どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

2008年07月

大通公園

200807312117252
20080731211725


ご存知のように札幌の中心部にある公園です。

雪祭りやホワイトイルミネーション、よさこいの会場として知られる場所。

今の時期ならビアガーデンやとうきびワゴンの方が伝わるかな?(笑)

ここは札幌市資料館のある13丁目だから、公園の端だけど(笑)

久々にこの場所で、ちょっとの時間過ごしたけど、色々な方がいますね。世の中には(^^;)
まあ、私もあんな時間にベンチで座っていたから、変に思われたかもしれないけれど…(苦笑)

競馬ニュース・ブラックタイドが種牡馬に。

ディープ全兄・ブラックタイドが種牡馬に

 JRAは31日、04年スプリングS(GII)を勝ったブラックタイド(牡7、栗東・池江泰郎厩舎)が、8月1日付でJRA競走馬登録を抹消すると発表した。今後は北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで種牡馬入りする予定。

 ブラックタイドは、父サンデーサイレンス、母がアラルポカル(独G1)を勝ったウインドインハーヘア(その父Alzao)という血統。全弟にクラシック3冠などGI・7勝のディープインパクト(牡6)、東京スポーツ杯2歳S(GIII)3着のオンファイア(牡5)がいる。

 03年12月にデビュー勝ちを収め、翌年のスプリングS(GII)で重賞初制覇。2番人気に推された皐月賞(GI)で16着に敗れた後、左前浅屈腱炎を発症して約2年3か月の長期休養を余儀なくされた。06年7月に復帰後は07年中山金杯(GIII)3着、08年都大路S(OP)2着など、2着3回、3着3回と惜しい競馬もあったが、ついに勝利することはできなかった。6月1日の目黒記念(GII、8着)が最後のレースになった。通算成績22戦3勝(重賞1勝)。なお、ウインドインハーヘアの仔はディープインパクト、オンファイアに続く3頭目の種牡馬入り。ディープインパクトは北海道安平町の社台スタリオンステーション、オンファイアは北海道新冠の優駿スタリオンステーションに繋養されている。


故障などで結局G気肋,討泙擦鵑任靴燭、馬体の素晴らしさやデビュー戦で見せた瞬発力・闘争心から、G亀蕕料納舛鮖っていたと個人的には思っております。
今後は種牡馬としてその能力を子供たちに伝えて貰いたいですね。
本当にお疲れ様でした。

※予約投稿です。

小倉記念・考察1〜血統からの分析♪

出走馬の血統から分析をします。

◆ミヤビランベリ◆
キングジョージなどG毅馨,魑鵑欧辛礇ペラハウスはサドラーズウェルズの直子。豊かなスタミナとタフさを伝える種牡馬でG毅珪,量焦魯謄ぅ┘爛ペラオーやダービー馬メイショウサムソンを送り出している。産駒は芝2000丹幣紊納太咾鮠紊欧討りバテない脚が特徴。母は短距離1勝。おじにシンザン記念3着のニホンピロラックがおり、近親にカブトヤマ記念勝ち馬モガミチャンピオンがいる。ちなみに連戦連敗が話題となったハルウララはいとこにあたる。母系にはテスコボーイ〜パーソロンと、その時代を代表する種牡馬が重ねられている点は魅力。

◆ダンシングロウ◆
父ダンスインザダークは菊花賞馬。産駒にはザッツザプレンティとデルタブルースの2頭の菊花賞馬やツルマルボーイ(安田記念)などがいる。スタミナに加え持続力ある末脚が持ち味。母系は近親に有馬記念や皐月賞を制したトウショウボーイをはじめ、マザートウショウ(クイーンCなど)、トウショウファルコ(AJCC、中山金杯)など活躍馬が多数いる。底力は十分で重賞メンバー相手でも見劣りはしない。

◆ヴィータローザ◆
父は言わずと知れた名種牡馬サンデーサイレンス。現役時代にケンタッキーダービー、プリークネスS、BCクラシックを制し、89年の米年度代表馬に輝いた名馬は種牡馬としても日本で数々の記録を樹立。これまで産駒のG犠〕数は71にのぼる。小倉記念はこれまで3勝(01.03年ロサード、06年スウィフトカレント)している。母系は薔薇一族と通称される優秀な系統で半姉ロゼカラー(父シャーリーハイツ)はデイリー杯3歳S(旧齢)勝ち馬で、全兄ロサードはオールカマーなど重賞5勝を挙げた。また、近親にはローズバド(フィリーズレビューなど)やローゼンクロイツ(金鯱賞など)がいる。

◆ニルヴァーナ◆
こちらもサンデーサイレンス産駒。母ニキーヤは仏3勝ち馬。全兄にフェブラリーSなどダートG毅款,魑鵑欧織粥璽襯疋▲螢紂璽襪いる。母系は米国の芝路線で活躍した血統で祖母リラクタントゲストは米G汽咼凜.蝓璽劵襯今函兵韮隠娃董砲両,素蓮I磽咤咫瀛譴良礇魅譽ぅ┘佞稜杞腓論簑仗瑤少ないながらもトゥザヴィクトリーやフサイチパンドラ(ともにエリザベス女王杯)など活躍馬多数で、芝・ダート兼用のパワータイプがほとんど。

◆ドリームジャーニー◆
父ステイゴールドは香港ヴァーズをはじめ中長距離を4勝。産駒にはマイネルレーツェル(フィリーズレビュー)やサンライズマックス(エプソムC)などがいる。決め手の鋭さが特徴。母系は米国のスピード血統の出身で母オリエンタルアートはダート1400叩1800辰韮馨 ∩鎚譽┘譽トロアートは芝の短距離で4勝を挙げた。遡れば5代母の子孫にペルー3歳牡馬チャンピオン、6代母の子孫に米2、3歳牝馬チャンピオンの名がある。ベストはマイル前後の印象を受けますが中長距離型の父からスタミナを受け継いでいるので2400辰泙任覆虧簑蠅覆い世蹐Α

