ビービーガルダンは昨年の覇者。スプリンターズSでは一昨年3着、昨年2着と芝の短距離では現役トップクラスの実力馬。芝に戻るのは勿論プラス材料だし、前に行く脚質だけに開幕週の馬場も好材料。乗り込みは入念で仕上がりもいいし、久々もЛ´ ↓着も勝ち馬から0.4秒差と鉄砲が利く。斤量は昨年より1曾鼎なりますが、57措体は背負い慣れた斤量だけに問題ない。まず勝ち負けは間違いないだろう。

トライアンフマーチは昨年の皐月賞2着馬。菊花賞後はマイルに矛先を向けて´着。短めの距離なら折り合いをつけやすいし、その分、持ち前の切れ味をフルに発揮できる。テンに少し行きたがる面があった前走内容から距離は1400辰任眛駝気対応できるはず。皐月賞が57舛世辰燭世韻法■鵜疏でも56舛覆蕾燭凌看曚發い蕕覆ぁA袷後も順調だけに引き続き上位争いだろう。

エーシンフォワードは、昨秋の復帰以降は安定した走りを見せており、前走ではトライアンフマーチとハナ差。前で運べて、終いも確実にひと脚使うので、まず大崩れはない。その前走がトライアンフマーチよりも1疏の56繊6堽未修里發里亙僂錣蠅覆ても逆転の目は大いにある。1週前の坂路で好時計をマークするなど引き続き状態は良さそうだ。

サンカルロの前走は阪神Cだった。差し馬向きの流れも味方したのもありますが、3歳の身で一線級の古馬相手に0.2秒差2着は評価できる。特に、今回と同じ舞台の阪神1400辰任里發里世韻帽發ど床舛鰺燭┐蕕譴襪掘△海竜離ならスンナリと折り合いがつく。過去、唯一ある久々は11着ですが、当時は0.4秒差。今回は2ヵ月ほど間隔が開きましたが、しっかりと乗り込みはされており力は出せそう。ただ、今回の斤量が58舛覆里不安材料。

トウショウカレッジは昨年の高松宮記念の4着馬。重賞は未勝利ですが、オープン特別3勝、重賞2着を2回と力は十分。550繕瓩ぢ膩診呂任發△襪世韻傍廖垢料袷は仕方ない面も。18日には坂路50.9秒の好時計をマーク。叩いての上積みはかなりありそう。3走前の内容なら1F延長も問題ない。ただ、後方から終いを生かすタイプだけに開幕週の馬場は厳しい。

他では、折り合いさえつけばワンカラットグッドキララも上位争いに食い込めるだけの力はある。

現時点での◎はビービーガルダン。昨年11月のJBCスプリントではさっぱりだったが、ダートが合わなかったのだろう。ここは昨年勝ったレース。馬体は良さそうだけに連覇の可能性は高い。

※予約投稿です。
「無料情報使いまくり作戦!」
無料情報をどんどん集めれば、それだけでもすごい情報になります。ちょっと胡散臭いサイトもありますが、登録に抵抗がある人はヤフーなどのフリーメールアドレスがおすすめです。的中への近道は情報です。無料情報をどんどん集めて週末が楽しくなる的中へ近づけましょう。
↓↓↓
10年間のデータを元に全レースを解析!【ミリオネア競馬】
登録利用全て無料の競馬サイトはココ
競馬に関する口コミ情報サイトはこちら
競馬予想サイトの口コミ情報ならウマコミにおまかせ!
専属TMがメイチ馬情報を無料配信【満開競馬】
【15秒バージョン】


<font size=1>FLASHのプラグインをダウンロードしてください</font>

(18禁)日本最大級の会員数を誇る本物の出会い!ハッピーメール