヒア
実質、私の本命ですw
前走は、内の狭いところに入りながらしぶとく伸びてきました。
中間は、さらに良化しているようですし、このクラスでは素質は十分通用するはず。


相手は
▲瓮ぅ轡腑Ε肇Ε灰
ハルクバニヤン
ぅ吋ぅ┘好好廛螢鵐
Ε泪鵐ブパーサー
スーパーブレーブ
ダブルスポット

三連単・軸2頭流し
Ν→↓き┃
┃→↓きΝ



札幌10R・クローバー賞

◎┘屮譽ぅ屮棔璽
前走マリーゴールド賞ではもたれて走っていました。
新馬戦の走りからするとあれは本来の走りではないはず…今回改めて注目したいと思います。


○マイニングゴールド
函館2歳Sは4着…まずまずの走りでした。
ここ2週の調教も良さそうですし、距離延長は歓迎です。馬場のいい札幌ならあっさりも。


▲ぅぅスキューズ
素質は感じますが、そくここで連勝出来るのか?というと少し疑問の気がします。前走より距離が短縮されるのは血統からはプラスですが、馬自身は戸惑う可能性も…。


相手は
.咫璽咫璽ルダン
▲好ぅ鵐哀蹈
アロマンシェス
ゥ侫蝓璽瀬爛┘◆
トップサバトン


三連単・軸2頭流し

┃→´↓きキ
キ│´↓き



小倉10R・佐世保S

◎Ε泪襯ジーク
ここ2走は前目につけて、終いもしっかりした伸びを見せています。
以前もこのクラスに出走した経験がありますが、その時よりは成長していますので、連勝も十分あります。


○モンローブロンド
前走の勝ちで小倉は2戦2勝とパーフェクト。
鞍上は豊さん、さらに小倉との相性の良さからも期待の一頭。


相手は
.吋ぅ┘好好肇蹈鵐
▲好函璽鵐屮螢奪
ヒューマ
ぅ好團縫鵐哀離◆璽
ディープサマー
マイネルアルビオン
フサイチホクトセイ


軸と上記の相手を馬連のBoxで押さえたいと思います。

三連単ですが、軸は◎と○から総流しで勝負しようと思いますw

個人的には、ちょっと荒れると睨んでいますので、△鉢の軸も絡めたいと思います(^_^)



新潟のメインは…ちょっとパドックを見てから決めたいと思います。

一応、現時点での◎は▲┘ぅ錺淵。

後は6枠or7枠の2頭を考えております。


皆さん、今週も頑張りましょうね(^o^)/


巨人上原が通算100勝に到達☆

c2990c90.jpg

 上原






巨人の上原浩治投手(31)が25日、阪神14回戦(甲子園)で6勝目を挙げ、通算100勝を達成した。王手から2試合足踏みしての到達に「正直ほっとしている。まさかここまで来られるとは思わなかったし、1つ1つの積み重ねです」と振り返った。
 191試合目での100勝到達はドラフト制導入以降、今年6月16日に達成した松坂(西武)と並ぶ最速タイとなり「比較してほしくないけど…。大輔とは何かしらあるね」と苦笑いしていた。
 通算100勝はプロ野球121人目。上原の初勝利は99年4月13日広島戦だった。


試合ですが・・・


由伸で逆転…上原に続いた!巨人7回5連打でイッキ5点

 ◆阪神2−5巨人(25日・甲子園) 無我夢中で食らいついた。「絶対、打たないといけない」初球。高橋由は外寄りに甘く入った直球を引きつけた。体重を乗せた左足を軸に、その場で回転するようにはじき返した。「たまたま左方向に飛んだ」という打球が三遊間を破る。7回。クールな男が一塁の塁上で両手を叩いて喜んだ。

 一振りで引っ繰り返した。上原、脇谷、木村拓と塁に出て、なおも2死二、三塁。2者を迎え入れる逆転の左前適時打だ。「ウエ(上原)があれだけ投げて、自分で打ってチャンスも作った。これまでなかなか援護してあげられなかったから」責任を果たし、ホッと息をついた。

 エースに白星をつかませたい。執念が体を動かした。0−0の5回、先頭・矢野の左中間寄りの打球にダイブ。好捕した。今季、左脇腹痛、左肩腱(けん)板損傷と2度、戦線離脱する原因となった“禁じ手”を迷うことなく出した。「恐怖心はなかった。まあ、おまけだよ」と言うが、原監督は「いい形でさばいてくれた」と慣れない左翼の守備での貢献をたたえた。