◆サンレイジャスパー◆
父ミスズシャルダンはトニービンの直子で現役時代は小倉大賞典を制するなど通算15戦6勝。その全15戦で掲示板を確保した。産駒の絶対数が少なく中央勝ちはこの馬のみ。母は不出走だが、曾祖母レイクチャンプレインは愛1000ギニー(芝8F)2着馬で、近親にBCターフなどG毅蕎,離轡▲肇螢ルや安田記念勝ち馬のタイキブリザードなどがいる。母の父コジーンも優れた底力を伝える中距離サイアーで一本筋の通った優秀な母系。


◆◆血統からの結論◆◆

京都や東京のように広いコース向きのイメージが強いダンスインザダーク産駒ですが、小倉の芝中距離戦で好成績を収めているのも事実。その点を踏まえ◎ダンシングロウを本命視。4代母ソシアルバターフライを礎とする牝系は優秀で、父母両系から前走より1F長い今回の方が条件は合いそう。昇級戦ですが重賞メンバー相手でもヒケは取らない。

※予約投稿です。

女性が証言、M.モズレー会長との会合はナチ風ではなかった

FIA(国際自動車連盟)のマックス・モズレー会長との乱交パーティに参加した2人の女性が、その会合はナチをテーマとしたものではなかったと法廷で証言している。現地時間(以下、現地時間)8日、『ロイター』通信が伝えている。

 今年3月、イギリスのタブロイド紙『News of the World』は、M.モズレー会長が「悪趣味なナチ風乱交パーティー」に参加していたと報道。M.モズレー会長は、同紙に対しプライバシーを侵害されたと訴えを起こしていた。

 イギリス・ロンドンの高等法院でその裁判が開かれ、M.モズレー会長はSMは興味はあるもものの、報道された会合にはナチをテーマとしたものではなく、そのアイデアは「エロティックではない」と主張していた。

 また、法的理由のため氏名等の個人情報は明らかにされていないものの、M.モズレー会長との会合に参加していた女性のうち2人が法廷に立ち、SMパーティーがナチ風に行なわれたとの記事に対して嫌悪感を抱いたと語っている。

 そのうちのひとり、M.モズレー会長とは18ヶ月間の親交があったと語る20代の学生の女性Dは、その会合が「監獄を想像させるもの」であったと語り、「私たちのシナリオがナチ風の意味や色調を持っているとの告発にはとてもぞっとしました。ナチ風のイメージ、ユニフォームや道具はまったくありません。ナチ風のものは見ませんでした」と証言している。

 さらに新聞記事は、別の参加者である女性Eによって撮影された映像に基づいて書かれたたもので、「常識外れ」なものであって「売春婦として」参加したとの記述は不快であると訴えている。また「全員の好みに合うものではなかったかもしれない」と認めながらも、自らは楽しんでいたと語った。

 もうひとりの女性Aは、M.モズレー会長とは2年前に彼女自身のウェブサイトを通じて知り合い、モナコまでM.モズレー会長を訪れたこともあると語った。前時代的なドイツ監獄風の行為は「すごくセクシーで楽しかった」と語っているが、ナチとの関連性はないと証言している。そして、女性Eが語ったとされる「とても熱烈なナチ風」で、M.モズレー会長がそのようなテーマを要求したとの発言を否定している。また自らの友人である女性Eが、新聞へ情報を持ち込んだことに裏切りを感じているとも語っている。

 一方、『News of the World』は、M.モズレー会長の公的な役職を考えると記事を掲載したことは正当化されると主張している。裁判は今後も継続される。

 なお、今年3月のスキャンダル報道以降、辞職の危機に直面していたM.モズレー会長だが、先月6月に行なわれたFIA臨時総会での信任投票に勝利し、留任を勝ち取っている。

桑田が清原の打撃投手“KK対決”実現

オリックス清原和博内野手(40)と元パイレーツ桑田真澄氏(40=野球評論家)の「KKコンビ」が復活した。29日、昨年7月の左ひざ軟骨移植手術から再起した清原の1軍復帰を桑田氏が打撃投手で後押し。清原の依頼に桑田氏が快諾し、スカイマークスタジアムで“KK対決”が実現した。激励を受けた清原は「魂をもらった」と現役生活を完全燃焼する構え。8月3日のソフトバンク戦(京セラドーム大阪)にも1軍復帰するが、最高のパートナーに力をもらって戦う準備を整えた。

 清原は桑田氏が投げるボールを1球1球気持ちを込めてはじき返した。「これは行ったやろ」。右翼席への1発に、マウンドの桑田氏が舌を出す。空振りを取られると今度は清原が苦笑いした。94年10月27日、西武と巨人の日本シリーズ第5戦以来、実現したKK対決。打撃投手での対決はPL学園、巨人時代もなく初めてだった。貸し切りのスカイマークスタジアムは、2人だけの空間だった。18・44メートルの距離に、KKコンビの熱い友情が復活した。
 
清原 生涯最高の練習だったと思います。人生で、こんな素晴らしい投手と対決することはもうない。

桑田氏 高校1年生の時に彼と知り合ってなかったら、早くに野球を辞めていたと思う。先に引退したけど、今までの感謝の気持ちを込めて投げさせてもらった。

左ひざの故障から再起した清原は、31日に約2年ぶりに1軍合流する。「桑田のボールを打ってから上がりたい」思いに、桑田氏が応えた。桑田氏はパイレーツのユニホームで登場。引退の身ながら、前日まで連日ランニングや投球練習など、調整してきた。最高の形で復帰戦に贈る“応援球”を投げ込んだ。

桑田氏 おそらくプロとしてのボールは今年しか投げられない。アマチュアのボールは彼に対して投げたくなかった。彼に最後投げるまではトレーニングも力を抜けないと、モチベーションを上げました。つらい時は彼の顔を思い出しながら最後は絶対、彼に投げるんだという気持ちでした。

