どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

F-1

ロータスのコバライネン、レース・オブ・チャンピオンズに参戦決定 シューマッハ、ベッテル、プロストらと真剣勝負

ヘイキ・コバライネン(ロータス)が、今年のレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)に参戦すると発表された。

ROCは、モータースポーツの各カテゴリーからトップドライバーが集まり、さまざまなクルマでレースを行い、「世界一のドライバー」を決めるイベント。中国で開催された昨年は、F1シーズンを終えたばかりのジェンソン・バトン(マクラーレン)やセバスチャン・ベッテル(レッドブル)も参戦していた。

コバライネンは2004年に、ワールドシリーズ・バイ・ニッサンのチャンピオンとしてROCに参戦。その年のWRC(世界ラリー選手権)チャンピオンのセバスチャン・ローブや、F1チャンピオンのミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)を破って優勝したことから、大きな注目を集めた。

コバライネンは次のようなコメントを残している。

「レース・オブ・チャンピオンズは、僕の中でも特別な存在なんだ。2004年にマイケル(シューマッハ)やセバスチャンを破ったことで、モータースポーツ界で有名になったからね。F1への道がひらけたのも、ちょうどあのころだった」

「今年はロータスでの1年目だったけど、最高なシーズンになった。僕は、最高に厳しい競争が大好きなんだ。だからこそ、ROCに参戦したいんだよ」

2010年のROCは、11月27日(土)に国別対抗のネイションズ・カップ、28日(日)に個人戦を開催予定。すでに、シューマッハやベッテル、ローブ、アラン・プロストなど、豪華なドライバーの参戦が決まっている。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




フェラーリ、来季のアロンソとマッサは対等 アロンソは絶対的ナンバー1ではない?

フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が2010年のF1チャンピオンになったとしても、チームメートのフェリペ・マッサが来季もアロンソのサポート役になるわけではない。

こう語っているのはフェラーリのチーム代表ステファノ・ドメニカリ。しかし、今シーズンは、数字上まだマッサにもチャンピオンの可能性が残っている段階から、マッサがアロンソのサポート役になっていた。

フェラーリドライバーには、何よりもチームの利益を優先することが求められるとして、ドメニカリは『Folha de S.Paulo(フォーリャ・ジ・サンパウロ)』へ次のように語った。

「われわれのドライバーは、何がチームの利益になるのか考えなければならない。フェリペが2011年に、一から始められると断言できる。だが、最も重要なのはフェラーリだ」

また、今シーズンのマッサが不調だったのは、新しくなったタイヤに対応できなかったためとも言われている。しかし、ドメニカリはこう加えた。

「彼のことを完全に信用しており、彼が素晴らしいチームプレーヤーであり、最高なドライバーであることを証明したいと思っている」

「完ぺきなシーズンを過ごせなかったときには、振り返って対処すべきだ。チームが彼を支えること、彼を可能な限り最高なドライバーにするため、チームが彼をサポートすると、彼も分かっている」

「彼のパフォーマンスが、タイヤだけに関係したことだとは思わない。すべてをまとめて、なぜ彼が最高なシーズンを過ごせなかったのか原因を探る必要がある」


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

定額制の出会い系【レディースルーム】
急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




F1のコスト削減、大幅な前進はできず

F1の新たなコスト削減案が合意に至ったが、コスト削減の取り組みが大きく前進することはなかった。

現在のコスト削減協定(RRA)では、対外サービスに対する支出が年間4,000万ユーロ(約44億7,000万円)に制限されている。当初、2011年には制限額を2,000万ユーロ(約22億3,000万円)にまで引き下げる予定だった。

しかし、『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』によると、2011年の制限額を3,000万ユーロ(約33億5,000万円)にすることで、各チームが合意したようだ。

また、350名までに規制されているチームメンバーの数が、来年は280名になる予定だった。しかし、これは315名に引き上げられる。また、フェラーリによると、今回の合意は2017年までであるようだ。

「各チームがRRAの延長に合意したのはいいニュースだ」

「その中で、ある程度の調整が行われ、原則的な合意が結ばれて、全員が署名した」

「厳しくなった部分も、緩くなった部分もある」とマクラーレンのチーム代表で、各F1チームによって組織されるFOTA(フォーミュラ1チームズ・アソシエーション)の会長でもあるマーティン・ウィットマーシュは語った。

