宝塚記念、アドマイヤムーンが国内GI初制覇

 24日、阪神競馬場で行われた宝塚記念(3歳上、GI・芝2200m)は、中団後方を追走した岩田康誠騎手騎乗の3番人気アドマイヤムーン(牡4、栗東・松田博資厩舎)が、直線で先に抜け出した2番人気メイショウサムソンとの競り合いを1/2馬身差制して優勝した。勝ちタイムは2分12秒4(稍重)。さらに2馬身差の3着には4番人気ポップロックが入り、1番人気のウオッカは8着に敗れた。

 勝ったアドマイヤムーンは、父エンドスウィープ、母マイケイティーズ(その父サンデーサイレンス)という血統。05年7月の函館でのデビューから3連勝で札幌2歳S(GIII)を制覇。昨年は共同通信杯(GIII)、弥生賞(GII)を連勝し、春のクラシックでは苦戦が続いたが、古馬との初対戦となった札幌記念(GII)を快勝。天皇賞・秋(GI)でも3着に入ると、続く香港C(香G1)ではプライド Prideにゴール前急襲して接戦の2着に入った。今年は京都記念(GII)とドバイデューティーフリー(首G1)を連勝。前走のクイーンエリザベス2世C(香G1)は3着に敗れたものの、今回の勝利で国内GI初制覇を飾った。通算成績15戦9勝(うち海外3戦1勝、重賞7勝)。

宝塚記念、全着順、払戻金

 24日、阪神競馬場で行われた宝塚記念(3歳上、GI・芝2200m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 アドマイヤムーン 2:12.4
2 メイショウサムソン 1/2
3 ポップロック 2
4 アドマイヤフジ クビ
5 ファストタテヤマ 1/2
6 カワカミプリンセス 1.1/2
7 インティライミ 1/2
8 ウオッカ 4
9 トウカイトリック 2
10 マキハタサイボーグ 5
11 コスモバルク クビ
12 ダイワメジャー 3.1/2
13 スウィフトカレント 1/2
14 シャドウゲイト 1/2
15 アサクサキングス 8
16 マイソールサウンド 1.1/2
17 アドマイヤメイン 4
18 ローエングリン 大差

単勝
6 670円
複勝
6 190円
17 160円
5 190円
枠連
3-8 700円
馬連
6-17 1,460円
馬単
6-17 3,180円
ワイド
6-17 520円
5-6 510円
5-17 460円
3連複
5-6-17 2,720円
3連単
6-17-5 15,570円

宝塚記念、騎手コメント「感謝したい」

1着アドマイヤムーン(岩田康誠騎手)
 すごいメンバーの中で勝つことができてうれしい。こんないい馬に乗せていただいて感謝したい。前半は無理せず馬任せ。直線では、早く抜け出すとやめてしまうので最後まで一生懸命に追った。

2着メイショウサムソン(石橋守騎手)
 道中厳しくマークされていた。前も後ろも射程圏に入れてレースを進め、この馬の力は出せたのだが…。

3着ポップロック(武豊騎手)
 読み通りの展開で馬も頑張っているのだが上位2頭は強かった。

4着アドマイヤフジ(福永祐一騎手)
 勝負どころでは豊さん(ポップロック)より手応えが良くて、3着はあると思ったんだが…。

8着ウオッカ(四位洋文騎手)
 ダービーのように前に馬を置いて進めたかったのだが、なかなかそうならず、馬がエキサイトしてしまった。4コーナーを回る時はもう手応えが悪かった。やはり甘くはない。

12着ダイワメジャー(安藤勝己騎手)
 返し馬から行きっぷりが悪くて。こういう馬場が嫌なのか、ずっとハミに頼って推進力を欠いた。




7頭のG鞠呂揃った春のドリームレース宝塚記念ですが、3番人気のアドマイヤムーンが制しました。スタート後、中団よりやや後方の位置取り。直線で外に持ち出すと先に抜け出していた、メイショウサムソンとの競り合いを制し国内G欺蘋覇となりました。まあ、この馬については個人的にはあまり多くは書きたくないのでwこの辺で。

2着は、勝ち馬との競り合いに敗れてしまったメイショウサムソン。道中は中団の外目を追走。4角手前で外からまくりムーンと馬体を併せる展開になり勝ちパターンかと思われましたが…。残念ながら今回に関しては勝ち馬が上手だったんでしょうね。それでも今春は安定感を取り戻しましたし、秋の凱旋門賞に向け恥ずかしくない競馬をしてくれました。

3着は、個人的に◎と期待したポップロック。後方で流れに乗り、直線で力強い伸び脚を見せましたが…3着がやっと…(-.-;)
上位2頭との差を見ますと力の差を見せられたようにも思いますが、能力は高い馬ですから今後に期待したいですね。
秋はメルボルンCが最大目標との事。

4着はアドマイヤフジ。一瞬だけポップロックを交わすような勢いを見せましたが…。人気を考えれば大健闘でしょう。予想の記事でも触れましたが、阪神コースとはやはり好相性みたいですね。

5着は、ファストタテヤマでした。京都ならまだ解りますが、坂のある阪神でこれだけの脚を使うとは驚きましたよwww

人気どころのカワカミプリンセスは6着。次回に繋がる走りを見せてくれたと思います。有力馬では最も前の5番手に位置し、前がバテてしまい4角で先頭…こりまでより早めの競馬で一瞬見せ場がありました。

ダイワメジャーは、−16舛堪えたのか見せ場なく12着。道中は中団を追走し、いつも通りでしたが…その後はいつものメジャーではなかったですね。

1番人気だったダービー馬ウオッカは8着。スタートから折り合いを欠いてしまい、直線でも前走みたいな脚を全く見せる事なく失速してしまいました。ダービーと違い消耗戦でしたからね…斤量差があったとは言え厳しかったのかも知れませんね。ただ、今回の一戦だけで古馬との能力差を判断するのは早計だと思いますし、角居さんの談話にあるように凱旋門賞に向けていい糧になって欲しいと思います。ただ、この競馬でダメージが心配ですが。


え〜予想ですが、全くの完敗でしたm(__)m
中距離でのムーンの強さはある程度は認識していましたが…個人的にどうしてもこのコンビに対する嫌悪感がありまして…冷静な判断が出来てなかったように思います(-.-;)
ただ、この馬を軽視して勝負した事は全く後悔していませんし、今後も◎はつけないでしょうwww

馬券回顧ですが…今週は全くダメでした(T-T)
とにかく頼みの函館開催が全然ダメで…取れたのは、9Rの馬単と3連単だけとしっかりマイナスの一日となってしまいました。
6月はあと一日残っていますが、このままだとマイナス月間になるのは間違いないですねw
何とか奇跡の大幅プラスになるように頑張りたいと思います。
※一部感情的な表現になっているかも知れませんが、あくまでも一個人の素直な心情ですので、流して読んで下さいませm(__)m