JRAは22日、今週25日(土)、26日(日)の開催について、新潟、小倉、札幌の3場とも予定通り行うことを明らかにした。

 各種検査の結果、「公正で充実した競馬の実施が可能である」と判断されてのものだが、「(馬インフルエンザの)陽性であることが確認された馬については出走させない」としている。20日、21日に行われた疫学調査の結果では、181頭に陽性反応が出たことも併せて発表された。JRAの公式発表は以下の通り。

【競馬開催について】
 JRAでは、お客様に楽しんで頂けるよう常に競馬開催に向けて努力しておりますが、8月17日(金)の時点では、馬インフルエンザ発生の全体状況を把握するに至っていなかったこと、また、そのため、十分に満足できる競走を確保できるかの判断が困難であったことから、18日(土)・19日(日)の開催を中止させていただきました。

 その後、発熱馬や出走予定の競走馬への検査など、疫学的な調査に全力を挙げて取組み、流行状況全体を分析した結果、8月25日(土)・26日(日)の開催から、公正で充実した競馬の実施が可能であると判断いたしました。

 なお、感染馬であっても、発熱などの症状がなければ体調面への影響はありませんが、8月25日(土)・26日(日)の開催については、念のため、発熱などの症状がない場合であっても、陽性であることが確認された馬については出走させないことといたしました。

 今般の出来事により、お客様をはじめとする多くの方々に大変なご迷惑とご心配をお掛けしましたことを、重ねてお詫びするとともに、今後とも引続き中央競馬をご愛顧頂きますよう、お願い申し上げます。



札幌記念は9月2日に開催

 JRAは22日、馬インフルエンザの影響で開催中止となった18日、19日に行われる予定だった新潟ジャンプS(新潟、JGIII)、札幌記念(札幌、GII)を、それぞれ9月1日(土)、9月2日(日)に施行すると発表した。

 9月2日は新潟で新潟2歳S(GIII)、小倉で小倉2歳S(GIII)が予定されていることから、1日3重賞が実施されることになる。
 


注目された今週末の中央競馬についてJRAは22日、馬インフルエンザによって中止となっていた競馬開催について、8月25日、26日からの再開が可能であるとの方向性(完全に決定では無い模様)を示しました。JRAによると、20日、21日の2日間で検査した2012頭のうち、感染した馬が181頭で全体の9.0%であることを公表。馬インフルエンザは18日に発見された96頭をピークに減少傾向を示しており、なおかつ感染後に発熱した馬が2日程度で治癒することも踏まえて「公正で充実した競馬の実施が可能である」と判断した模様です。ただし、8月25日、26日の競馬に出走するには、1:出馬投票の段階で陰性(感染していない)であること、2:出馬投票後の検査でも陰性であること、といった2回の検査をパスすることが条件として挙げられています。



まあ、結論的にやはりとの印象が第一ですね。条件付きでの開催で公正競馬を確保するとの事ですが半信半疑の面は否めず…。400億とも500億とも言われている売上が開催中止でなくなる訳ですから、JRAとしても一刻も早い再開をしたい気持ちは解りますが、正直まだ感染頭数の割合が多過ぎですからね…。ここで急いだばかりに来週以降に影響が出ない事を願うばかりですよ。

まずは今週末の競馬が無事に終わることが先ですが…正直不安いっぱいです。


え〜それから先週末に中止されたレースである札幌記念と新潟ジャンプSは9月1・2日に開催される事になりました。