全38球のラスト7球はガチンコ勝負だった。「真剣に投げてくれ」。清原の願いに桑田氏がうなずいた。初球ボールの後、ファウル、空振りでカウント2−1。そこから清原は右翼線へ1本、ネット裏へ2本のファウルで粘った。そして7球目、桑田氏は94年日本シリーズ第5戦でバックスクリーンにたたき込まれた「真ん中高めの真っすぐ」で勝負を挑んで、清原は豪快な空振り三振に倒れた。次の瞬間、2人には笑顔で歩み寄って「ありがとう」と抱き合った。
 
清原 最後は真剣に振ったし、今持ってる力を出し切った。決着もついたし桑田に背中を押してもらって怖いものはない。
 
実は直前、桑田氏の左足首を鋭いライナーが直撃していた。だが桑田氏はコールドスプレーをかけて再びマウンドに立った。大きく腫れた左足。清原は泣きそうになっていた。
 
清原 あの時点ですぐ病院に行った方がいいというくらいの打球。でも当たっても痛い顔1つせずに…。桑田の魂をもらった。桑田の魂を胸に1球1球これから頑張っていきたい。
 
桑田氏 最後に痛いお土産ももらったけど、これも記念になる。2年間つらかったことのすべてをバットに込めて、彼らしいホームランを1本見たいですね。

15歳の春に出会って26年目。KKの「魂」が1つになって、清原が復帰舞台に挑む。

※予約投稿です。

小倉記念の展望

昨年の菊花賞はかなりキツイペースだっようで、上位馬は押しなべてその疲れが癒えるまでに時間を要した。ドリームジャーニーもその1頭。マイラーズCこそ見所がありませんでしたが、安田記念は直線で一瞬見せ場。良化気配は窺えた。今回も例によって短期放牧空けだが、23日が実に軽快で前走以上と思えるデキ。これなら一昨年の2歳チャンプの力を見なせそう。相手関係はグンと楽になるし、距離延長も悪くない。首位争いだろう。

ダイシングロウの前走は準オープン戦ですが、昇級戦で57舛鯒愽蕕い覆ら、持ったまま4角で先頭に立つと、そのまま楽に2着馬を3馬身半突き放し快勝。オープンで勝ち負け出来るだけの力があるし、何より勢いは魅力。昇級戦で重賞のここならハンデの恩恵も受けられる。ただ、折り合いに課題がある馬で逃げ馬2頭が飛ばしてくれた前走は流れがかなり楽だった。距離が1F延長されるここは前走以上に展開がカギを握りそう。

サンレイジャスパーの前走は11ヵ月ぶりとしてはあまりに物足りない調整過程で、レースぶりもいかにも久々。参考外の一戦。もともと叩き良化型だし、暑い時期に調子を上げるタイプ。それに、何といっても昨年の覇者で小倉は大得意。1週前の坂路では半マイル51.5秒と、すっかり本調子に戻ってきただけに前走とは状況が違う。当然、見直しは必要。

ミヤビランベリは前走の七夕賞で重賞初制覇。軽ハンデで単騎で行けたこともあるが、それにしても驚くほどアッサリ逃げ切った。ただ、振り返ると右回りの2000辰妊魯覆鮴擇譴燭箸は実に強く、負けたものも1年3ヵ月ぶりの骨折明けだった一度のみ。条件がピッタリ嵌まっていたよう。今回もそのベスト条件の右回り2000叩A袷よりもハンデは背負いそうだが、単騎で行ければ怖い。

レインダンスは昨秋、ダイワスカーレットやウオッカと互角に戦ってきた実力馬。ただ、不得手の道悪だった前走は度外視出来ても復帰後はあまりに案外。ちょっと手を出しづらい面はある。ただ、1週前が復調気配の窺える動きを見せ変わり身を期待出来そうな雰囲気にある。最終追い切り次第ですが、得意の平坦コースだけに一変も。

カネトシリベルテは初日の九州スポーツ杯で後続を2馬身半突き放す完勝。芝での3勝はすべて直線が平坦のコースで身上とする一瞬の切れを生かすには小倉はベストだろう。まだ1600万の身分だけにハンデは恵まれるだけに出走ならば警戒は必要。

現時点での◎はパスで。

※予約投稿です。

K.ライコネン、来季もフェラーリで走ると明言

フェラーリのキミ・ライコネンが、来シーズンもフェラーリで走ると明言している。現地時間(以下、現地時間)9日、イタリアの新聞『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が伝えた。

 2009年までフェラーリと契約を結んでいるが、一部では今季もしくは来季限りで引退するのではないかとの報道もあったK.ライコネン。しかし、「僕はこれまで契約を破ったことがないし、今だって破るつもりはない」と、来季もフェラーリに留まると言い切っている。

 同紙の翌日付けの紙面には、ドイツ・ホッケンハイムで行なわれているF1合同テストに、初日から2日間に渡って参加したK.ライコネンのコメントが掲載された。シャーク・フィン型エンジンカバーを取り入れ、2日連続でトップタイムを記録しているマクラーレン・メルセデスに対しては、「それぞれ自分のすべきことをしている。僕はほかのことは気にしないし、ほかのタイムも見ないよ」と気にしていない様子だった。

 そして4位という結果に終わった前戦イギリスGPを振り返りながら、「ミスがあったから満足はしてないよ。でも僕たちの速さが失われたわけじゃない。僕たちは強いし、また勝つよ」と意欲を見せた。

 シーズンの前半を終え、マクラーレンのL.ハミルトン、チームメイトのフェリペ・マッサ、そしてK.ライコネンの3名が同ポイントで並んでいる状況について、「2007年に比べるといい位置にいるね。ただ、ポイントを失いすぎたレースもあった」と語り、タイトルの行方が決まるのは「最終戦」と予測している。