 決めたのは選手会長だが、全員でもぎ取った白星でもある。7回2死からの怒濤(どとう)の攻撃。上原が右前安打。脇谷の四球をはさみ、木村拓、高橋由、李、小久保、二岡まで。阪神の「J」「K」に6本の安打を重ね、ビッグイニングを完成させた。「脇谷の四球と、(木村)拓也の初球打ちがチームに勢いを与えた。3、4、5、そして6番まで良くつないでくれた」と原監督も脱帽する連打だった。

 そう快な逆転勝ちをもたらした24番だが「でも、1回などに早く打ってあげないといけなかった」と反省も忘れない。おれたちならできる−そんな自信が打線に戻ってきた。


通算100勝は、怪物松坂投手と並び最速タイですが個人的にはちょっと時間がかかったな!と思いました(^^;)
入団1年目から20勝を挙げ、槙原・斎藤そして桑田から渡されたジャイアンツのエースの座・・・途中怪我などがあったとはいえ一年目ほどの成績は挙げられていませんからね。

ストレートのスピードも一年目が一番速かったような・・・?
ですが、基本的には真っ直ぐとフォークしか球種が無い中でここまでジャイアンツの投手陣を引っ張ってこられた事にG党の私は改めて感謝したいですm(__)m
メジャーに行くなどの噂もありますので、200勝は日本で達成するのか米国で達成するのか、はたまた達成出来ないのか・・〔これが一番可能性が高いかも?w〕解りませんが、これからも頑張って欲しいと思います。


それにしても、原監督は亀井くんが嫌いなのか?二軍に落として斎藤くんと入れ変えるなんて・・・鴨志田くんもそうですが、いまさら打てないだろうが・打たれただろうが成績はどうでもいい順位なんだから経験を積ませて来年のために采配して欲しいですな・・・。




さてと本日の競馬ですが・・・いつも通りに土曜日は自宅で観戦しながら〔文句を言われながらとも言いますがw〕頑張って予想したいと思います。
ここのところ・・・って言うか、いつもかも?w土曜日の予想は調子が悪いんですよ〔胸を張って言うことではありませんねw〕今日こそは頑張りたいと思っておりますので昼前後まで予想の方はお待ち下さいませm(__)m

新潟記念・考察1〜血統からの分析☆

小倉記念で重賞初制覇を飾った【スウィフトカレント】はSS産駒。
半兄に、安田記念を勝ったアサクサデンエン(父シングスピール)がいます。
母は仏G競櫂癲璽名沺兵2700叩砲鮠,繊英G汽茵璽シャーオークス2着など中長距離路線で活躍しました。近親にもリトルロック(英G競廛螢鵐好ブウェールズS)・アークティックアウル(G軌Ε札鵐肇譽鵐献磧次砲覆匹いる。
本馬の母の父はミスタープロスペクター系マキアヴェリアンですが、母系が重厚で底力豊富なだけに中長距離指向が強く出ています。中でもヘイローの2×4のクロスからも2000蛋宛紊良さそうです。一瞬の切れ味よりも長くいい脚を使うタイプなだけに新潟の長い直線は合いそうです。
【オースミグラスワン】は春の新潟大賞典を勝って以来のレース。
グラスワンダー産駒で半兄にオースミエルスト(小倉2歳S2着)・半姉にオースミハルカ(府中牝馬S)がいます。
比較的完成の早い系統ですが、若い時期に長期休養を挟んだこともありキャリアは浅いです。
父グラスワンダーはグランプリを3連覇した名馬で、距離もオールマイティにこなしました。
種牡馬としても軌道に乗っており、どちらかというと勝ち気でスピードを生かした方がいいタイプが多いです。
本馬は母の父がリンドシェーバー。祖母の父がプロントだけに2000辰鯆兇┐襪噺靴靴いも知れませんが、切れ味を行かせる新潟の外回りコースは合います。


【ヴィータローザ】は、小倉記念で見せ場十分の2着。中山金杯を勝った後は低迷していましたが、持ち直してきたようです。
SS産駒で半姉にロゼカラー(デイリー杯3歳S)・全兄に重賞5勝したロサード(オールカマー)がいます。一族特有の確かな切れ味を持っており、本馬も例外ではありません。ただ、器用さがなく、どちらかというとジワジワ伸びるタイプだけに長い直線は歓迎なタイプです。