現行の協定では、グランプリに帯同するスタッフの数や、風洞やCFD(流体力学計算)、そしてサーキットでの実走テストに対する規制もある。

「(協定を)延長できない可能性もあった。全チームが賢明なアプローチでまとまり、長期的な合意を結ぶことができたと思う」とウィットマーシュは加えている。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




ローマでのF1開催、計画中止の可能性も

2012年か2013年からF1を開催することで合意したローマだが、実際にレースが開催されることなく計画が頓挫する可能性もあるようだ。

F1の最高権威バーニー・エクレストンとローマが、エウル地区でレースを開催する5年契約を結んだと先月に報じられた。ローマでのF1開催に向け、唯一の障害になるのはエウル地区の住民からの合意を得ることだと言われていた。

しかし、イタリアの国営放送『Rai(ライ)』や『ANSA通信』などイタリア国内での報道によると、先月に署名されたのは、基本合意書のみであったようだ。

ローマ市長ジャンニ・アレマンノは、「統計によると、圧倒的な数ではないにしろ、大多数のローマ住民が支持していることが示されている」と語り、基本合意書が失効する年末までに計画を継続するか決めると語った。

ローマでのF1開催については、長年イタリアGPを開催してきたモンツァが反対している。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




ザウバー代表、来シーズンのドライバー体制に自信

ザウバーのチーム代表ペーター ザウバー氏は、2011年は経験が浅いドライバー2人で臨むものの、不安はないという。現地時間(以下、現地時間)27日、イギリスのモータースポーツ専門誌『Autosport』(電子版)が伝えている。

 2011年は小林可夢偉と新人のセルジオ ペレスというドライバーラインアップで戦うザウバー。小林は来シーズンがフル参戦2年目、S.ペレスは今季のGP2シリーズでドライバーズランキング2位を獲得したものの、F1マシンでの走行は未だないため、F1での経験が少ないコンビとなる。

 P.ザウバー氏はまず、「ルーキーとF1で長年経験を積んできたペドロ( デ ラ ロサ)で、最初の8戦で獲得したのは1ポイントだった。次の8戦では36ポイントを獲得したんだ。信頼できるマシン、エンジン、ギアボックスさえあれば、前半で36ポイント獲得することも可能だっただろう。ルーキーと、好きな言葉ではないが古参のドライバーでも、いい位置につけることができるんだ」と今季を振り返った、

 小林の活躍については、「可夢偉にはいい意味で驚かされているよ。我々の場合ではあるが、ルーキーの方が経験豊富なドライバーよりもはるかにポイントを稼いだ事実は大きな意味がある。来年、彼はさらなる成長を遂げると確信しているよ」と述べ、来年にも期待を寄せている。

 そして、「歴史的にフランク ウィリアムズはルーキーに積極的ではなかったが、今年、(ニコ )ヒュルケンベルグと契約をかわした。彼はいい仕事をしている。ロン デニスにも同じことが言える。数年前まではつねにスターを起用してきたが、(ルイス )ハミルトン試したところ、すばらしい成功を収めた。我々だけではないんだ。2001年における我々のドライバーはキミ( ライコネン)とニック( ハイドフェルド)だったが、ニックはF1で2年目、キミに至っては初年度だったにも関わらず、我々にとっては極めて成功の年となった。コンストラクターズランキングで4位につけたんだ」と過去の実績を述べながら、来季の体制に自信をのぞかせた。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




ウィリアムズ、来季のドライバーは?

現地時間(以下、現地時間)25日、ウィリアムズが来月アブダビで行われる若手テストにパストール マルドナドを起用すると発表したことで、来シーズンのレギュラードライバーになるのではないかとの憶測が強まった。同日、『ロイター』通信が伝えている。

 国営石油会社PDVSAの支援を受ける、2010年GP2王者のP.マルドナド。11月16日から17日にかけて行われる若手ドライバー向けのテストに、F2チャンピオンのディーン ストーンマンとともに参加することが正式に決まった。また、フィンランド人ドライバーのバルテリ ボタスが2011年もテストドライバーの座に留まることが合わせて発表されている。

 現在は大ベテランのルーベンス バリチェロ、ドイツ人のニコ ヒュルケンベルグというドライバーラインアップのウィリアムズだが、来季のドライバーについては未だ決定されていない。チームのエンジニアリング ディレクターを努めるパトリック ヘッド氏は、韓国GPにおいて、決断には商業的な要素が考慮されると話していた。

