JRAは27日、第2回阪神競馬第1日の第10レース・GIII毎日杯で落馬負傷した武豊騎手の容態について、左肩骨折疑い、右手関節亀裂骨折、頭部打撲傷、腰部打撲傷、と発表した。同騎手は詳しい検査のため近隣の病院へ搬送されている。

この負傷により、翌日のGI高松宮記念(スズカコーズウェイ)を含む、騎乗予定だった中京競馬のレースすべてがキャンセルされて乗り替わり。
 また、現時点では全治は未定ながら、アプリコットフィズ、ヴィクトワールピサといずれも有力馬での騎乗を予定していたGI桜花賞(4月11日、阪神1600メートル芝)、GI皐月賞(4月17日、中山2000メートル芝)は厳しい状況となった。

また、競走を中止したザタイキは、左中手骨開放骨折により予後不良となっている。


残念としかいいようがないね。
豊さんは大事に至らなくて良かったですが、ザタイキは予後不良。 
期待の大きな素質馬だっただけに残念な思いです。

豊さんには、なんとかダービーには間に合うよう祈ってます。