4歳牝馬の【サイレンスジャスパー】は牡馬相手の小倉記念で4着と健闘しました。
父ミスズシャルダンはトニービン産駒で素質馬でしたが、体質が弱かった。それでも、小倉大賞典を勝っており、中山金杯でも2着があります。
本馬の母系は3代母レイクチャンプレインが愛1000ギニー2着馬と悪くはありません。
母の父コジーンからも軽快さがあり、新潟の芝は合いそう。平坦で直線が長いコースはBestです。


【エイシンニーザン】は1000万下の信濃川特別を好時計勝ち。
父は短距離系のフォーティナイナーで、母がエイシンサンサン(小倉3歳S)です。
母は古馬になってもエリザベス女王杯で3着になりしました。
母系が中距離向きで、代々配合された種牡馬がキャロルハウス・ノーザンテースト・マリーノとスタミナを感じさせるだけに2000辰竜離も問題はありません。切れ味を見せた前走からも怖い存在です。




【トップガンジョー】は重賞初制覇となったエプソムC以来。

父マヤノトップガンは菊花賞・有馬記念・天皇賞(春)・宝塚記念を制した名馬。
産駒は、チャクラ(ステイヤーズS)・バンブーユベントス(日経新春杯)・ブリサイスマシーン(中日新聞杯)や、今年の2歳でマリーゴールド賞を勝ったハロースピードがいます。
本馬は、母系にメイキングテシオ(菊花賞4着)・ライブハウス(いちょうS)・フィッツウィリアムプレイズ(米G汽哀ぅ爛蝓治函砲覆匹います。実績のない距離ですが、配合からは問題はなさそうです。



◆血統からの結論◆

◎は素質馬スウィフトカレント。
5歳にしてようやく本格化したムードです。兄アサクサデンエンも6歳で重賞初制覇からG気鮠,辰燭茲Δ棒いに乗ると怖い系統。
底力が問われるレースでも克服する力を持っています。


○はヴィータローザ。
小倉のコースほどの信頼感はありませんが、長い直線はプラスに向くはずです。ジワジワと伸びる末脚も新潟外回り向きです。


▲は2頭…。
オースミグラスワンはリズム良く走れれば切れる脚を使えます。

サイレンスジャスパーはまだひ弱さを感じますが、じっくり乗れば凄い脚を使いそう。

キーンランドC・考察1〜血統からの分析☆

函館SS3連覇は逃したものの、今年も2着を死守してスプリント女王の実力を見せ付けた【シーイズトウショウ】
スプリンターズSを連覇した父サクラバクシンオーから受け継いだ非凡なスピードで、6歳を迎えても安定した活躍を見せています。
母の半姉に桜花賞馬シスタートウショウ、半兄には北九州記念を勝ったトウショウオリオン(ともに父はトウショウボーイ)がおり、底力のある母系も4年連続重賞制覇をサポートしています。
平坦小回りで無類の強さを発揮するサクラバクシンオー産駒らしく、札幌でも貫禄を示しても不思議ではありません。
5歳にして重賞初挑戦の函館SSで見事に優勝した【ビーナスライン】
昨年から大ブレークの父フジキセキは、カネヒキリ(JCダート)・ドリームパスポート(皐月賞2着・ダービー3着)・タマモホットプレイ(スワンS・シルクロードS)など条件を問わず活躍馬を送り出しているが、相対的にはスピードタイプが目立ちます。
母ホクトペンダントは桜花賞TR2着・祖母ホクトビーナスは桜花賞2着馬。母系も快速血統で、古馬になってから本格化した本馬は、祖母の半兄で息長く活躍したホクトヘリオス(東京新聞杯・京王杯AH)をほうふつさせる。
函館巧者で知られるように北海道の洋芝・平坦小回りは向いていますので重賞連勝も十分にありそうです。


1600万下・オープン特別と連勝中の【ツルガオカハヤテ】はエアダブリン産駒の6歳馬。
父は青葉賞などに勝ち、ダービー2着とG犠,舛呂△蠅泙擦鵑、弟妹にダンスインザダーク・ダンスパートナー・ダンスインザムード(全馬サンデーサイレンス)とG鞠呂ズラリといる超良血馬。
芝・ダートを問わず勝ち星を挙げている父は名門血統らしく、母系の長所を強調する種牡馬といえそう。
ヘイロー産駒で中央3勝の母エアパッションにはスピードに優るヌレイエフの血も入っており、近親にはNHKマイルC2着馬アグネスソニックの名もあります。
1200辰覗苅珪,魑鵑欧討い詼槐呂楼貘欧離好圈璽匹魘調した感が強く、得意の距離と上がり馬の勢いで重賞突破も十分あります。