 なお、ウィリアムズは主要スポンサーのRBS(イギリスの大手銀行ロイヤル バンク オブ スコットランド)をシーズン末に失うことが決まっている。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓



急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




13番目のチーム申請を却下されたエプシロン・エウスカディ、F1参戦をあきらめず

スペインのレーシングチーム、エプシロン・エウスカディのチーム代表ホアン・ビラデルプラットが25日(月)、F1参戦をあきらめていないと語った。

エプシロン・エウスカディを含めた複数のチームが、2011年からのF1参戦を目指し、統括団体FIA(国際自動車連盟)へエントリー申請を行った。しかし、FIAは経済的なリソース不足を理由に、すべての申請を却下した。

だが、新規参戦のみがF1への道ではないとして、ビラデルプラットは『Noticias de Gipuzkoa(ノティシアス・デ・ギプスコア)』へ次のように語った。

「われわれはまだタオルを投げ入れたわけではない」

「F1で最も重要になるのは、長期的な開発をできるような資金だ。われわれにはすでに、インフラと人的資源はある」

「今でも、さまざまな出資者と作業を続けており、すぐに最終的な結論が出せることを願っている。もし前向きな結論を出せれば、いろいろな選択肢がある」

「2012年に13番目のチームとして参戦することも、2011年に向けて既存チームを買収することもできる」

しかしビラデルプラットは、スペインのムルシアを拠点にしているヒスパニア・レーシングを買収する可能性は否定した。

「彼らとは連絡を取り合っていない」

「だが、非常に微妙な経済状況になっているチームがいくつかあるので、手に入るライセンスはあると思っている」

「そういったチームを引き継いで4年間やっていく予算を確保できれば、実際にそうする。確保できなければ、やらない」


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




F1韓国GPの「ラブホテル問題」を現地メディアも批判 「体面を汚した」

韓国GPの際、主催者側が関係者に用意した宿泊施設がラブホテルだったことに対し、現地メディアもこの問題を批判した。

初開催となった韓国GPは、サーキット建設が大幅に遅れたことから、サーキットが未完成のまま開催を迎えていた。コースはギリギリで完成したものの、ほかの施設面では未完成であることが目立った。

サーキット周辺には宿泊施設が足りていないため、関係者の宿泊施設として用意されたのは、近隣都市のラブホテル。これについて『朝鮮日報』の日本語版は、「韓国のラブホテルの便利さを称賛する外信の報道もあった」としつつも、イタリア紙『Corriere della Sera(コリエーレ・デラ・セーラ)』が次のように批判したことを伝えた。

「F1チームが“セックスモーテル”に押し込まれた」

また、『中央日報』の日本語版も『F1コリアGPが残した課題』と題した社説を掲載。その中で、インフラが不足していたことを指摘し、次のように書いた。

「まずは宿泊施設だ。光州(クァンジュ)・木浦(モクポ)宿泊業者は時ならぬ好況を享受したが、観客の不便はそれだけ大きかった。一部のモーテルはいわゆる“時間制”を導入・運営して外国人に衝撃を与え、外国の新聞にも紹介され、体面を汚した」

韓国GPが開催された韓国インターナショナル・サーキット周辺では、モータースポーツと観光の街を建設する計画が進んでいる。その中で、宿泊施設も増えると思われるが、この計画の完成は2021年の予定だ。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




F1第17戦韓国GP、サバイバルレースをF.アロンソ制する! 小林は8位入賞!

F1第17戦韓国GPは、現地時間(以下、現地時間)24日の午後3時より韓国インターナショナルサーキットで決勝レースが行なわれた。セーフティカーが何度も出動、完走は24台中わずか15台というサバイバルレースで、フェラーリのフェルナンド アロンソが優勝。一気にポイントリーダーに躍り出ている。また、ザウバーの小林可夢偉は8位に入り、2戦連続でポイント獲得を果たした。

 スターティンググリッドには変更があった。前戦日本GPでスタート直後にウィリアムズのニコ ヒュルケンベルグと接触したルノーのヴィタリー ペトロフは、事故を引き起こしたとして5グリッド降格のペナルティを受け、20番グリッドへ。

