天皇賞・春、12番人気マイネルキッツがGI初制覇

3日、京都競馬場で行われた第139回天皇賞・春(4歳上、GI・芝3200m)は、松岡正海騎手騎乗の12番人気(単勝46.5倍)マイネルキッツ(牡 6、美浦・国枝栄厩舎)が、中団のインコースから徐々に進出すると、直線で内を突いて抜け出し、4番人気アルナスラインをクビ差抑えて優勝した。勝ちタイムは3分14秒4(良)。さらに1.3/4馬身差の3着には5番人気ドリームジャーニーが入った。1番人気アサクサキングスは9着、2番人気スクリーンヒーローは14着、3番人気モンテクリスエスは12着にそれぞれ敗れている。

 勝ったマイネルキッツは、父チーフベアハート、母はJRA5勝のタカラカンナ(その父サッカーボーイ)。同厩の半妹に昨年の福島牝馬S(GIII)を勝ったマイネカンナ(牝5、父アグネスタキオン)がいる血統。

  05年9月のデビューから2戦目で初勝利を挙げると、その後も芝の中距離戦で勝ち星を重ね、08年2月の早春S(1600万下)を勝ってオープン入りした。昨年は新潟記念(GIII)、福島記念(GIII)でいずれも2着。今年に入っても前走の日経賞(GII)でアルナスラインの2着と、重賞では善戦を続けるも勝ち切れなかったが、今回、初めての重賞制覇をGIの大舞台で飾った。通算成績29戦6勝(重賞1勝)。

天皇賞・春、全着順&払戻金

 3日、京都競馬場で行われた第139回天皇賞・春(4歳上、GI・芝3200m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 マイネルキッツ 3:14.4
2 アルナスライン クビ
3 ドリームジャーニー 1.3/4
4 サンライズマックス ハナ
5 ジャガーメイル 1/2
6 トウカイトリック 1.3/4
7 ヒカルカザブエ 1/2
8 ポップロック クビ
9 アサクサキングス 3/4
10 デルタブルース 5
11 ゼンノグッドウッド 1.1/4
12 モンテクリスエス 1.3/4
13 ネヴァブション クビ
14 スクリーンヒーロー 2.1/2
15 ホクトスルタン 1
16 コスモバルク 3.1/2
17 シルクフェイマス 5
18 テイエムプリキュア 大差

単勝
2 4,650円
複勝
2 870円
4 270円
12 370円
枠連
1-2 3,520円
馬連
2-4 10,200円
馬単
2-4 22,530円
ワイド
2-4 2,690円
2-12 4,370円
4-12 1,360円
3連複
2-4-12 32,390円
3連単
2-4-12 221,080円


「チョリーッス!」。大波乱の結末で8万人を超えるファンのどよめきがおさまらぬ中、松岡騎手が最初に発した言葉だ。単勝12番人気での勝利に驚きはない。その裏にはジョッキーのファインプレーがあった。「日経賞から天皇賞に向かってほしいとオーナーに進言しました。何回か乗って癖や性格をつかんでいたので。それが正しかったことが嬉しい」中山金杯、AJCCを4着で終えたマイネルキッツは当初、中京記念に向かう予定だったが、松岡の進言で長距離路線へ変更。陣営も日経賞2着後にゴールデンウイークの渋滞を考慮して4月16日に栗東入りを決断。英知を結集した結果、初挑戦でGIタイトルを掴み取った。鞍上の手綱さばきも冴えていた。1周目は中団のインで呼吸ピッタリ。いつもは序盤から追い通しのキッツだったが、国枝栄調教師が思わず「道中、スムーズにロスなく進んでいた。折り合いもついていたし、何かやってくれそう」と感じるほど余裕十分に追走した。勝負所の2周目の3コーナーの下りでスクリーンヒーローについて一緒に上がっていくと、ポッカリ開いた最内を迷い無く突いた。ラスト300メートルで先頭。外からアルナスラインが強襲してきたが、中距離路線で歯がゆいレースを続けた頃が嘘のような勝負根性を発揮。左ステッキに呼応してクビだけ差し返した。何度も左拳を突き上げた松岡は、04年イングランディーレ以来の関東馬の春の盾獲得に「やっと関東馬が勝てた」と喜びを爆発させた。松岡は主戦を任されているマイネル軍団の馬では初GI。「これでオーナーにも大きな顔ができますね」と冗談を言いながらニッコリだ。国枝師も「いろんな理由があって栗東入りしたが、ようやく結果が出たね」と10年ほど前から続けている栗東滞在の成果に満足そうだ。今後の目標は春のグランプリ宝塚記念(6月28日、阪神、GI、芝・内2200メートル)。次も早めに栗東入りし、万全を期す構えだ。「いつも善戦マンだったけど、これでいいリズムで行けそう。まだ強い馬はたくさんいるけど、五分の戦いをできるようにしたい」と松岡はさらに上を目指す。関東の期待を背負うマイネルキッツとの挑戦はまだまだ続く。

