ブエナビスタvs.レッドディザイア4度目の女傑対決で注目を集めた春の女王決定戦・第5回GIヴィクトリアマイルが16日、東京競馬場1600メートル芝で開催され、横山典弘騎乗の1番人気ブエナビスタ(牝4=松田博厩舎、父スペシャルウィーク)が優勝。後方6番手追走から直線は馬場の外を豪快に伸び、先に抜け出した内田博騎乗の8番人気ヒカルアマランサス(牝4=池江郎厩舎)をゴール前でクビ差とらえ女王の底力を見せつけた。良馬場の勝ちタイムは1分32秒4。ブエナビスタは2008年GI阪神ジュベナイルフィリーズ、09年GI桜花賞、同GIオークスに続き、GIレースは通算4勝目。ライバル・レッドディザイアとの対戦成績も通算3勝1敗とし、女王の座を磐石のものとした。なお、次走は上半期の総決算グランプリGI宝塚記念(6月27日、阪神競馬場2200メートル芝)を予定している。

一方、四位洋文騎乗の2番人気レッドディザイア(牝4=松永幹厩舎)は、直線の追い比べで遅れをとり、ブエナビスタから0秒1差の4着に敗れた。また、2着ヒカルアマランサスから3/4馬身差の3着には北村宏司騎乗の11番人気ニシノブルームーン(牝6=鈴木伸厩舎)が入っている。


「本当にすごい馬ですよね」2000勝ジョッキー・横山典弘も感嘆の底力だった。中東の地・ドバイで世界クラスの強豪と国際GIドバイシーマクラシックで互角の2着激闘後、国内初戦。“凱旋レース”といえば聞こえはいいかもしれないが、ブエナビスタの出来自体は決して万全ではなかった。横山典がレース後に語った。「パドックでおとなしいのはいつもどおりだったんですが、返し馬では歩様が硬かったし、出来はあんまり良くないなと思ったんです。ドバイから帰った直後のレースですし、追い切りもビデオで見ていて、どれくらい良くなっているかなと思っていたんですけど、乗った感覚ではあんまりいい感じではなかったですから」ドバイから空輸で帰国し、輸入検疫、着地検疫を経て、栗東に帰厩したのが4月29日。名伯楽・松田博資調教師も「今までよりは色々と苦労したところがありました」と、調整の難しさを明かしている。それでも勝つところが、女王の女王たるゆえん。

レースは特に出負けすることもなかったが、後方5、6番手のポジション。「あそこのポジションくらいしかなかったというか、馬もあそこから行くんだという感じで(笑)、馬のリズムで行きました」と横山典。3走前のGI有馬記念、2走前のGII京都記念と、横山典手綱のもとでは先行策にチェンジしていたが、もとはといえば馬群の後方は指定席だ。とはいえ、今の東京は超がつく高速馬場で前が止まらない。その上、完調とは言えなかったこの日のブエナビスタ。横山典が決して楽ではなかった直線の攻防を振り返った。「目の前にレッドディザイアがいて、芦毛の2頭(逃げたベストロケーション、2番手追走のブラボーデイジー)とずいぶん離れちゃったな、と。それにブエナビスタ自身の反応もいつもどおりではなかったですね」伸びてはいるのだが、弾けそうで弾けきれない脚。そうこうするうちに残り100メートルを切り、横一線となった馬場の真ん中から伏兵ヒカルアマランサスが一完歩前に出る。豪腕を振るった内田博も内心「勝ったかと思った」――。しかし、金星をそう易々と渡さなかったのは女王のプライド、そして底力。「最後は苦労しましたけど、そこで差し切るんですから、やっぱりこの馬は違いますね。普通の出来で出られれば単勝1倍台で当然の馬ですけど、具合がいいのと悪いのとでは全然違いますから。今日は底力を感じました」万事休すから一転、最後の最後、グイッとひと伸びしてクビ差かわしたところがゴール。昨年5月オークス以来となる約1年ぶりのGI4勝目は、楽勝・快勝とはいかなかったが、むしろ、この不利な状況をまさしく“力”で跳ね返しての勝利は、ブエナビスタの持つ圧倒的な器を再確認させる勝利でもあった。