 また、イギリスGPにおいて、スターティンググリッド上でカメラマンを突き飛ばした件を尋ねられると、「彼は僕のバッグに足を乗せるべきじゃなかった。大した出来事じゃないのに騒ぎすぎだよ」と応じた。

中京競馬場2010年全面改装…12年春完成へ

 JRAは28日、中京競馬場の施設整備案を発表。メーンスタンド(1970年竣工)の改築に合わせて、馬場が全面改造される。2010年4月に着工され、お披露目は12年春の予定だ。

 平坦小回りでローカルのイメージが強い中京競馬場がガラリと変わる。現在は駐車場として利用されている土地を馬場に改修。3、4コーナーを現在の位置より約120メートル外側へ拡張することで、芝コースは根幹距離である1600メートルを新設。さらに1400メートル、2200メートルの設定が可能になった。

 ダートコースの直線は、現在の西日本エリア最長352メートルの阪神を上回る410メートルが想定されている。新たに1200メートル、1400メートル、1800メートルの設定もできる。

 4コーナー付近の地形に起伏があるため、芝、ダートとも直線に坂が設けられる可能性が高い。各距離のフルゲートが何頭になるかは未定。障害は、現在のたすきコースの廃止が決定した。

 総工事費は29日に官報に公示される競争入札を経て決定。着工後から完成まで中京競馬は開催されず、馬券発売と払い戻し業務だけが行われる。このため、11年の高松宮記念・G1は他場で実施される。

 中京競馬場の野中亮一場長は「改修は長年の懸念で、施設所有者である名古屋競馬株式会社と数年の協議の末、合意できた。3大都市圏のひとつ、中京圏にある競馬場にふさわしいG1開催に対応できるコースにしたい」と、“脱ローカル”への意気込みを口にした。

 ◆芝1600メートルを新設 ○…芝の注目点は1600メートルの新設だ。スタート地点は2コーナーから1コーナー寄りに設けられたポケット。まるで旧阪神の芝マイル戦をそのまま左回りに替えたようなコース形態だ。旧阪神のマイル戦は最初のコーナーでごちゃつくことが多く、外枠不利が定説だった。JRA施設部の岡久雄・馬場土木課長は「旧阪神より最初のコーナーまでの距離が長く、緩やかなコーナーを想定している」と説明。今後は騎手など関係者の意見も聞きながら細部を決める。

中京競馬場が改修となると、いよいよ、この次の改修は札幌になるのか?

ダービー馬タヤスツヨシが死亡

95年日本ダービー(GI)を勝ったタヤスツヨシ(牡16)が29日午前、繋養先である北海道日高町のブリーダーズスタリオンステーションで、放牧中の事故により右大腿骨を複雑骨折し、安楽死処分がとられたことがわかった。

 同馬は、父サンデーサイレンス、母マガロ(その父Caro)という血統。サンデーサイレンスの初年度産駒の1頭として、94年8月に札幌競馬場でデビュー。ラジオたんぱ杯3歳S(GIII)で初重賞勝ちを飾り、皐月賞(GI)ではジェニュインの2着だったが、日本ダービーを制してサンデーサイレンス産駒初のダービーウイナーとなった。通算成績13戦4勝(重賞2勝)。

 96年から種牡馬となり、01年ユニコーンS(GIII)を勝ったナスダックパワーや、06年東京ダービー(南関東G1)を制したビービートルネード、06年ダービーグランプリ(交流GI)を勝ったマンオブパーサーなどの活躍馬を輩出。また、シャトル種牡馬としてオーストラリアでも供用されており、産駒のホロービュレット Hollow Bulletが04年ヴィクトリアオークス(豪G1)を制すなどの活躍を見せている。

復活&4連覇はならず・・。

JRA夏競馬「サマー2000シリーズ」第2戦、第44回GIII函館記念(2000メートル芝)が27日、函館競馬場で開催され、最内から抜け出した藤岡祐介騎乗の4番人気トーセンキャプテン(牡4=角居厩舎)が優勝。外から追い込んできた1番人気フィールドベアーをハナ差振り切り、大接戦を制して重賞2勝目を手中にした。

 トーセンキャプテンは無敗で制した昨年2月のG轡◆璽螢鵐肇鵤淡紂骨折休養もあり復帰後は4連敗を喫していたが、これが1年5カ月ぶりのうれしい復活勝利となった。

 2着はフィールドベアー、さらに4分の3馬身差の3着には2番人気マンハッタンスカイが入線。前人未到の函館記念4連覇を目指した6番人気エリモハリアーは、直線脚を伸ばしたものの、届かず4着に敗れた。

 また、この結果により、トーセンキャプテンが10ポイント、フィールドベアーが5ポイント、マンハッタンスカイが4ポイントと、「サマー2000シリーズ」の得点をそれぞれ獲得。なお、ポイントは上位10着馬までに与えられる2戦を終了した時点で、2000シリーズの得点トップは七夕賞を制したミヤビランベリ10点、トーセンキャプテン10点が並んでトップ。七夕賞2着、函館記念8着で合計6点のミストラルクルーズが第3位となった。


函館記念はトーセンキャプテンが、1年5カ月ぶりの復活Vで重賞2勝目となりました。デビューから無敗3連勝で沓妊◆璽螢鵐肇鵤辰鮴した素質馬でクラシック有力候補と呼ばれたジャングルポケット産駒。皐月賞を目指していた3月下旬に右第3足根骨を骨折し、1年1か月の長期休養を強いられ、骨折から復帰後はもどかしい競馬が続いていましたが、待望の勝鞍を上げました。しかも、重賞とようやく復活しましたね。勝因としましては直線でメイショウレガーロと内ラチの間にできた1頭分すれすれのスペースを、藤岡佑騎手=トーセンキャプテンが迷いなくこじあけた事でしょうね。逃げたメイショウレガーロを前にみて、まずマンハッタンスカイの四位騎手がレガーロの外に進路をとったのに対し、スカイの後ろにいた藤岡佑騎手は、逆にレガーロの内の空間を一瞬の判断で狙いましたからね。その見事な判断が急追してきたフィールドベアーを鼻差抑えた要因だと思います。藤岡佑騎手は今年の函館の騎乗を見ても本当に上手くなりました。次走は札幌記念(8月24日)を予定。「洋芝は合っているので、体調を維持できていれば。骨折している馬だから(Wコースのない)札幌で調教できるか確かめながらですね。秋には大きなところを狙いたい」とトレーナー。世代屈指の実力馬が実りの秋へと繋げられるか今後も注目ですね。

