どん底からのサクセス日記

このブログは2010年11月22日に更新停止致しました。

競馬雑談

JRA、3月中の中山競馬中止決定

JRAは15日、中山競馬での開催を3月いっぱい中止することを決定した。14日には中止となった12、13日の主要レースを組み込んだ番組を発表して 19〜21日の全場での競馬開催を目指す方針を示したが、計画停電の予定がはっきりとしないことや、福島原発の状況などを考慮して、開催を断念した。これにより3月の中央競馬開催は阪神競馬が19日(土)〜21日(祝)、26日(土)、27日(日)、小倉競馬が19、20日、26、27日となる。なお、中止となった中山分の代替競馬をいつ行うかなどは決まっていない。

まあ、妥当な判断ですね。計画停電もありますが、原発の状況等まだまだ予断は許さない状況ですし、それをクリアしても万が一事故でも起こったらのリスクを考慮するとね。

JRAが中止の代替開催を発表

JRAは14日、19日(土)〜21日(祝・月)の中山、阪神、小倉競馬及び26日(土)、27日(日)の小倉競馬について、競馬番組を変更したことを発表した。ただし、19日以降の競馬開催の可否については、今後の状況を踏まえて改めて判断することとし、決定次第発表される予定となっている。

 変更された競馬番組、及び12日(土)、13日(日)に中止となった競馬開催の取り扱いなど詳細は以下の通り。

◆中止された競馬開催の代替について
・第2回中山競馬第5日(3/12)→3/21に開催
・第1回阪神競馬第5日(3/12)→3/21に開催
・第2回小倉競馬第5日(3/12)→3/26に開催
・第2回小倉競馬第6日(3/13)→3/27に開催

※13日に中止となった第2回中山競馬第6日、第1回阪神競馬第6日の開催の取り扱いについては改めて発表される。

◆競馬番組の変更について
(1)第2回中山競馬
・旧第5日第11競走「アネモネS」を第8日第10競走へ移設。
・旧第6日第10競走「東風S」を第5日第10競走へ移設。
・旧第6日第11競走「中山牝馬S(GIII)」を第5日第11競走へ移設。

(2)第1回阪神競馬
・旧第5日第8競走「阪神スプリングジャンプ(JGII)」を第5日第8競走へ移設し、旧第8日第4競走サラ系障害4歳以上オープン(3110mダ)を取りやめ。
・旧第5日第11競走「ポラリスS」を第5日第10競走へ移設。
・旧第6日第11競走「フィリーズレビュー(GII)」を第5日第11競走へ移設。

(3)第2回小倉競馬
・旧第5日第11競走「中京記念(GIII)」を第8日第11競走に移設。

◆その他の変更内容
(1)特別登録受付日時
3月15日(火)9:00〜13:00

(2)ハンデ発表日
3月15日(火)


一応、今後の開催予定について本日JRAが発表いたしましたが、個人的な感想としては本当にやれるのか?との思いがあります。府中も中山も計画停電の間は施行無理じゃね?と。こういう非常事態でギャンブル云々とかで、不謹慎との意見もありますが、そいう奴には競馬の収益がどこに流れてるか知らないの?国庫に入る予算に組み込んでるから、みんなの税負担がまた重くなるだけだぞ。と言いたい。

そんなことは置いといて関西で開催するとしても関東の馬移動とか簡単じゃないだろうし。今回は状況が悪いほうに変化してるから、開催の正式発表をしても次の日には、中止の発表をするかもしれませんね。

番組を再編、今週末の中央競馬は開催へ

JRAは12日、通常日曜日に行う次週の特別競走登録の延期を発表した。今週末に予定していた重賞競走などを次週開催に移設する方向で検討しているのが延期の理由で、21日(月)の祝日を含めた3日間開催の案も挙がっている模様。また東日本大震災の被害が大きかった福島競馬場は、予定されている4月9日からの開催は難しくなった。

今週末の中央競馬は開催される方向で話が進んでいる。JRAは中止となった12、13日の重賞レースなどを、次週に移設する方向で番組変更の検討を行っているとして、今週末の開催実施へ向けて努力していることを明かした。19、20日の番組には、皐月賞トライアルのスプリングS、若葉Sのほか、阪神大賞典などが組まれているが、中止となったレースには桜花賞トライアルのフィリーズレビュー、アネモネSも含まれている。番組変更は14日に発表され、15日に特別登録を行う予定。中止となった重要レースを移設して番組を再編、19〜21日の3日間で開催する方向で各方面と調整していく模様だ。開催地のひとつである中山競馬場は芝、ダート、障害コース全ての馬場で異常は認められていないが、一部浸水、ガラス扉にヒビが入るなどの被害が確認されており、復旧が急がれる。

またこの日、JRAは福島競馬場(福島県福島市松浪町)の被害状況を伝える写真を公開した。5階指定席に天井が落下したものをはじめ、どれも地震の衝撃の大きさを物語る写真ばかり。「競馬場の周辺もかなり被害を受けており、現在、300人程度の被災された方を福島競馬場で受け入れている状況。全力を尽くしたいが、周辺の被災状況を考えれば、開催は難しいのでは」。お客様事業・広報担当理事の小畠薫理事は、4月9日〜24日までの3週間で予定されている開催の実施が厳しい状況であることを説明した。

中央競馬・今週末の開催中止

JRAは11日、東北・関東大地震の影響により、3月12日(土)、13日(日)に開催を予定していた第2回中山競馬第5・6日、第1回阪神競馬第5・6日、第2回小倉競馬第5・6日の開催を中止すると発表した。

なお、JRA施設全般について、今週の発売、払い戻し業務を中止することも併せて発表した。


競馬ファンとしては開催中止は残念ではありますが、地震の規模・範囲等を考慮すると賢明な判断かと思います。一部で、中山のみを中止して、阪神・小倉は開催するとの情報もありましたが、流石にJRAも空気を読んだみたいですねw

え〜こういう事態ですので日曜までこの記事がトップ記事になります。それまで今週末の考察がアップされますが予約投稿ですので、こういう事態で急遽開催中止となりましたので、ご了承願います。

なおtwitteで時折呟いておりますので、お暇な方はたまに覗いてみてやってください。

美浦トレセン、外壁に亀裂入った厩舎も多数 

震源地に近い茨城県稲敷郡美浦村にある美浦トレーニングセンターでは、震度6弱の強震に見舞われた。

記者席のある美浦トレーニングセンターの広報会館は、地震直後に建物が大きく左右に揺れ、本棚の書籍や花瓶が落下。多くの記者が、建物の外に避難した。また、厩舎地区でも道路に数カ所、ひび割れが発生。水道管が破裂したり、外壁に亀裂が入った厩舎も数多くあった。

昨年の牝馬3冠馬アパパネなどを管理する国枝栄調教師(55)は「馬はケガもなく大丈夫でした。厩舎の損壊もありませんでした。ただ、(中山)競馬場は施設の問題もあり、整備しきれないだろうし…」と、開催中止は仕方がないといった様子だった。

広報会館では電気、電話などが一時、ストップしたが、午後4時過ぎに復旧。しかし、同じ美浦村でも夜になっても停電が続いているところがあり、また、コンビニエンスストアには食料を求める住民が殺到し、食料確保も困難な状況となった。余震はその後も延々と続き、住民は不安な時間を過ごしている。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