札幌9R キーンランドC

◎は▲ンシャサノキセキ。高松宮記念(G1)で2着すると、次走の函館スプリントS(G3)を制し、初重賞制覇。折り合いに難があり、持てる能力を持て余していたが、1200辰傍離短縮することでようやく真価を発揮した。今回は放牧明けとなるが、メンバーは休み明けの前走で一蹴した相手がほとんど。スプリント能力にはまだまだ奥がありそうなことからも、優勝候補の最右翼。

○はビービーガルダン。札幌日刊スポーツ杯(準OP)をレコードで快勝。開幕初日の高速馬場だったとはいえ、速いペースで先行して後続を完封した内容は優秀なものだった。北海道で行われた競馬では(4・2・1・1)とかなりの洋芝巧者。前走の内容からオープン級のスピードは既に証明しており、1200辰任(5・2・1・1)とまず大崩れはない。重賞初挑戦でも面白い存在。

◎▲ンシャサノキセキ
○ビービーガルダン
▲プレミアムボックス
☆トウショウカレッジ
△.ングストレイル
△シンボリグラン
△マヤノツルギ
△ゴスホークケン
△ペールギュント

3連単・F
◎→○▲☆⇔○▲☆△
○▲☆→◎→○▲☆△

馬単
◎→○▲☆△
○→◎▲☆△