福島県にある東京電力の福島第一原子力発電所の周辺では、これまで原発から半径3キロの範囲で、住民に避難の指示が出ていましたが、12日午前6時前に、菅総理大臣の指示を受けて避難指示の範囲が、半径10キロに拡大されました。

政府は、福島第一原発について、原子力災害対策特別措置法に基づいて、「原子力緊急事態」を宣言したことを受けて、11日午後9時半前に、半径3キロメートル以内にいる大熊町と双葉町の住民に対して避難を、また3キロから10キロの範囲では屋内に待避することを指示しました。

経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、避難の指示の範囲は、12日午前6時前に菅総理大臣の指示を受けて、これまでの半径3キロから10キロに拡大されました。また、屋内待避の対象はなくなったということです。原子力安全・保安院は、避難範囲拡大の理由について、1号機の原発の運転員がいる「中央制御室」と呼ばれる部屋で放射線の値が、通常のおよそ1000倍まで上がっていることや、原子炉が入っている格納容器内の圧力を下げる作業が遅れていることなどを挙げています。

原子力安全・保安院は「1号機からは放射性物質が微量ながら漏れ始めているとみられる。住民の健康に直ちに影響はないと予想されることから、住民は落ち着いて避難してほしい」と話しています。


事態が事態だけにこちらの表ブログで取り上げます。
「大地震に備えて二重、三重、四重のバックアップ態勢をとってます」(キリッ

どこがや

非常用のディーゼルが4機ともストップとか

最後は警察とか自衛隊に頼んで電源車を輸送してもらうとか

しかもそれでも冷却に失敗して放射能ダダ漏れで住民避難とか

お粗末すぎる

日本の原発は安全とか煽ってた
アフォな原発推進派は今こそ事故現場で働いてこいや!!!