 雨が降り続くサーキットは気温18℃、路面温度19℃のウェットコンディション。雨のため決勝は開始が10分遅れとりなり、さらにセーフティカー先導でスタートが切られる。しかし路面状況は改善せず、3周で赤旗中断。

 4時5分、再びセーフティカー先導でレースが再開。18周になってようやく真のスタートが切られるが、荒れ模様の展開が続く。メルセデスのニコ ロズベルグがマクラーレンのルイス ハミルトンをオーバーテイクして4番手に浮上するも、2番手を走行していたレッドブルのマーク ウェバーがクラッシュ。N.ロズベルグはこれに巻き込まれ、2台そろってリタイアとなる。ポイントリーダーのM.ウェバーは痛恨のノーポイントに終る。

 この処理のためセーフティカーが入り、24周目に再開されるが、31周目にトロ ロッソのセバスチャン ブエミがクラッシュしたため、またしてもセーフティカーが登場。この間、雨が止んだため多くのマシンがインターミディエイトタイヤへ履き替えている。タイヤ交換に手間取ったF.アロンソはL.ハミルトンに先行されるが、35周目にレースが再開すると、すぐに2番手を奪い返す。後方では小林がフォースインディア勢と10番手争いを演じる。

 日没が迫り、徐々にサーキットは暗くなっていく。韓国GP初代ポールシッターとなり、ここまで順調にトップを走行していたレッドブルのセバスチャン ベッテルだが、46周目にエンジンブローが発生。M.ウェバーに続き、S.ベッテルまでリタイアに終ってしまう。

 トップ3はF.アロンソ、L.ハミルトン、フェラーリのフェリペ マッサとなり、サーキットが夕闇に沈む中ついに長い長い55周のレースが終わった。F.アロンソは今季5勝目、通算26勝目を挙げ、2戦を残しドライバーズランキングでトップに浮上。L.ハミルトンも2位でタイトル争いに踏みとどまっている。

 以降の入賞圏内は、4位メルセデスのミハエル シューマッハ、5位ルノーのロバート クビサ、6位フォースインディアのビタントニオ リウッツィ、7位ウィリアムズのルーベンス バリチェロ、そして8位が小林、9位はニック ハイドフェルドでザウバーが2台ともポイントを獲得し、N.ヒュルケンベルグが10位だった。マクラーレンのジェンソン バトンは12位でタイトルが遠のいている。ヒスパニアレーシングの山本左近は15位完走。

 この結果、ドライバーズランキングはF.アロンソがトップで『231』、2位M.ウェバー『220』、3位L.ハミルトン『210』、4位S.ベッテル『206』、5位J.バトン『189』と変わった。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




F1韓国GP公式予選、レッドブルが最前列独占! ベッテルがポールポジション

2010年F1第17戦韓国GPが10月23日(土)、韓国インターナショナル・サーキット(1周/5.621km)で2日目を迎え、14時(日本との時差なし)からQ1、Q2、Q3、3つのセッションでなる公式予選が行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がポールポジションを獲得した。

セッション開始時の天候は曇り、気温22℃、路面温度は28℃。Q1、Q2と大きな波乱もなく進んだが、山本左近(ヒスパニア・レーシング)はQ1で、小林可夢偉(ザウバー)はQ2で脱落となった。そして迎えたQ3は白熱の展開になった。

まずはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がトップタイムを記録。しかし、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)がコンマ1秒以下の差で2番手につけた。そして予選終了直前、ベッテルがタイムを更新し、ポールポジションを獲得。チームメートのマーク・ウェバーも2番手に入り、レッドブルが1列目を独占することとなった。

3位から10位までの結果は次のとおり。

3位フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、4位ルイス・ハミルトン(マクラーレン)、5位ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、6位フェリペ・マッサ(フェラーリ)、7位ジェンソン・バトン(マクラーレン)、8位ロバート・クビサ(ルノー)、9位ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)、10位ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)。

小林可夢偉(ザウバー)は12位、山本左近(ヒスパニア・レーシング)は23位だった。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




F1界のボス、80歳になっても引退の意志なし

今も最高権威としてF1界の頂点に君臨し、忙しく世界中を飛び回っているバーニー・エクレストンが、80回目の誕生日を迎えようとしている。

引退は死に値するとまで言うエクレストンは、常になんらかの仕事をこなしており、F1の公式ウェブサイトと『Bild am Sonntag(ビルト・アム・ゾンタック)』紙のインタビューの際にも、「問題を解決していた」ため、25分遅刻したことを謝罪しているほどだった。

