今週の重賞は…東京でG掘Χζ営命杯、京都でG轡轡襯ロードS、小倉でG珪倉大賞典が行われます。


東スポ杯2歳S
共同通信杯の展望

衝撃の新馬戦圧勝から3連勝。フサイチホウオーが、スターホースへの階段を、確実に登っています。東スポ杯2歳Sでは最優秀2歳牡馬のドリームジャーニーを負かし、ラジオNIKKEI杯2歳Sでは左ステッキに反応して内にヨレてしまいましたが、内容は完勝でした。戦ってきたメンバーのレベルは高く、自在に折り合いがつく馬。東京1800辰魴亳海靴討い覿みもあり、ここもあっさり通過しそうです。

期待度も含めて魅力に溢れるのが、ニュービギニングだ。ご存知の通りディープインパクトの弟。新馬は2番手から並んで強い勝負根性をませましたが、ホープフルSでは最後方から直線だけで差しきり、まるで兄を彷彿させるような末脚を見せました。ハイペースが勝因とはいえ、唯一上がり35秒台で時計も速い。2着のサンツェッペリンがその後に京成杯を勝った事からも価値はある。どこまで偉大な兄に迫れるか、非常に楽しみです。

フライングアップルは朝日杯FSで、0.3秒差に健闘。東スポ杯2歳Sではフサイチホウオーに1/2馬身差まで迫り、ドリームジャーニーにハナ差先着しています。切れ味はあまりありませんが、しぶとさが持ち味で一戦毎に落ち着きが出て、競馬が上手になってきた印象。強いメンバーと互角に戦ってきたことで、更に上昇が見込めそう。

ダイレクトキャッチは折り合いに専念すると確実に脚を使います。京成杯でも、先行馬に有利なスローの流れでしたが、よく追い上げました、今後は時計を短縮する必要がありますが、新馬で上がり33.4秒の脚で差し切ったように、広い府中の方が向いていそう。少頭数でバラける展開になれば末脚が全開に生きそうです。

インパーフェクトは南関東に転厩して3戦目。結果的にはハイペースを追い掛ける形になってしまいました。意外に成長力がないような印象もありますが、脚をタメる形の勝負ならまだ見限れません。

フリオーソは全日本2歳優駿でトロピカルライトを2馬身交わして強い勝ち方を示しました。昨秋以降、馬体が成長し、安定した競馬を重ねています。ブライアンズタイムのダート巧者の部分が出ているような走りですが、血統からは、芝が全くダメとは思いません。左回りはスムーズで、勢いからも要注意です。


現時点では、やはりフサイチホウオーに◎で文句なしでしょう。
後は、血の勢いでニュービギニングが何処まで頑張りを見せるのか注目です。



シルクロードSの展望

500万下から4連勝で一気に重賞まで制したアンバージャック。1000辰任發いぐ銘屬鮗茲譴襯好圈璽匹ありますし、前走で中団よりも前の位置からメンバー最速の上がり3F33.9秒をマークしたようにタメれば終いも切れます。自在性があって展開に注文がつかないタイプ、ここ2走と同じ京都1200辰如∩袷とほぼ同じ顔ぶれだけに5連勝は濃厚です。

58.5舛鯒愽蕕い覆ら前走が圧巻の勝ち方だったアイルラヴァゲイン。準オープンでは力が違い過ぎたようです。昨年はオープンで5戦してきキ着、いG靴任垢ら、形の上では昇級戦でも、むしろ力は上位の存在です。1200辰任皀ツンと行く気性だけに、昨年のこのレースのように流れが落ち着くと微妙ですが、今年の顔ぶれなら心配は無用。そうなれば差しきりはありそうです。

サチノスイーティの前走はダートでしたが、強い相手にしぶとく食い下がりました。確実に力は付けている印象ですし、前々走をみても休養の効果は大きそうです。その前々走は、前半3F33.5秒でした。このダッシュ力はこのメンバーに入っても上位ですし、ハナを切れればかなりしぶといです。直線平坦な京都だけに要注意。

コバノフウジンは、ここ2走、大敗していますが、前々走は左回りで外にモタれてレースにならなかったし、前走はダートで前走3F33.0秒の超ハイペースを追い掛けて失速。敗因は明確。3走前の京阪杯でアンバージャックから半馬身差。力は確かですし、3走前と同じ京都1200辰世韻法∩袷で減っていた体が回復していれば、大崩れは考えづらいです。

タマモホットプレイの前走は相手に恵まれた感もありますが、この馬らしい伸び脚で快勝。昨年の京阪杯でも後方から唯一、鋭い脚を見せて3着。やはり1200辰いいですし、京都はBest。昨年、ここを制した時が56繊今年はもう少し背負わされそうですが、流れが向けば確実に鋭い脚を使います。