1番人気に推されたフィールドベアーは好位からスムーズに外を回る王道の競馬。完全に勝ちパターンと思われたが、内をすくった勝ち馬との叩き合いにハナ差屈してしまいました。「タッチの差やね…」とは秋山騎手は。「スムーズだったし、イメージどおりの競馬やったけどね…」と振り返るように、得意の舞台で力は出し切る競馬だでした。ほぼ完璧に騎乗し、馬もそれに応え、普通であれば勝てたレースでしたが、まあ運が悪かったというしかないでしょうね。

函館記念4連覇という前人未到の大偉業を狙っていたエリモハリアーは4着。最後は直線外からよく伸びていたんですが、惜しくも届きませんでした。前哨戦を使えなかったりと、調整は決して順調ではなかったと思いますが、それでも直線のあの脚には素晴らしいものがありました。

予想はねw▲が2着、〇が3着、☆が4着とそれなりに狙いは良かったと思いますが、◎のメイショウレガーロが直線で捕まってしまい9着でダメでしたね。まあ、鞍上も積極的に競馬をしてくれましたから結果は仕方ないですね。

7月が終わったわけですが、ラジオNIKKEI賞で十万馬券をゲットして幸先良い感じだったのですが・・結局は微妙にマイナス月間となってしまいましたorz
来月はホーム札幌も始まりますし、爆発となるように頑張りたいと思います。

※予約投稿です。

琢磨、F1復帰に向けて「複数のチームと交渉中」

佐藤琢磨は、現在“いくつかのチーム”と話をしていると述べ、F1復帰の可能性を少しもあきらめてはいないことを示した。

 スーパーアグリの活動停止によってF1のシートを失った琢磨だが、それ以降、F1以外のカテゴリーからのオファーがあっても断ってきたという。モーターレーシングのトップカテゴリーであるF1復帰の可能性を追い続けるためだ。31歳になる琢磨は、ジョーダン、BARホンダ、スーパーアグリで90戦に出走し、そのうち14戦でポイントを獲得。これまでのキャリアのハイライトは、インディアナポリスで開かれた2004年アメリカGPでミハエル・シューマッハーとルーベンス・バリチェロのフェラーリに次ぐ3位に入ったこと、そして同じ年のニュルブルクリンクでフロントローからスタートしたことだ。琢磨はF1復帰への道を模索していると語った。「具体的な話はまだ何もない。いくつかのチームと話をしているところだ」と、スイスのモータースポーツ・アクチュエル誌は彼の発言として報じている。ル・マンやアメリカでのレースに関するいくつかのオファーを断った。モータースポーツの世界での自分の将来は、まだグランプリにあると考えているからだ」

き花

20080728203405


バ○上司が週末、旭川に行ったらしくお土産と渡された物。

アンタが旭川に行ってる間こちらは悲惨な思いで仕事していたんだよ!と心のツッコミをしながら久しぶりに食べました(笑)

旭川の名産品

『き花』

この写真からは解りづらいのでサイトの写真と紹介分を一部抜粋します(笑)

kihana.jpg

『き花』は、砕いたアーモンドをガレット風に手焼きして、クーベルチュールホワイトチョコをサンドしたお菓子。カリっと香ばしいアーモンドの風味とチョコレートの柔らかい甘さがマッチして、シンプルで飽きの来ない味になっています。ユニークなネーミングは、厳冬の旭川地方に見られるダイヤモンドダストを、『霧花』と詠んだことに由来との事。

誕生以来かなりの歳月がたち、後発の話題性の高いお菓子に隠れがちではありますが、「北海道お土産はコレに限る」という熱狂的なファンも多く、いつまでも愛される銘菓のひとつとの事です(^0^)

競馬ニュース・キングジョージ6世&クイーンエリザベスSの結果など。

デュークオブマーマレード、G1・4連勝で欧州制圧

 現地時間26日、英・アスコット競馬場で行われたキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(3歳上、英G1・芝12f)は、J.ムルタ騎手騎乗の1番人気デュークオブマーマレード Duke of Marmalade(牡4、愛・A.オブライエン厩舎)が道中は中団を追走。直線で一旦先頭に立ったペイパルブル Papal Bullを内から差し返し、同馬に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分27秒91(良)。さらに9馬身差の3着にユームザイン Youmzainが入った。

 勝ったデュークオブマーマレードは、父デインヒル、母Love Me True(その父Kingmambo)という血統の愛国産馬。昨春は英2000ギニー(英G1)4着、愛2000ギニー(愛G1)4着、セントジェイムズパレスS(英G1)2着と欧州3歳マイル戦線で好走を見せ、秋は愛チャンピオンS(愛G1)でディラントーマス Dylan Thomasの2着に健闘。今年初戦のガネー賞(仏G1)で初のG1制覇を果たし、続くタタソールズゴールドC(愛G1)、プリンスオブウェールズS(英G1)とG1・3連勝でここに臨んでいた。通算成績13戦5勝(重賞4勝)。

