ローズキングダムが一族悲願のGI初制覇

20日、中山競馬場で行われた第61回朝日杯フューチュリティステークス(2歳牡牝、GI・芝1600m)は、小牧太騎手騎乗の1番人気ローズキングダムが、中団追走から徐々にポジションを押し上げ直線外に持ち出すと、同じく中団から脚を伸ばした2番人気エイシンアポロンを競り落とし、1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分34秒0(良)。さらに2馬身差の3着には5番人気ダイワバーバリアンが入った。2番人気トーセンファントムは14着に大敗している。

【勝ち馬プロフィール】
◆ローズキングダム(牡2)
父:キングカメハメハ
母:ローズバド(フィリーズレビュー-GII、マーメイドS-GIII、オークス-GI・2着などGI・2着3回)
母父:サンデーサイレンス
叔父:ローゼンクロイツ(金鯱賞-GIIなど重賞3勝、菊花賞-GI・3着)
祖母:ロゼカラー(デイリー杯3歳S-GII、秋華賞-GI・3着)
厩舎:栗東・橋口弘次郎
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム
通算成績:3戦3勝(重賞2勝)
主な勝ち鞍:東京スポーツ杯2歳S(GIII)

朝日杯FS、全着順&払戻金

 20日、中山競馬場で行われた第61回朝日杯フューチュリティステークス(2歳牡牝、GI・芝1600m)の全着順、払戻金は以下の通り。

1 ローズキングダム 1:34.0
2 エイシンアポロン 1.1/4
3 ダイワバーバリアン 2
4 ガルボ 1/2
5 ニシノメイゲツ 3/4
6 キングレオポルド クビ
7 キョウエイアシュラ クビ
8 ヒットジャポット アタマ
9 エーシンホワイティ 3/4
10 エスカーダ 1.1/4
11 バトルレッド ハナ
12 ダッシャーゴーゴー ハナ
13 ツルマルジュピター クビ
14 トーセンファントム 1
15 バトルシュリイマン 4
16 フローライゼ 1/2

単勝
8 230円
複勝
8 120円
12 160円
2 290円
枠連
4-6 620円
馬連
8-12 590円
馬単
8-12 980円
ワイド
8-12 260円
2-8 580円
2-12 810円
3連複
2-8-12 1,820円
3連単
8-12-2 6,720円


完璧な騎乗で、無敗の2歳王者が誕生した。断然人気に推されたローズキングダムを小牧太騎手が余裕の手綱で勝利に導いた。1番人気のペールギュントで3着に敗れた04年朝日杯FSの無念を、スカッと晴らした。「自分の馬が一番強いと自信を持っていました」。インタビューでの堂々とした受け答えがすがすがしい。スタートをポンと切ると、道中は中団で脚を温存。後方まで下げ、外を回して届かなかった5年前とは違う。直線に向いてエイシンアポロンが早めに進出すると、目標を1頭に絞ってスッと動いた。「いつでもかわせる手応えで、ちょっと(仕掛けを)待ったくらい」。余裕の手綱さばきで坂下から仕掛け、中山名物のゴール前の急坂でさらに加速。一気にアポロンをかわし、最後は手綱を緩めてゴール。1馬身1/4という着差以上にインパクトのある勝ちっぷり。来年のクラシックを大いに期待させる。「これだけ余裕で勝てるGIはなかなかありません。ゴールに入ったら何をしようか考えていましたが、できませんでした。ペールギュントは悔いの残るレースをしたので、それを取り戻した感じです」04年に公営・園田から中央に移籍。初のGI勝ちとなった昨年の桜花賞(レジネッタ)以来2度目のGI制覇となった小牧は、いま心からレースを楽しんでいる。絶好のチャンスだったペールで勝てず、以来、GIは遠いものとなり、悩むことも多かった。公営時代から管理馬を乗せていた橋口弘次郎調教師は「小牧はレジネッタで変わった。あれ以降、安心して任せられる。今日の競馬も100点満点。自信を持って乗っているのが分かったし、これで安心して来年も任せられる」と厚い信頼を口にした。「どこでも(馬群を)割っていけるし、これだけ瞬発力がある。1戦1戦取りこぼさないよう、ダービーまで行きたい」 小牧は初の牡馬クラシック制覇を意識する。年明けはトライアルを使って、本番の皐月賞(4月18日、中山、GI、芝2000メートル)を予定。09年を3戦無敗で決めたローズキングダムとなら、きっと夢はかなうはずだ。

相手はローズキングダム1頭と決めて真っ向勝負を挑んだ2番人気のエイシンアポロン。道中はローズよりも1馬身ほど前に位置して、4角手前から早めにスパートし、絶好のタイミングで抜け出したと思った瞬間、外からローズに並ぶ間もなくかわされた。「2角ですっと馬の後ろに入ってイメージ通りの競馬。直線でも手応えに余裕があったし、最後もしっかり伸びていた。馬の状態が良く、完璧に乗れたのに勝てないのはホント悔しい…」と池添謙一騎手は天を仰ぐ。確かに2歳王者は譲ったが、来春まで時間はある。「勝った馬は強いが、ウチの馬もまだ成長途上で伸びしろは十分あるし、きょうの競馬内容も悪くない。クラシックに向かうかどうかはオーナーと相談して決めたい」と岡田調教師は雪辱に闘志を燃やしていた。

中山芝1600メートルでは絶好の2番枠を生かして抜群の手応えで好位を進んだダイワバーバリアンが3着に入った。「真面目だから、少しハミをくわえたりするので、少しフワッと走ることを覚えてくれればいいかな。現状ではよく走っていると思うし、まだこれから良くなってくるよ」と蛯名正義騎手はGI好走に満足な表情を見せていた。

東スポ杯2歳S頭差2着で3番人気に支持されたトーセンファントムは直線半ばで右前肢に故障を発症した。異変に気付いた内田博幸騎手はすぐに止めようとしたが、残り1ハロン付近で勢いが付いていたためにそのまま14着で入線した。「道中からやたら苦しがっていたし、コーナーでモタれていた。直線半ばで止めたかったが、止まらなかった」と突然のアクシデントに内田博はうつむいた。トーセンは競馬場内の診療所に直行し、右前浅屈腱不全断裂と診断され、現在は経過観察中。過去の例からは引退が濃厚のようだ。

「無料情報使いまくり作戦!」
無料情報をどんどん集めれば、それだけでもすごい情報になります。ちょっと胡散臭いサイトもありますが、登録に抵抗がある人はヤフーなどのフリーメールアドレスがおすすめです。的中への近道は情報です。無料情報をどんどん集めて週末が楽しくなる的中へ近づけましょう。
↓↓↓
無料競馬@予想【勝利の方程式】
3連単で勝つ実力
プロの買い目を無料公開中!!
競馬に関する口コミ情報サイトはこちら
無料で当たり馬券情報を配信しているのはココ!