15f95018.jpg

2007年F1シーズンを戦うSUPER AGURI F1 TEAM のメンバーに、これまでHondaのドライバーだったアンソニー・デビッドソンが、佐藤琢磨のチームメイトとして加わることになった。


アンソニー・デビッドソンは2004年よりHonda Racing F1 Teamのサードドライバーを務め、グランプリウィークエンドの金曜日のフリー走行やテストで常に上位のタイムを記録してきたドライバーだ。マシン開発においても重要な役割を果たし、今シーズンのハンガリーにおけるHonda Racing F1の初優勝に貢献した。

2001年、デビッドソンはB・A・R HondaのテストドライバーとしてF1デビューを果たした。同年、イギリスF3選手権でデビュー、佐藤琢磨に次ぐ2位でシーズンを終えている。

B・A・R Hondaのテストドライバーを務めながらも、2002年にはミナルディで2回のグランプリ出場を果たし、2003年にはセブリング12時間レース、ルマン24時間レース、プチ・ルマン(ヴェロックス・プロドライブ・フェラーリGTチーム)にも出場した。

2004年にはB・A・R Hondaのサードドライバーのポジションを手に入れ、2005年のマレーシアGP出場を果たしている。


アンソニー・デビッドソン
「素晴らしいチャンスに恵まれ、初めてドライバーとしてF1をフルシーズン戦えることに感激している。この機会を与えてくれたSUPER AGURI F1 TEAM(SAF1)とHondaの皆さんに感謝したい。SAF1のメンバーと一緒に仕事をするのも楽しみだ。2006年のチームの進歩はとても印象的だったし、初めてファクトリーを訪れた時にも、チームの士気は非常に高く、頑張っていると感じた。今は一刻も早く仕事をスタートさせたい」

鈴木亜久里 チーム代表
「来年は佐藤琢磨とアンソニー・デビッドソンをドライバーとして迎えることになり、とてもうれしく思っている。琢磨はチームの初年度にも際立ったパフォーマンスを見せてくれた。来年もチームの進歩に貢献してくれると思う。アンソニーはHondaで長年テストドライバーを務めてきたドライバーなので、その経験を僕たちのチームで活かしてほしいと思う。彼はチームにいい影響を与えてくれると思うし、SUPER AGURI F1 TEAMの家族的な雰囲気にもすぐに慣れるだろう。2007年シーズンのふたりのドライバーの活躍に期待している」

(SUPER AGURI F1 TEAM プレスリリースより)



※連続更新の都合上、この記事をupしただけなので、おそらく大部分の方は興味ないと思いますので、基本的にスルーしちゃって下さい(^_^;)

昨年も当blogはF気鮗茲蠑紊欧討い泙靴燭、今年もやりますw

かなり前に報道されていましたが、F犠霾鵑髻

昨年、1から立ち上げたスーパーアグリですが、本年度は、エースの琢磨とセカンドドライバーには、使えなかったビッグマウス山本左近に変わりwデビッドソンになりました。

このデビッドソンはF3時代に琢磨とチームメイトで昨年まではホンダでテストドライバーをしていましたので、実力は折り紙付きです。

今年のスーパーアグリ…更なる飛躍を期待したいですねヽ(≧▽≦)/


ついでにホンダのニュースもw
デビッドソンが移籍したので新たなテストドライバーにクリエンになったみたいです。

本家として恥ずかしくない成績を望みたいですよw



Honda・2007年テストドライバーラインアップを発表



Honda Racing F1 Teamは2007年シーズンのテストドライバーにクリスチャン・クリエンを、テスト兼リザーブドライバーとして迎えることを発表した。

これによりチームは、レースドライバーにジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロ、テスト兼リザーブドライバーにクリエン、テストドライバーに昇格したジェームズ・ロシターというドライバーラインアップで2007年シーズンに挑む。

クリエンは2004年オーストラリアGPのF1デビュー以来、3シーズンを通じ、46レースに参戦。F1デビュー前はカート、フォーミュラ・BMW、フォーミュラ・ルノー、フォーミュラ3・ユーロシリーズでキャリアを積み、23歳という若さにして豊富な経験の持ち主である。

また、来シーズンからSUPER AGURI F1 TEAMのレースドライバーに決まったアンソニー・デビッドソンの責務を引き継ぎ、今後テストをリードする立場を任され、今月末から始まるウインターテストでチームに加わる予定である。

さらに、通常のテストに加え、レースも転戦し、要請があればレースドライバーに代わって参戦する。

ジル・ド・フェラン Honda Racing F1 Team スポーティングディレクター
「クリスチャンがテスト兼リザーブドライバーとしてチームに加わることは、とても喜ばしいことである。クリスチャンはF1ドライバーとして3年間のキャリアを通じ、多くの経験を培ってきた。来年はテストレギュレーションが変更され、マシン開発に割かれる時間がさらに限られる状況で、彼はこれまでの経験を遺憾(いかん)なく発揮し、チームに貢献してくれるに違いない」

「クリスチャンはロシターとともに、ニューマシンの開発に向け、ウインターテストから参加する予定だ。それからチームを代表し、チームのために貢献してくれたアンソニーがSUPER AGURI F1 TEAMのレースドライバーとして、来シーズン参戦することに対し、お祝いの言葉を述べたい」

「レースドライバーになるという彼の長年の夢が叶ったことは、本当に素晴らしいことである。彼は十分その責務にふさわしいと思う。6年間、Hondaで培った経験を通じ、彼の努力を始め、彼が築いたこれまでの全成果は、チームが成長し、競争力を高めていく上で、欠かすことができない。今回、アンソニーのような貴重な存在を失うことは、たいへん残念であるが、彼の今後の活躍に期待するとともに、彼がこれからもHondaファミリーの一員であることをうれしく思う」

クリスチャン・クリエン Honda Racing F1 Team テスト兼リザーブドライバー
「Honda Racing F1 Teamの一員になれたことを、とても誇りに思う。F1トップチームの中で、2人の素晴らしいレースドライバーと一緒に働けることは、僕にとって本当に素晴らしいチャンスだ。これまで3年間のF1ドライバーとしての経験を発揮し、Hondaの目標達成のために貢献したい。同時に自分のキャリアを磨くためにも、この経験はとても重要だ。ウインターテストでマシンをドライブするのが待ち遠しいよ」



※日曜日の回顧は、帰宅後に出来たらアップします☆