「次は宝塚に行きますよ」こうキッパリと明言したのは松田博調教師。レッドディザイアとの対戦成績を3勝1敗とし、『牝馬2強』から『1強』を完全にアピールした今、今度は初の古馬混合GI制覇で、日本最強の称号を手に入れるだけ。GII京都記念で春秋GP馬ドリームジャーニーに有馬記念の借りを返し、後の春の天皇賞馬ジャガーメイルも2着に負かしてはいるが、やはり名実ともにナンバーワンをうたうにはビッグタイトルを手にしたい。そして横山典はこんな冗談を交えつつ、再びの牡馬との戦いへと気持ちを新たにした。「距離はオールマイティーの馬です。もう何も望むことはないですね。順調に行ってくれればそれでいいです。……あ! ひとつ望むことがありました。最後まで自分が乗せてもらえるように、ですね(笑)」ダイワスカーレット、ウオッカから続く“牝馬の時代”はまだまだ終わらない。四冠女王ブエナビスタがさらにその治世を磐石のものとすべく、牡馬討ちへと矛を向ける。

簡単に昨日のヴィクトリアマイルを振り返ります。
勝ったのは断然の1番人気だったブエナビスタ。スタートして後方を追走。先週のNHKマイルよりは遅かったものの、それでも1000達毅.5秒のハイペース。とはいえ、今の東京は前残りの馬場。直線で外に持ち出した時でも13番手でしたが、ここからブエナの末脚が炸裂。先に抜け出したヒカルアマランサスを上がり3F33.5秒の脚で追い上げると、クビ差制して1分32秒4でV。昨年のウオッカがマークしたレースレコードと同タイムで、ウオッカ引退後の日本競馬を牽引する存在であることをアピールしました。典さんに鞍上が替わって、近走は先行策でしたが、以前のような位置取りでしたねw今の東京は超がつく高速馬場で前が止まらないですし、さらに状態自体も完調ではなかっただけに、冷や冷やでもありましたがwさすがの力を見せ付けましたね。

次走は宝塚記念の予定。レッドディザイアとの対戦成績を3勝1敗とし、『牝馬2強』から『1強』を完全にアピールした今、今度は初の古馬混合GI制覇で、日本最強の称号を手に入れるだけですね。G教都記念で、春秋GP馬ドリームジャーニーに有馬記念の借りを返し、後の春の天皇賞馬ジャガーメイルも2着に負かしてはいるものの、今度はG気良饌罎覇韻諺りが出来るか注目です。

2着は8番人気ヒカルアマランサス。道中は好位4番手で脚をため、直線で鞍上が仕掛けるとジワジワ脚を伸ばして残り100檀婉瓩任論萋。最後は勝ち馬の決め手にクビ差屈してしまってしまいました。ですが、前走の阪神牝馬S13着から実績のある東京マイルの見事な巻き返しでした。
個人的には重賞で好走している時は、斤量が軽いときだっただけにちょっと狙えませんでしたw

3着も伏兵11番人気のニシノブルームーン。好スタートを決めたが、前にどんどん入られて位置どりは後方。直線でも包まれて厳しいレースを強いられたが、ブエナと同じ上がりを駆使して0.1秒差3着と健闘。前走の重賞勝ちの勢いをそのままに、見事な走りでした。この後は宝塚との話しのようですが、個人的にはメンバー的に安田記念のほうがチャンスはあるかなと思いますw

2番人気のレッドディザイアは4着。中団の外を追走。直線を迎えると、四位騎手の仕掛けに反応して進出。しかし、好調時の伸びが見られず、外からブエナビスタにかわされ、ゴール直前ではニシノブルームーンにも差されて4着に敗れました。ブエナ同様状態もまだまだでしたし、枠や馬場を考慮して上手く乗ったとは思いますが、この結果には正直がっかりしたとしか言えませんね。この後は宝塚のようですが、この際しっかり休養して秋に備えるのもありかなとも思います。

予想ですが、◎−無印−無印でした。2、3着馬がいなければ・・・って言いたいとこですがwヒカル、ニシノを軽視してしまったのは素直に反省ですね。オークスで何とか頑張りたいと思います。

「無料情報使いまくり作戦!」
無料情報をどんどん集めれば、それだけでもすごい情報になります。ちょっと胡散臭いサイトもありますが、登録に抵抗がある人はヤフーなどのフリーメールアドレスがおすすめです。的中への近道は情報です。無料情報をどんどん集めて週末が楽しくなる的中へ近づけましょう。
↓↓↓
競馬に関する口コミ情報サイトはこちら
★≪ダービーセンター≫厳選競馬情報!!"無料"でプレゼント♪★
競馬ファンからビギナーまで!!情報で高額配当金をGet♪


万馬券的中の秘訣公開!無料登録で100万円GET!
ズバリ!一点買い!高額配当続出!【ホーストレードクラブ】
「数字を極めた者が馬券を制する」。データ馬券の真髄がここにある。