【トールハンマー】の父で仏G騎旋門賞の父エリシオは、ヘルスウォール(チューリップ賞)など短距離の活躍が目立つ種牡馬。
母系はヒシアマゾン(エリザベス女王杯)を出した一流血統で、甥のアドマイヤムーン(弥生賞・札幌記念など)も活躍しています。
本馬の場合、エリシオの父で高松宮杯を制したシンコウキングの父フェアリーキングのスピードが色濃いせいか1200〜1400辰ベスト。夏場は、強い馬だけに面白い存在です。



【ワイルドシャウト】の父ラーイは米G競撻襯┘◆治函8F)を優勝。英G汽潺疋襯僉璽S(芝6F)で2着と善戦。芝・ダートを問わず活躍したスピードを種牡馬としても十分に生かし、京成杯を制したジャリスコライトの父ファンタスティックライト(BCターフ)を筆頭に、日本でもグラスワールド(ダービー卿CT)などを送り出しています。
ゴーンウエスト産駒の母ヘッドイーストは米6勝の実績馬。本馬はスピードが勝ったタイプでこの1200辰魯戰好箸竜離。
前走CBC賞2着から一息いれてリフレッシュされたのもプラスに働きそうです。



【ブルーショットガン】は、父サクラバクシンオーの快速を武器に北海道シリーズの短距離戦で好成績を残してきました。4代母イットーはハギノトップレディ(桜花賞など)・ダイイチルビー(スプリンターズSなど)母娘・ハギノカムイオー(宝塚記念)を送り出した日本の名血で、7歳になっても活躍を続けるタフさとスピードを持つ本馬の力の源です。



◆血統からの結論◆

◎は実績上位のシーイズトウショウ。
平坦小回りの1200辰罵匹襪ない地位を築く父サクラバクシンオーの代表産駒として女王復権の気配。

○は、北海道で勝ち星を積んできたビーナスライン。北海道では抜群のコース適性を誇るので◎と遜色のない期待が持てます。

▲はスプリンターとして資質が高いツルガオカハヤテに期待したい。

△ワイルドシャウトも前走からリフレッシュされた効果を期待。
距離はベストなだけにまとめて負かす可能性も十分あります。



※新潟記念の考察は後ほどUp致します。
これからちょっと外出しますので、しばしお待ち下さいませm(__)m


※△ワイルドシャウトは、同レースを回避していましたm(__)m
記事を作っていた段階では、登録されていたのですが・・・。
追記ですが、追い切り後に脚元に疲れが出たため回避したとの事です。

なお、ブリリアントグレイも追い切り後に歩様が乱れたため回避しました。

完了

何とか、PCスペースを確保するための模様変えが終わりましたよ…(^^;)

さすがに夜中なので大幅なモデルチェンジをする訳にはイカナイですからね(笑)


あくまでも取り敢えずですが…このまま終了してしまったりして…(爆)

Netに繋げるだけはわりと早く終わったのですが、コードをどうする?とか…いろいろ問題点があったのですよ(^^;)


しかし、自分のPCからの投稿一発目がこんな記事とは…閲覧して下さった皆さま、すみませんm(__)m



そ〜言えば先日の味噌汁の記事で皆さんからいろいろとコメント頂きましてありがとうございましたm(__)m


まずは「じゃがいも+玉ねぎ」を試してみましたが、美味しく頂きましたよ(*^_^*)


また、教えて頂いた具を入れて試してみたいと思います☆



ちょっと力尽きてしまいましたので、この辺で終わりたいと思います(^^;)

模様変え

偶然にも、blogでとても仲良くさせて頂いている『徒然競馬日記』のトップロードさんも模様変え?(笑)をしたらしいですが…(^^;)


先日、日記でちらっと書きましたが…

いよいよNetを繋なげので、当然PCを置くスペースを確保しないといけないので、部屋の配置を変えないとイケない訳なんですが…模様変えもついでにしようかな?と思いまして…(^^;)



新築だったこのアパートも、住んでからもう少しで2年…



ちょっと新鮮味が薄れてきたような気がします…(^^;)