他には、強烈な末脚を駆使して2連勝中、詰めの甘さを払拭した感のあるスピニングノアール・やや太かった前走を叩いて上積みが見込めるシルヴァーゼット・昨年の函館SSを制し、今回はその1200辰北瓩ビーナスライン・昨年の阪急杯2着馬で距離短縮はプラスになりそうなコスモシンドラーにも注意は必要。


現時点では…難解ですが、一応連勝中の勢いを買ってアンバージャックに◎を。
後は…やはり連勝中のスピニングノアールにも期待はしたいです。




小倉大賞典の展望

エイシンドーバーは昨年の同レース2着馬。今回も前年同様に京都金杯を叩いての出走。しかし、順調さでは今年は前年以上。GホイップTの快勝はもとより、京都金杯でも馬群を割ってサクラメガワンダーを競り落としての2着確保は立派。ハンデもそう背負わなそうですし、重賞初制覇への期待は高まります。

マルカシェンクは金杯ではテンに速い馬に前に入られてしまい後手後手に回ってしまいました。
それでも大外から上がり34.1秒で突っ込んできました。この内容なら復調したと見て良いです。、ある程度前に行ける馬ですし、平坦小回りコースも心配ない。ただ、ちょっと使い詰めの点が気掛かりです。

マチカネオーラは、約一年ぶりの出走ですが、中間はビッシリ乗り込まれているようです。昨年の今時期はアメジストから中京記念を連勝、大外から豪快にマクっての差し切りが実に見事でした。ハンデも手頃ですし、決め手は上位。2月で勇退する伊藤調教師だけに警戒は必要です。

フォルテベリーニは前年の金杯でレース間隔が開いていたせいか、反応が鈍かった印象。馬体が太かったかも知れませんが、もう少しやれるはず。福島記念のレースぶりからも好位からひと押しが利く馬だけに、平坦小回りコースは脚質に合っているはず。叩いた上積みも見込めますし、軽ハンデが見込めるので一発あっても不思議ではありません。

休み明け後の3戦、必ず上位には来るものの、勝ち切れないブラックタイド。ワンパターンの追い込みで仕掛けのタイミングが難しいのかも知れませんが、常に展開に左右されている印象。
ただ、前走は道悪で自分の競馬をさせてもらえなかった部分もあり、良馬場なら今回も有力候補です。

ワンモアチャッターは安定感のある馬ですが、前走は大きく崩れてしまいました。押し出されるようにハナに立つ展開もよくありませんでしたが、大きな敗因は道悪。全く本来のしぶとさを見せずに大敗してしまった。良馬場で本来の差す競馬なら巻き返し必至。小倉にも実績がありますし軽視は禁物です。

ナスノストロークは詰めの甘さが解消。条件戦を連勝して勢いが、あります。上がり時計の比較からもオープンでも通用しそうな能力はあります。軽ハンデを生かせれば面白いです。

グロリアスウィークは、昨年の今頃は、クラシックの有力候補の一頭でした。特に弥生賞でアドマイヤムーンと1/2馬身差で叩き合った接戦は見応え十分。当時の力の少しでも引き出せれば大駆けの可能性は秘めています。金杯は、復調の兆しを見せたように思いましたが、道悪でノメッて結果は7着。良馬場なら今一度真価を問いたい。

オースミグラスワンは日経新春杯が案外な内容。いつものように後方からジックリ、折り合いもスムーズで直線伸びるのかと思いましたが、ジリジリ。状態がイマイチだった可能性も。ただ、実績は認めますが、どうも人気先行気味は否めないので過信は禁物です。

タガノデンジャラスは函館記念・札幌記念が案外の結果でしたが、昨春の2連勝が素晴らしい決め手であり、能力的にはG靴任盻淑通用する。ただ、叩き良化型なので、久々は良くない。

シルクネクサスはG兇膨戦しましたが、別定戦でありながらも3着を確保するなど、力を付けている印象。ここでもチャンスは十分。

アサカディフィートも末脚の爆発力は衰えていないだけに軽視は出来ません。ただ、ダートの統一重賞・佐賀記念への出走の可能性もあります。



現時点では…難解ですが、エイシンドーバーに◎でしょうか。
昨年よりも状態は良さそうなだけに重賞初制覇の期待は高まります。

※コメントのレスは、今日中にさせて頂きますので、申し訳ないですがお待ち下さいませm(_ _)m

先程、帰宅して限界なのでお休みなさい<(_ _)>