鞍上のムルタ騎手、管理するオブライエン調教師ともに、昨年のディラントーマスに続くこのレース2連覇。通算では3勝目となった。


J・ムルタ騎手騎乗のアイルランド馬デュークオブマーマレード(牡4、A・オブライエン)が1番人気に応えG1・4連勝を達成した。中団追走から直線でペイパルブルとの追い比べになり、これを退けて快勝。G1初制覇を果たした今年初戦のガネー賞、タタソールズゴールドC、プリンスオブウェールズS、今回と4戦連続のビッグタイトル獲得となった。勝ち時計は2分27秒91。半馬身差の2着にペイパルブルが入り、昨年の凱旋門賞2着馬ユームザインは最後の直線での不利が響き、ペイパルブルから9馬身差の3着に終わった。ムルタ、オブライエン師は、ともに昨年のディラントーマスに続く連覇。今年のG1・14勝目を挙げた同師は今後について「すべてのレースが選択肢」と明言を避けたが、凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月5日=ロンシャン)かブリーダーズCターフ(米G1、芝2400メートル、10月25日=サンタアニタパーク)などを視野に入れるもよう。凱旋門賞参戦となれば、3歳の強豪を含めてメイショウサムソン、アドマイヤジュピタの強敵となる。


武豊騎手、開催2日間の騎乗停止

 27日、小倉4Rにて8位に入線した武豊騎手騎乗のナリタシリカは、3コーナーで急に外側に斜行し、ハイローラー(幸英明騎手)、キリコンサート(赤木高太郎騎手)の走行を妨害したため、9着に降着となった。なお、武豊騎手は8月2日(土)から8月3日(日)まで開催日2日間の騎乗停止となった。

武豊騎手、年間100勝一番乗り

 26日、新潟8R・マリーゴールド賞(2歳OP、芝1400m)でツルマルジャパン(牡2、栗東・坂口正則厩舎)が優勝。同馬に騎乗した武豊騎手(39、栗東・フリー)は、02年以来7年連続、通算19度目となるJRA年間100勝を、今年一番乗りで達成した。

 武豊騎手は87年にデビュー。これまでにディープインパクトでの05年クラシック3冠など多くの大レースを制覇。今年はヴァーミリアンでフェブラリーS(GI)、ダノンゴーゴーでファルコンS(GIII)を制している。新潟8R終了時点の通算成績はJRA14868戦3125勝、地方650戦139勝。JRA重賞は253勝(うちGI・61勝)。

 ちなみに、昨年の年間100勝達成は9月9日だった。

内田博幸騎手、開催2日間の騎乗停止

 27日、新潟4Rにて6位に入線した内田博幸騎手騎乗のスペシャルブラッドは、3コーナーで急に外側に斜行し、ケープタウンシチー(石橋脩騎手)、アイアムスパークル(柴山雄一騎手)、ロマンシエール(黛弘人騎手)の走行を妨害したため、11着に降着となった。なお、内田博幸騎手は8月2日(土)から8月3日(日)まで開催日2日間の騎乗停止となった。


名手2人が騎乗停止−。武豊騎手は小倉4R新馬戦でナリタシリカに騎乗。8位に入線したが、3コーナーで急に外側に斜行し、ハイローラー、キリコンサートの進路を妨害したため、9着に降着。8月2日、3日の開催日2日間の騎乗停止となった。ユタカの騎乗停止は、昨年9月30日の中山5Rキャッツインブーツの斜行(2位入線→4着に降着、10月6日から13日まで開催日4日間の騎乗停止)以来となる。今年も全国リーディング首位を快走し、26日新潟8RでJRA年間100勝を達成したばかりの出来事。ただし、8月4日以降に予定していた海外遠征(フランス)に影響はない。

 内田博騎手は新潟4R3歳未勝利マル牝でスペシャルブラッドに騎乗。6位に入線したが、3コーナーで急に外側に斜行し、ケープタウンシチー、アイアムスパークル、ロマンシエールの走行を妨害したため、11着に降着。豊さんと同じく8月2、3日の騎乗停止となった。ウチパクの降着は3月の移籍後はもちろん、地方所属時代も含めてJRAでの騎乗停止は初めて。福岡出身のウチパクは今週2日に地元・小倉で初騎乗する予定だったが、お預けとなった。

なお、走行妨害などで騎乗停止処分が科せられる場合は開催日4日間が多いが、騎乗馬の癖(へき)などで制御不能となり他馬の進路を妨害した場合、2日間になることがあり、今回はそのケースがあてはまる。

※予約投稿です。

レース・オブ・チャンピオンズでM.シューマッハのマシンに同乗イベント

現地時間(以下、現地時間)12月14日に開催されるRoC(レース・オブ・チャンピオンズ)で、幸運なファン1名が元F1ドライバーで7度の世界王者に輝いたミハエル・シューマッハのマシンに同乗するという、“一生モノ”の体験ができる見込みとなった。7月4日付けでRoCがプレスリリースを通じて発表した。

 イギリスのウェンブリー・スタジアムで開催されるRoCは、F1、WRC(世界ラリー選手権)、ル・マン24時間レースをはじめ、モータースポーツのさまざまなカテゴリーからトップドライバーが集い、個人対抗戦および国別対抗戦で世界一の座を競うイベント。今回、ファン1名が参加できるのは、スタジアム内の特設コースでバトルを繰り広げる個人対抗戦、レース・オブ・チャンピオンズの一部分となる。そのM.シューマッハのマシンへの“同乗権”を手にしたファンは、M.シューマッハが本番に向けて練習する際に、その後の対抗戦で使用されるマシンの助手席に乗り込むことが許され、世界王者のドライビングをすぐ隣で体感できる。

 この“同乗権”は今月31日まで応募受付となるほか、20%ディスカウントの大人用チケットのプレゼントも抽選で行なわれる。大人用チケットは最低価格が(20%のディスカウント後で)14.40ポンド(約3,100円)に設定されており、子ども用は9ポンド(約2,000円)となっている。応募資格はイギリス在住者で、18歳未満は保護者の同意が必要となるが、「RACE」と打ったメールを84188番まで送信するのみで応募できる(その際は通常の送信料のみが課金され、特別な費用はかからない)。