「もし私が仕事をやめたら、私が問題を解決することはなくなる」

「もし私が問題を解決しなくなれば、それは終わりの始まりだ。だから私は働く。働くのが好きだしな」とエクレストンは語っている。

しかし、そのエクレストンも決して不死ではない。F1界はどうやってエクレストンの後継者を探せばいいのか質問されると、エクレストンは次のように答えた。

「見当もつかない」

「別の中古車ディーラーでも探してみればいいじゃないのか?(*)」

(*)エクレストンはもともと中古車ディーラーなどのビジネスを行っていたが、その後モータースポーツ界に足を踏み入れ、F1チームのオーナーなどを経て、F1全体を運営する立場になっていった。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




ニコ・ロズベルグ、「僕は過小評価されている」

ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)は、チームメートを圧倒的に上回っていることが、きちんと認識されていないと考えている。

実際に、今年のメルセデスGPで最も注目を集めたのは、メルセデスGPから現役に復帰したミハエル・シューマッハの苦戦ぶりだった。

シューマッハが予選でロズベルグに勝ったのは16戦中3戦のみであり、獲得ポイント数もロズベルグの方が68ポイントも多い。

ロズベルグもシューマッハ同様、2010年にメルセデスGPへ加入したばかりだが、「僕のパフォーマンスがきちんと認識されていないと思う」と語っている。

今シーズンのシューマッハが苦戦しているのは、今年からフロントタイヤの幅が狭くなり、これがシューマッハのドライビングスタイルに合わないためだと言われていた。しかし、ロズベルグは次のように『Sport Bild(シュポルト・ビルト)』へ述べた。

「それは僕も同じだよ」

「むしろ、ミハエルの方が僕よりもうまく対応したと思う」

また、2006年に引退して以来、3年間のブランクがあったシューマッハだが、ブランクの影響はないとロズベルグは語る。

「ミハエルにはF1で15年の経験があるんだから」

さらにロズベルグは、ここ数年の経験も役には立たないとして、こう続けた。

「僕のアドバンテージにはならない。ずっとグルーブド(溝つき)タイヤだったからね。それに、今のフロントタイヤは、これまでのものとはまったく違う」

メルセデスのモータースポーツ責任者ノルベルト・ハウグは、ロズベルグのパフォーマンスがチーム内で過小評価されていることはないと語っている。

「これまでニコが、クルマの性能をうまく引き出してきたことは間違いない。ニコがそれをできなかったのは、ほんの数回だけだ」

「彼はウィリアムズで多くのことを学んだ。今のF1で若く、経験もあるトップドライバーを選ぶとしたら、間違いなくニコもその1人だ」

「ニコはF1界にとって良い基準になる存在だろう」


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




BMW、DTM参戦を正式発表へ

BMWが、2012年からDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)へ参戦することを15日(金)に発表する。

2009年限りでF1を撤退したBMWだが、2012年からDTMに参戦する作業を開始したと最近に認めていた。DTMでは、2012年から新レギュレーションが導入される予定だ。

『Bild-Zeitung(ビルト・ツァイトゥン)』によると、15日にBMWが正式発表を行うようだ。

しかし、BMWのスポークスマンは「憶測に対してはコメントしない」とだけしか語っていない。

BMWがDTMに費やす予算は2,000万ユーロ(約23億万円)、F1参戦の最終年に費やした金額の10分の1だと『Bild-Zeitung(ビルト・ツァイトゥン)』は報じている。

また、BMWはM3をべースにした車両でDTMへ参戦する。

現在DTMに参戦しているメルセデスやアウディは、BMWの参入を歓迎。メルセデスのモータースポーツ責任者ノルベルト・ハウグが「競争は、ビジネスのためにいいことだ」と語り、アウディ・モータースポーツ代表のウォルフガング・ウルリッヒは「新たな競争に興奮している」と述べた。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




ロシアGP開催決定! ソチで2014年から2020年まで

現地時間(以下、現地時間)14日、ロシアのプーチン首相により、2014年から2020年にかけてソチでF1ロシアGPが開催されることが発表された。同日、『ロイター』通信が報じている。