考えてみれば、引越しの時は張り切って電化製品や家具を揃えましたが…住んで二ヶ月くらいしてからは…現在に至るまで全く変化はしてないですね(笑)


引越しした当初はかなり張り切ってホームセンターや電気屋さん・家具屋などを徘徊していましたよ(爆)続きを読む

先週の新馬勝ち馬をCheck☆

新潟ダート1200辰痢撻札譽好泪鵝曚蓮2番手から楽に抜けだし2着に3馬身半差の完勝でした。
2月の米コールダー・ファシグティプトントレーニングで購入された外国産馬。美浦での実質的な追い切りは2本だけで、500舛梁里和世瓩憤象でした。それだけに後藤騎手が談話した「素質だけで勝った」は納得できます。
勝ちタイムは平凡でしたが、これは楽勝だったためと思われます。「芝も大丈夫」との感触で次走は中山1200のカンナSの予定…まだまだ上積みが期待出来そうです。


日曜の芝1600辰魯薀好2Fから3頭が併せる大接戦でした。真ん中の【マイネルーチェ】がグイッと抜けだす勝負根性を見せました。
勝浦騎手は「大外枠だから距離ロスもあったけど、好位で無理なく追走出来た。最後は差し返したように、いい根性をしているね」と好感触のようでした。
一つ上の半兄マイネルグリッツァ(父マイネルラヴ)も昨夏の新潟1600辰脳,曽紊り、現在は1000万下。父がスペシャルウィークに代わった事で距離の融通性はさらに高まりそうです。

活躍馬を多く輩出する札幌芝の1800胆錙先週は【オーソリティバイオ】が上がり3F34.6秒の切れ味で人気の2頭を突き放しました。
半兄グッドナイバー(父サンデーサイレンス)はここまで〈2・4・5・3〉と勝ちみに遅いですが、こちらは兄にない瞬発力があります。次走は、札幌2歳Sとの予定で目が離せません。

土曜の芝1200辰鷲靄騎乗の【ガルヴァニック】が1番人気に応えて差し切り勝ち。「レースセンスがいいし、瞬発力がある。まだ良くなる馬だよ」と話したとの事です。父がアグネスタキオンだけに2戦目は心配ですが、半姉には6勝馬ポンデローザ(父サンデーサイレンス)。これからまた先々が楽しみな馬ですね。

今週の重賞は…新潟記念他☆

今週の重賞は、新潟で『新潟記念』・札幌で『キーランドC』が、行われます。49eadf09.jpg

まずは、新潟記念の展望から…。

サマー2000シリーズの最終戦が行われます。
注目は、小倉記念を制し、初代シリーズ王者を目指す『スウィフトカレント』でしょう。

待望の初重賞制覇となりました小倉記念で見せた上がり3F34.5秒の末脚は新潟コースではさらに威力を発揮しそうです。
現時点では、10P勝って5000万円のBonusを確定させたいところ。

迎え撃つ関東勢では、『トップガンジョー』が大将格になりそうです。
追い比べを制したエプソムCが、今までにないしぶとい内容でした。4歳を迎えて充実期を迎えた気配です。
新潟は、昨夏に1000万を圧勝した相性の良いコース。和田調教師も「直線の長いコースは向く」と期待を寄せています。

小倉記念で、あわやの2着のヴィータローザ・2連勝中のヤマニンメルベイユも参戦予定。
個人的には、オースミグラスワンやサンレイジャスパーも気になる存在です。

また、札幌記念で5着に終わったエリモハリアーが登録してきました。
現時点では出走は解りませんが、出走してきた場合は注目の一頭です。


ハンデ戦らしく激戦が、予想されます。
b1cc3fc0.jpg

続きましては、キーランドCの展望を…。

サマースプリントシリーズ第4弾「キーランドC」が行われます。

注目はスプリント重賞4勝の『シーイズトウショウ』でしょうね。
3連覇を狙った函館SSは2着に終わりましたが、巻き返しを狙います。
その函館SSを制したビーナスラインは重賞連勝を狙います。
前走は、強烈な末脚で差し切りましたが、あの脚を再度披露出来るのか注目です。