 なお、M.シューマッハは、前年度大会では、国別対抗戦のネイションズ・カップでドイツチームを優勝に導き、さらにレース・オブ・チャンピオンズでは準優勝を果たした。今年度もM.シューマッハはセバスチャン・ベッテル(トーロ・ロッソ)と再びコンビを組むことが明らかになっており、ドイツチームの連覇、および個人戦の初制覇の期待がかかっている。

働くスタミナ

いや〜今の若い子は…。
ホントにスタミナないねぇ〜。

ちょっと連続で込み合う仕事をするとさ

『疲れたぁ〜』

だってよ(苦笑)

『○○さん(←私)は疲れないんですか?』

そりゃ〜疲れているさ!
お前の数倍の仕事量をこなしているだからさぁ〜。
でも、疲れた!疲れた!といっても解決しねぇだろうよ(-.-;)

これ以上、無駄口叩いたら、口に×のついたマスクをつけされるか!(笑)
昔、ドレミファドンって言う番組で使っていたけど、それこそ若い子は知らないだろうな(苦笑)

何か自分が随分、年寄りになってきた気分(爆)

もう寝よ(^^;)

本日の勝負Race☆函館記念♪

なかなか落ち着いて競馬を満喫出来ない現状だけに、せめて馬券くらいはハッピーになりたいものですw

函館9R 函館記念

◎は重賞初制覇を狙うメイショウレガーロ。3歳時には京成杯2着→弥生賞4着→皐月賞5着とクラシック路線を歩んだ馬。ですが、その後はなかなか勝ち星に恵まれず、前走の洞爺湖特別は実に1年7ヵ月ぶりのVでした。それほどの間、勝てなかったのは気性面の難しさを抱えているせいだろう。ケイコ役の小島良助手は『ゴールに近付けば近付くほど突っ張るような恰好をする(走るのをやめる)』と話していたとの事。それは、前走で騎乗したホワイト騎手も感じたようでレース後に『ブリンカーを着けた方がいい』と進言したとの事。木曜の追い切りで初めて着用したら、それまでの頭を上げながら走るのではなく、沈み込むような姿勢に。小島良助手も『かなり利いている』と効果を絶賛。ホワイトに先約があったため、小林徹に乗り替わり。難しいタイプだけに陣営としては選択に気を使ったようです。抜擢の理由はフィールドベアーによる巴賞勝ちが示すようにテン乗りに強く、追えるからと。キングトップガンの故障→回避でアンカツサイドからオファーもあったようですが、陣営は揺らがなかった。その意気に応えて“仕事人”小林徹騎手がメイショウレガーロの能力を最大限に引き出してくれると期待する。

〇は▲泪鵐魯奪織鵐好イ。前々走の金鯱賞(G2)でエイシンデピュティから0.2秒差の2着に入るなど、重賞クラスでも上位の力を持った実力馬。前走の巴賞(OP)は距離が短く、ペースが合わなかったが、1F延長の今回は見直しが必要。押し切りの可能性は十分ある。

▲にフィールドベアー。3走前の福島民放杯(OP)でオープンクラス初勝利を挙げると、前々走の新潟大賞典(G3)では3着を確保。ひと息入った前走の巴賞(OP)でも同着ながらオープン2勝目を挙げ、ここにきて本格化してきた印象だ。今回の函館コースは(3・4・0・1)と抜群の安定感を見せる得意コースだし、1Fの距離延長も歓迎だけに一気に重賞制覇も。

注に4連覇を狙うエリモハリアー。昨年も巴賞でシンガリ負け(11着)から巻き返したように、今年も前走の金鯱賞で16着大敗から巻き返しても不思議ない。

◎メイショウレガーロ
○▲泪鵐魯奪織鵐好イ
▲フィールドベアー
☆エリモハリアー
△.屮譟璽凜蓮璽
△Д泪筌離薀ぅ献
△┘團汽離僖謄奪
△トウショウシロッコ
△コーナーストーン

3連単・軸2頭流し
◎○→☆△
◎▲→☆△

3連単・F
☆→◎○▲⇔△

馬単
◎→○▲☆△
○→◎▲☆△

予想は以上です。
皆さん本日も頑張りましょうね(^O^)/
※予約投稿です。
休日出勤のため、レス・訪問は明日以降になります。申し訳ありませんm(__)m

7月27日の予想

新潟11R 関越ステークス

◎はΕ泪灰肇好僖襯咼┘蹇昨年の当レースをレコードで圧勝。その後も重賞戦線で2、3、3、4、2着と安定した成績を残している。ダート1800辰任(2・1・2・1)と好相性で、大飛びなストライドから直線の長い新潟コースは向いている。今回は休み明けとなるが、鉄砲は利くタイプなので、昨年のようにマイペースで先行できれば、連覇の可能性が高い。

◎Ε泪灰肇好僖襯咼┘
○マイネルアワグラス
▲ぅ筌泪織吋粥璽襯妊
△.織ノエクリプス
△▲疋鵐ール
△ゥ轡襯クルセイダー
△Д魯好侫Д
△┘ぅぅ妊吋鵐轡
△ワキノエクセル

3連単・軸2頭流し
◎○→△
◎▲→△

馬単
◎→○▲△
○→◎▲△


小倉10R 北九州短距離ステークス

◎はマルカフェニックス。休み明けでだった前走のテレビユー福島賞では、ハンデ58舛鯒愽蕕い覆らも僅差の5着。阪急杯(G3)で5着入線(12着降着)した地力は、降級すればやはり上位だ。1200辰4勝を挙げているベストの距離。定量戦となる今回は、一叩きされた上がり目も期待できるだけに、優勝候補の最右翼。

◎マルカフェニックス
○エアニックス
▲メイショウキトリ
△.螢サンファイター
△Ε泪鵐謄鵐魯奪
△Д團汽離▲襯魯鵐屮
△クールシャローン
△吋灰好皀戰
△殴ルシュワッサー