 プーチン首相は「F1主催側と契約に至った」と発表。また、F1の商業面を支配するFOM(フォーミュラワン マネージメント)のバーニー エクレストン会長が地方知事のアレクサンドル トカチョフ氏と契約に署名した。

 ソチは2014年の冬季オリンピック開催地。ロシア当局はオリンピックで多くの競技が行われるオリンピック公園付近にサーキットを建設するとしている。来シーズンはすでに20戦になることが発表されているF1だが、2014年には新たにロシアGPもカレンダーに加わることとなった。今年は韓国GPが初開催され、2011年はインドGPがデビュー、さらに2012年にはアメリカGPが復活する予定。

 B.エクレストン氏はF1ではおそらく20戦が限界と語っており、今後はヨーロッパ中心部でのレースが減らされる可能性がある。しかし、4月の時点では「どこも外さない。25戦に備えるよ」との冗談も述べていた。

 なお、B.エクレストン氏は長年ロシアでのF1開催を実現するために動いてきた。1980年モスクワオリンピックの際には元ソビエト連邦の最高指導者、レオニード ブレジネフ氏の説得を試みたこともあるが、これまで実現には至らなかった。

 プーチン首相はB.エクレストン氏に対し、「あなたが当時ブレジネフに会い、ロシアでレースを開催するため契約交渉をしていたことを知っている。それから数十年経て、ついに我々は実現するための契約を結んだ」と話したとのこと。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




パナソニックが可夢偉を支援? ザウバーのスポンサーでF1復帰か

パナソニックが、小林可夢偉(ザウバー)のスポンサーとして、F1に戻ってくるのではないかといううわさが広まっている。

大阪に本社を置くパナソニックは、2009年までトヨタF1レーシングのタイトルスポンサーを8年間務め撤退した。

しかし、トヨタとは2012年までチームのタイトルスポンサーになることを同意していた。また、パナソニック社はまだF1に関心があることを示していた。

日本GP決勝後、パナソニック関係者がザウバー関係者と可夢偉に会ったとうわさされている。

ザウバーのCEOであるモニシャ・カルテンボーンは、鈴鹿で「日本市場を味方につけるには、理想的な状況です。経済状況の厳しさ、特に日本が厳しい状態であるであることは理解しています。ただ、今回の(可夢偉の)パフォーマンスが、彼へのサポートの後押しになることを願っています」と語った。

可夢偉は、自分自身が日本のモータースポーツに対して重要な存在であると以前から話している。

「僕はモータースポーツを発展させなければなりません。まだ(日本経済が)厳しい状況なので、スポンサーを探していません」と語っている。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




伊紙、日本GPの小林可夢偉を「真のドライバー」

現地時間(以下、現地時間)11日、イタリアの新聞『ガゼッタ デッロ スポルト』紙が、F1第16戦日本GPの成績表を掲載している。10点満点の採点で、ザウバーの小林可夢偉が「真のドライバー」と称えられ高得点をマークした。

 今回の最高得点は優勝したレッドブルのセバスチャン ベッテルで、「最難関のコースの1つで無敵だった。タイトル争いに復帰するという望みを、チームから大いなるサポートを受けながら最高の形で叶えている。ランキングリーダーが同じマシンを持ったドライバーでさえなければ、タイトルが大きく近づいただろう……」と『9』がつけられている。

 そしてS.ベッテルに次いで評価が高かったドライバーが小林で、「表彰台に上ったわけではない。しかし今でもF1でオーバーテイクが可能だということを証明してみせた。ドライビングは荒々しく、プッシュしすぎではあるものの、真のドライバーとはこういうものだ。7位は彼を選んだザウバーの直感以上に、本人の勇気の賜物」で『8.5』と称賛された。

 同紙はさらに、成績表とは別に「小林の荒々しさはF1のスポットライトの1つ」との見出しで取り上げ、7位でフィニッシュした際には記者席で優勝した S.ベッテルよりも大きな拍手で称えられたこと、また、フェラーリのフェリペ マッサによる「彼はファンタスティックなレースをしたね。一番よかったんじゃないかな。でもこのコースで何回走ったことがあるかわかったもんじゃないよ」とのコメントを紹介しながら、小林が鈴鹿で走った経験があまりないことなどを取り上げている。