他には、CBC賞2着のワイルドシャウトやダイワメンフィス・ブルーショットガンあたりも注目でしょうね。


こちらも、なかなか難解なメンバー構成ですので、しっかり考察して的中目指して頑張りたいと思います。

駒大苫小牧3連覇はならず…

第88回全国高校野球選手権大会の決勝戦・再試合が21日に行われました。
駒大苫小牧が、早稲田実業に3ー4で敗れ、73年ぶりの史上2校目の夏の大会3連覇は成りませんでした。f6f76521.jpg



試合は、1回裏に早くも動きます。
駒苫の先発は前日に続いて菊地くん…(-_-;)
早実が、二死一、三塁のチャンスを作ります。
ここで、5番船橋くんの中前打で1点を先制します…( ̄□ ̄;)
さらに二回にも1点追加され0ー2とリードを広げられてしまいます(>_<")
早稲田実業のエース斉藤くんは、4連投にも関わらず素晴らしいピッチングをします(^_^)
それでも、駒苫は何とか五回表にチャンスを作ります…8番山口くんの中前打などで二死一、二塁としますが…9番小林くんが三振に倒れてしまい、なかなか得点が、奪えません。
しかし、六回表ついに駒苫に得点が入ります。
1番三谷くんが、中越え本塁打で1ー2とし一点差に迫ります(^_^)

勢いに乗りたいところでしたが…六回裏に1点、 七回裏にも早実は二死二塁のチャンスに4番後藤くんが左前適時打で追加点を上げついに1ー4の3点差に開いてしまいます…Σ( ̄□ ̄;)

今大会何度も逆転劇を演じて来た駒苫でしたが、八回は三者凡退になり、このまま終わってしまうムードが…。

しかし、さすがは前年度の王者は魅せてくれました☆
九回表の最終回、まず2番三木くんが左前打で出塁しますと…続く3番中沢くんが、何と中越え本塁打を放ち1点差に再び迫りますo(^o^)o

ですが、反撃もここまで…最後の打者は田中くんは斉藤くんの144舛猟承紊魘振りし三振に…早実との激闘の24イニングは終わりました。



まずは、早稲田実業の皆様本当におめでとうございました\(^O^)/
特にエース斉藤くんの抜群のスタミナには驚かされました…前日の15回投げた後で、連投のこの日も最終回に144舛眦蠅欧詢呂あるなんて…(^^;)

攻守に渡って素晴らしいチームだったと思います…本当に初優勝おめでとうございました。



え〜私の地元である北海道代表の駒大苫小牧は準優勝との結果になりました。
ですが、私は本当に良く決勝戦まで勝ち進んでくれたと思います。
ご存知のように春のセンバツでは不祥事により辞退…しかも香田監督も一時はチームから去るなど危機的な状況でありながらでしたから。

甲子園に入ってからの戦いも何度もダメかな?と思わせながら逆転劇の連続…あの勝負強さは過去2年間のチームと比較しても遜色のないものだったと思います。

エース田中くんのチームと思われていましたが、田中くんの不調を見事にカバーした全員野球は素晴らしいチームワークだったと思います。
田中くんも大会序盤は不調でしたが、徐々に調子をあげ決勝戦・再試合ともに持てる力を良く発揮してくれたと思います。

3連覇は逃しましたが、胸を張って帰って来てもらいたいと思います。
選手や監督・関係者の皆さん本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でしたm(__)m

朝食

皆さん、おはようございます(^_^)/

早起きしてしまい、ちょっと時間があるのでアンケート&日記を…(笑)


皆さんは、朝食をきちんと食べていますか?

育ち盛りの小中学生や20〜30代の若者を中心に、朝食を食べない人が増えているらしい…(-_-;)

私も遅刻しそうな時は食べないで、出社をしてしまう事もありますが(笑)ほぼ毎日食べるようにしています(^_^)


朝食を食べないと、どうなるのか…と言いますと人間は寝てる間に身体に残っているエネルギーを消化してしまいます。

従って起きた時には、空っぽの状態に…ですので食べないと脳や身体は元気がありません(+_+)
なので、イライラしたり、集中力も途切れてしまいます。



前置きが長いですね…(^^;)

久しぶりに、マジに自分で朝食を作ったわけですよ(^^;)

ご飯は、まあ勝手に炊飯器が炊いてくれますので問題はないのですけど、オカズや味噌汁を作るのが面倒なので、いつもコンビに寄って済ませてしまっております…反省しないと…(~ヘ~;)


今日の朝食の献立は…ご飯とハムエッグ…それに味噌汁だったのです。

具材は、「豆腐と長ネギ」だったのですが…(^^;)続きを読む
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