“大きな賭け”は吉と出たが、無情にも勝負には負けた。アルナスラインは勝ち馬との叩き合いでクビ差及ばす2着に惜敗した。前走の日経賞勝利時に装着したチークピーシズ(集中力を高めるための馬具)を外しても、道中は落ち着き十分に中団をキープ。「ホント、スムーズに流れに乗れて前も開いた。それでこの結果は仕方がない」と、蛯名正義騎手はサバサバとした表情。その一方で松元茂樹調教師は「勝ち馬は馬場のいい内で、内外離れたからね。それに右前を落鉄していた。運がなかったのかな」と悔しさをにじませた。

産経大阪杯快勝から参戦したドリームジャーニーは、前半はロスない競馬で脚を温存して距離を克服。直線はよく伸びて3着に食い込んだ。「悔しい! 前半は馬とけんかをしないよう何とか我慢できた。最初はリラックスできていたんですが、向こう正面に入ったあたりから徐々にハミを噛みだして…」と池添謙一騎手は天を仰いだ。それでもこの中間は放牧先から急きょ戻して中3週の厳しいローテーションだったことを思えば、上々のレース内容だ。「距離的にも今度は得意の宝塚記念(2200メートル)で頑張りたい」と、池添は春のグランプリに闘志を見せた。

GII連勝で挑んだアサクサキングスは2年続けて1番人気に推されたが、昨年3着の雪辱どころか9着と完敗。理想的な流れで先頭に躍り出る勢いに見えたが、直線は伸びを欠いて後退。菊花賞制覇など実績のある京都で初めて掲示板を外した。四位洋文騎手は「スタートからソコソコのペースで流れていたから、前半はこの馬のリズムでいい形だった」と振り返る。2周目4コーナーでは先頭に立ちそうな場面もあり場内もわいたが、直線は内のマイネルキッツ、外のアルナスラインほどの手応えがなく失速。「前走の阪神大賞典(道悪で激走)の競馬も少し影響していたのかな。多くの人が応援してくれたのに、すみません」と四位は肩を落としていた。

昨秋のジャパンCを制した関東馬のスクリーンヒーローは2番人気に支持されたが、絶好位から急失速の14着に大敗した。横山典弘騎手は「ひどい道悪を走った阪神大賞典組(ヒーローは4着)は、ほとんどの馬が(この天皇賞で)ダメだった。好位置をキープしてこの馬なりには頑張っていると思うが、前走に続いて、この馬は2度目の長距離輸送にもなったからね」とタフなレースを使った反動は大きかったようだ。体重は2キロ減だったが、レース前のパドックでは覇気がなかった。立て直した次走に期待。

※予約投稿です。
競馬情報サイトランキング
DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
DMMアダルト オンラインDVDレンタル
DMMライブチャット (アダルト&ノンアダルト)