 その他の主なドライバーは、3位表彰台を獲得したフェラーリのフェルナンド アロンソは『8』、マクラーレンのルイス ハミルトンとメルセデスのミハエル シューマッハが『7.5』、2位でランキングリーダーを守ったレッドブルのマーク ウェバー、マクラーレンのジェンソン バトンは『7』。

 ドライバーでもっとも低い点数はF.マッサで『5』、そしてマクラーレン、ルノー、メルセデスはチームの評価として『4』となっている。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




鈴鹿サーキット、日本GP開催継続を希望

日本GPの主催者は、鈴鹿サーキットでのレース開催契約を2011年以降も継続したいと願っている。

すでにホンダ、SUPER AGURI、トヨタ、そして佐藤琢磨がF1を離れており、タイヤサプライヤーのブリヂストンも今季限りでF1へのタイヤ供給を終了する。そのため、日本と F1のつながりは、小林可夢偉(ザウバー)、山本左近(ヒスパニア・レーシング)、そして鈴鹿での日本GPが頼りになる。

鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドの山田格氏は、2012年からの契約について質問され、『Reuters(ロイター)』へ次のように答えた。

「交渉の最中ですが、継続したいと思っています」


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




2010年F1日本GP決勝、優勝はベッテル! 小林可夢偉は7位入賞

F1第16戦日本GPは、10日の午後3時より鈴鹿サーキットで決勝レースが行なわれ、午前中の予選でポールポジションを獲得したレッドブルのセバスチャン・ベッテルが終始隙のない走りを見せ、鈴鹿サーキットでは2年連続となるポール・トゥ・ウィンを飾った。チームメイトのマーク・ウェバーも2位に入り、レッドブルは今季3度目のワンツーフィニッシュ。ザウバーの小林可夢偉は積極的なオーバーテイクで7位を獲得し、地元ファンの前で入賞を果たした。

 快晴に恵まれた決勝日の鈴鹿。路面は完全にドライとなり、気温26℃、路面温度36℃のコンディション。大半のマシンがソフト側タイヤでスタートした。

 スタート前のレコノサンスラップでヴァージンのルーカス・ディ・グラッシがクラッシュし、未出走に。さらにスタートではルノーのヴィタリー・ペトロフとウィリアムズのニコ・ヒュルケンベルグ、そして直後の1コーナーではフェラーリのフェリペ・マッサとフォース・インディアのビタントニオ・リウッツィがクラッシュし、4台そろって早々とリタイアとなった。事故処理のためにセーフティカーが導入されるが、その間にスタートで2番手に上がったルノーのロバート・クビサの右後輪が外れ、またもリタイアとなった。

 7周目にレースが再開されると、レッドブルのS.ベッテルとM.ウェバーのワンツー体制の後方に、フェラーリのフェルナンド・アロンソ、マクラーレン・メルセデスのジェンソン・バトン、ルイス・ハミルトンとタイトルを争うドライバーが上位を占める。

 1回目のピットストップを終えて、ハード側タイヤスタートでタイヤ交換を遅らせたJ.バトンが5番手に下がるが、その後ギアボックストラブルを抱えていたチームメイトのL.ハミルトンをかわして順位を取り戻す。

 トップを行くレッドブル勢は盤石の走りで、そのままS.ベッテルがトップ、M.ウェバーが2位でチェッカーを受けた。S.ベッテルは第9戦ヨーロッパ GP以来7戦ぶりの今季3勝目で、通算8勝目。レッドブルは第6戦モナコGP以来のワンツーフィニッシュとなった。3位はフェラーリのF.アロンソ。

 マクラーレン勢は4位J.バトン、5位L.ハミルトンで、4年ぶりに鈴鹿を走ったメルセデスのミハエル・シューマッハが6位に入った。

 ハード側タイヤでスタートしたザウバーの小林は、前半で2台をかわして入賞圏内に食い込むも、ピットストップで一時12番手まで後退。しかし、その後も前方で2台のマシンがストップしたことで順位を上げ、さらに自らもヘアピンで3台のマシンをオーバーテイクし、7位入賞を果たした。

 8位はザウバーのニック・ハイドフェルド、9位はウィリアムズのルーベンス・バリチェロ、10位はトロ・ロッソのセバスチャン・ブエミだった。

 ヒスパニアレーシングの山本左近は今季最高の16位完走。メルセデスのニコ・ロズベルグは17位完走扱いとなった。

 この結果、ドライバーズランキングはM.ウェバーが首位をキープ、F.アロンソが14ポイント差で2位、S.ベッテルが同じく14ポイント差で3位につけている。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