3連単・F
◎→○▲⇔○▲△
○▲→◎→○▲△

馬単
◎→○▲△
○→◎▲△


函館10R 松前特別

◎はΕ好謄奪廛轡繊次3走前の春日山特別、前々走の湯川特別と500万クラスを連勝し、前走の北海HCでは2着を確保。昇級戦、初距離と楽ではない条件だったが、勝ち馬にハナ差まで迫る好内容だった。今回は相手関係も楽になっているため、差し切りの期待も十分とみたい。

◎Ε好謄奪廛轡繊
○ハギノプリンセス
▲Д泪ぅ優襯瀬ぅ淵
△.咼トリーフラッグ
△▲潺好拭璽掘璽
△ゥ┘廛愁爛▲襯謄
△┘轡鵐椒螢癲璽ン
△コアレスストーム

3連単・F
◎→○▲→○▲△
○▲→◎→○▲△

馬単
◎→○▲△
○→◎▲△

果たしてどうなるかなぁ〜(笑)

函館記念・考察3〜巴賞6着以下の巻き返しには要注意!

巴賞敗退組で逆転に向け虎視眈々なのはマンハッタンスカイ。その巴賞では1番人気ながらγ紂しかし、レース内容は決して悲観するものではありませんでした。『1800辰狼せち短い』(鳴海助手)とあってスタートから積極的に出していったのが裏目に出てしまっただけ。5F59.9秒の息の入らない流れに巻き込まれてしまったから。

四位騎手も『もっと距離が欲しかった』と敗因がはっきりしているだけに陣営もショックの色はなく『次こそは』と力が入っている。巴賞からの1F距離延長はマンハッタンスカイにとって大きなプラス材料。1800辰<0025>に対して、今回の2000辰蓮2211>。重賞着も2回あり、適性の差は明らか。中間も順調そのもの。中1週とあってケイコはウッドで5F70.5-40.2秒と時計は取り立てて目立ちませんが、馬体はすっきり見せて張りも上々。道中は自らハミを取り集中力満点の走りで気配は明らかに前走以上。今の感じなら勝っても不思議ない。

また、函館記念と最も密接な関係にあるのが巴賞。同じ函館のレースで距離も1F短いだけとあって当然か。この傾向は函館記念が8月半ばから7月に変わってもそのまま続いている。特に穴メーカーになるのがγ絨焚爾稜蓮2甬遑横闇間で何と11頭も連対しているのです。平成9年グロリーシャルマン、13年クラフトマンシップはともに14番人気で着したほか、10年パルブライトが前走着→|紂複紅嵜裕ぁ法5憶に新しい昨年のエリモハリアーが着→|紂複携嵜裕ぁ法▲蹈侫謄ーエイムが着→着(9番人気)と、ほとんどが9番人気以下での激走。さすがにマンハッタンスカイはそこまで人気薄にはならないでしょうけど、着同着の2頭トウショウシロッコ、コーナーストーンなど巴賞γ絨焚爾らの巻き返しには十分注意しておきたい。

※予約投稿です。

本日の勝負Race☆日本海S♪

新潟11R 日本海S

◎はドリームパートナー。新潟実績が<3112>。その中には一昨年夏の3戦(2→1→1着)も。つまり新潟得意で、夏の暑さにも動じないということでしょう。昨年は、この日本海Sで6着に敗退しましたが、当時はトップハンデの57舛鯒愽蕕辰拭それでいて勝った55舛離粥璽襯妊鵐瓮ぅ鵑箸虜垢篭呂0.3秒。“夏馬”であることは間違いない。8歳を迎えた今年は3戦して9→13→7着ですが天皇賞挑戦もあり基準外。もともと夏のここを狙っていたフシもあり、おまけに54繊2鴇譴猟控離だけに、この斤量は魅力的。

◎ドリームパートナー
○Дゼノコウテイ
▲ホーマンアラシ
△.好坤離オゴン
△▲瀬鵐好▲献腑
△┘灰好皀團蹈
△グラスブラスト
※ぅ縫紂璽咼ニング
※ウインシンシア

3連単・軸2頭流し
◎○→△※
◎▲→△※

馬単
◎→○▲△※
○→◎▲△※

予想は以上です。
皆さん本日も頑張りましょうね(^O^)/
※予約投稿です。
休日出勤のため、レス・訪問が遅れた際は申し訳ありませんm(__)m

7月26日の予想

函館9R 道新スポーツ杯

◎はエーシンエフダンズ。前走の江差特別(500万下)はスタートを決めて2番手で運ぶと、直線に入るところで先頭に立ち、そのまま後続を3馬身以上も突き放してしまった。元々このクラスで好走を繰り返していた馬で、今回の昇級は形だけ。前走の勝ちっぷりを見る限り、連勝の期待も十分。

◎エーシンエフダンズ
〇サンクスノート
▲Ε薀好肇皀
△▲▲ノパンチ
△ゥ汽ラプログレス
△┘瓮ぅ轡腑Ε丱譟璽
△ブライティアミラ
△バロンハーバー

3連単・軸2頭流し
◎〇→▲△
3連単・F
◎→〇▲⇔△

馬単
◎→〇▲△
〇→◎▲△


函館10R ラベンダー賞

◎はコパノマユチャン。 前走の新馬戦は直線で早めに抜け出すと、そのまま後続に3馬身以上の差を付けて快勝。レースセンスが良く、追われてからもキッチリと伸びるタイプ。走破タイムも優秀なため、引き続き函館の1200Mで、連勝の期待も十分とみてよさそう。

◎コパノマユチャン
〇┘戰襯轡礇襯
▲ゥ▲鵐撻
△.ぅ哀璽ュティヴ
△Д吋ぅ▲ぅ献鵐献
△サダムテンジン
△ナムラミーティア

3連単・F
◎→〇▲
◎→〇▲⇔△

凹みの中で予想したから期待薄かもね(苦笑)
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