2010年F1日本GP公式予選、ポールはベッテル! 小林可夢偉は14位

悪天候によって順延されたF1日本GPの公式予選が、10日の午前10時から鈴鹿サーキットで行われ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)が2年連続のポールポジションを獲得した。期待の日本勢は、小林可夢偉(ザウバー)が14位、山本左近(HRT)は24位だった。

未明まで断続的に雨が降り続いていた鈴鹿だが、朝方には雨雲も去り、今週末初めてさわやかな秋晴れに恵まれた。気温25度、路面温度26度で午前10時ちょうどにスタートした公式予選。20分間のQ1では、ところどころに黒く濡れた路面が残る中でタイムアタックが行われたが、序盤にジェンソン・バトン(マクラーレン)らがインターミディエイトでコースインするも、アタックは全車がドライタイヤで行った。
 
このQ1ではベッテルが1分32秒035でトップタイム。これにニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)が1分32秒211で続き、可夢偉は1分32秒783の10番手で通過。左近は24位で敗退した。

17台での攻防となった15分間のQ2では、またもベッテルが1分31秒184でトップ。マーク・ウェーバー(レッドブル)が1分31秒241で続き、レッドブル勢がワンツー、マクラーレン勢が3、4位に続いた。一方、残り3分でピットアウト、ラストアタックに賭けた可夢偉は、シケインでわずかにオーバーランしタイム更新はならず、1分32秒427で14位に終わった。

路面温度が33度にまで上昇した最終Q3でもレッドブル勢の優位は変わらず。ベッテルが1分30秒785で、2年連続となる日本GPのポールを獲得した。2位はウェーバー、3位にルイス・ハミルトン(マクラーレン)が続いたが、ハミルトンはギヤボックス交換のため5グリッド降格となることが決まっており、ロバート・クビサ(ルノー)、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)がセカンドローを得ることになった。

ポールポジションを獲得したベッテルは予選のレース後、「予選と決勝を1日でこなさなければならないからタフな1日になりそうだけれど、昨日はぐっすり眠れた。できれば去年と同じレース結果(ポール・トゥ・ウイン)だと良いね」とコメント。タイトル争いに踏みとどまるために、是が非でも日本GPを連勝したいところだろう。


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




メルセデスGP、グッズ販売も不調

2010年シーズンは勢いに乗れなかったメルセデスGPだが、グッズ販売の面でも不調だったようだ。

『Express(エクスプレス)』によると、グッズ販売のトップだったのはレッドブル。これにフェラーリが続いていたという。

報道によると、F1のホスピタリティエリアなどを担当しているオールスポーツ社は、グッズ販売のブースを設置する各チームに対し、2万ユーロ(約228万円)以上を請求しているという。これにスタッフの人件費やグッズの費用が加わることから、トップチームであれば1レースに約5万ユーロ(約570万円)のコストがかかっているようだ。

レッドブルは1レースあたり9万から10万ユーロ(約1,000万円から約1,100万円)を売り上げ、フェラーリは7万から8万(800万円から900万円)を売り上げているとのこと。

また、メルセデスGPは今年復帰したミハエル・シューマッハに高額な報酬を支払っているとみられることから、F1での支出について再検討する可能性がある。

これについてメルセデスのモータースポーツ責任者ノルベルト・ハウグは、次のように語った。

「メディアでの露出には、そういった数字の100倍価値がある」

「だが、数字ついてはコメントを控えさせてもらう」


最近めっきり下火になってきてるSNSだけど…
なんと、【モバコイ】はココ最近になってきてからの登録数の方が
格段に増え続けてる!
何故???
SNSタイプの出会い系で、最も重要な事って考えたら…
この事実は、紛れも無く『本当に出会えるから!!』コレに尽きますよね!?

カテゴリ別に書き込める掲示板で同じ趣味、
年代、地域の方と自由に出会えちゃう!!
携帯と連動したリアルタイムなメールのやり取りで、
ステキな方がきっと見つかる!
↓とりあえずサイト説明をCheck!!↓

急即!!出会いは【モバコイ】完全無料




livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